深セン (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
深圳(しんせん、167舰 深圳

Shenzhen (DDG 167).jpg

艦級概観
艦種 ミサイル駆逐艦
艦級 051B型(旅海型)
建造期間 1996年 - 1997年
就役期間 1999年 - 現在
前級 旅滬型駆逐艦
次級 杭州級駆逐艦
性能諸元
排水量 基準:6,100t
満載:6,600t
全長 153m
全幅 16.5m
吃水 6m
機関 CODOG方式
MTU 12V 1163TB83 ディーゼルエンジン(4,420hp) 2基
GT25000 ガスタービンエンジン(24,300hp) 2基
推進器 2軸
速力 30 kt
航続距離 14,000 nmi/14kt
乗員 250人(士官40人)
兵装 79A型56口径100mm連装砲 1基
76A式37mm連装機関砲 4基
HQ-7短SAM 8連装発射機 1基
YJ-83SSM 4連装発射機 4基
324mm短魚雷 3連装発射管 2基
艦載機 Ka-28またはZ-9対潜ヘリコプター 2機
C4I SNTI-240衛星通信装置
HN-900戦術データ・リンク
ZJK-4-3A戦術情報処理装置
レーダー 517H-1型対空用 1基
381C型3次元式 1基
360S型対空・対水上用 1基
RM-1290航海用 2基
344型火器管制用(100mm砲、SSM) 1基
345型火器管制用(SAM) 1基
347G型火器管制用(機関砲) 2基

深圳(しんせん、シェンチェン、: PLAN destroyer Shenzhen、167艦)は、中国人民解放軍海軍ミサイル駆逐艦。中国海軍による形式番号は051B型NATOコードネーム旅海型ルーハイ型 LUHAI CLASS、同型艦はない。建造は、大連造船所。052A型とされる場合もあるが、これは旅滬型駆逐艦(052型)を指すことが多い。

概要[編集]

本艦は、中国国産第3世代の駆逐艦であり、第2世代の旅滬型駆逐艦において導入された各種の新コンセプトをより発展させたものである。中国の軍艦として初めて、ステルス性への配慮を全面的に導入しており、建造費用は20億人民元(1980年当時)。

中国海軍は、江衛型フリゲートで初めてステルス性への配慮を導入したが、これは上部構造物の一部など、極めて限定的な適用に過ぎなかった。本級ではより全面的な適用に踏み切っており、これにより、本艦のレーダー断面積は、3,000トン級のフリゲートと同程度に抑えられている。

機関は、旅滬型駆逐艦の2番艦と同様のCODOG構成とされているが、蒸気タービン推進を採用しているという異説もある。

武器システムは、多くが旅滬型駆逐艦より踏襲された。C4ISRシステムはおおむね旅滬型と同様で、フランスTAVITAC、あるいはそれを国産化したZKJ-4シリーズの戦術情報処理装置リンク 11同等のHN-900戦術データ・リンクを中核として、各種のセンサー・武器システムを集合させている。ただし、対空センサーとしては、より強力な3次元レーダーである381型レーダーが採用された。また、当初、艦対空ミサイル・システムは垂直発射化されるとも言われていたが、実際には、旅滬型と同じく、HQ-7 個艦防空ミサイルの8連装発射機が搭載されている。対水上火力としてYJ-83 SSM(定数16発)を搭載するのは旅滬型と同様であるが、対潜火力はイタリアB515 3連装短魚雷発射管の中国版のみを搭載しており、従来は標準武装となっていたFQF-2500 対潜ロケット発射機を搭載しない初の艦となった。

本艦は、当時の中国海軍としてはもっとも先進的な艦であったが、技術試験艦的な要素が強く、1隻のみの建造に終わった。しかし本艦の運用実績はその後の駆逐艦に生かされており、本艦をベースとした船体にロシアソヴレメンヌイ級駆逐艦の武器システムを組み合わせた広州級駆逐艦(052B型)、広州級の船体に中国が新規開発した長射程艦対空ミサイル・システムを搭載した蘭州級駆逐艦(052C型)、さらに本艦の船体設計そのままにロシア製の長射程艦対空ミサイル・システムを搭載した瀋陽級駆逐艦(051C型)が開発され、配備が進められている。また、これらのより先進的な駆逐艦が配備されるまでの間、本艦は中国海軍の最有力の駆逐艦として活躍した。

CODOG機関や各種装備の試験、また広報活動のため、海外への航海もたびたび行なっており、2007年11月23日には、東京都晴海埠頭に親善訪問のため寄航している。

外部リンク[編集]

本来の表記は「深圳」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。