牛刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
牛刀

牛刀(ぎゅうとう)は世界中で広く使われている西洋包丁。フレンチナイフ(French knife)、シェフナイフ(Chef's knife)、万能包丁などとも呼ばれる。

もともと塊のを小さく切るのに都合よく設計されている。三徳包丁に比べると刃の反りが大きく、硬いものを切るのに便利で、筋などの切りにくいものを切るのにも優れている。

欧州ではこの形状をしたものは4センチメートル程度のものから36センチメートルのものまであるが、一般的なのは15センチメートルから20センチメートル程度のものである。ドイツ型とフランス型があり、ドイツ型は独特な鍔が付き、より細く薄く軽くできており、フランス型はより厚くふくらみがある。これらは使い方によって選び分けられる。

牛刀という名ではあるが、西洋諸国では肉類以外のものをふくめほとんどの材料をこの包丁を使って切り、万能包丁として使用される。野菜を細かくするためにも使われる。

近年では日本の三徳包丁が西洋で牛刀のように使われている。日本でも牛刀は三徳包丁同様に使われており、両者に特別な差は少なくなっている。

日本では基本的にこの包丁を小さくしたものがペティナイフとして知られているが、西洋では大きさによって用途を分けるだけであり、本来そのような分別は存在しない。

関連項目[編集]

関連熟語[編集]