ピーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャガイモ用ピーラー

ピーラー(peeler)とは、主に野菜果物の皮むきを目的とする調理器具である。語源は、皮をむくという意味の英語の動詞「peel」。材料を薄く削ぎ落とすような、調理加工全般に用いることができるものが多い。

一般的形態[編集]

一般的なものの形状は、Y字型もしくはU字型の先端に差し渡すように刃が取り付けられている。この刃を皮をむこうとする材料の表面表面に押し当て、皮を削ぎ落とす。刃の形状がある一定以上の厚みには食い込まないように工夫されているので、包丁などを使う場合に比べ、簡単に一定の薄さでスピーディーに削ぎ落とすことができる。もちろん、皮をむくだけでなく材料を薄く削ぎ落とすような調理加工全般にも、用いることができる。

刃は左右対称に取り付けられている製品が多いが、斜め方向に若干鋭角に取り付けられている製品もある。また、刃はステンレス製のもののほか、セラミック製のものもある。

Y字型もしくはU字型のピーラーは、皮むきだけでなく刃の形状の工夫により、千切りなどを行えるものもある。

バリエーション[編集]

上述のY型・U型のもののほか、食材を回転させながら側面から皮を削ぎ落とすP字型のピーラーもある。

アップルピーラー(->全景

リンゴ用のアップルピーラーなど、回転式のものもある。リンゴの芯の部分に軸を取り付けてハンドルを回転させることで、皮を取り除くことができる。かんぴょうの皮むきに用いられる器具にも回転式のものがある。

パイナップル用のパインピーラーのように上から押さえつけることで、皮を削ぎ落としながらドーナツ状にカットされる器具もある。

業務用のものには、水圧や風圧を利用してネギなどの皮むきを行うものや、専用のドラムピーラージャガイモなどの皮むきを行うものがある。

関連項目[編集]