56口径100mm艦載砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
B-34砲塔の前面。
B-34砲塔の内部。
中国製のPJ33A砲塔。

本項では、ソビエト連邦で開発された56口径100mm艦載砲と、中華人民共和国におけるその改良型について述べる。

ソビエト連邦[編集]

56口径100mm艦載砲の開発は、イワノフ技師の指揮下に、ボルシェビク工場にて1936年より着手された。これは、その前年に行なわれたB-14砲の試験の不首尾によるものであり、新しい砲はB-34砲と呼ばれることになった。

プロトタイプは1937年中頃に完成し、8月には試験が行なわれたが、同年中には変更を加えるために工場に逆戻りした。1941年初頭までに、これらの砲の最初の量産型が42門、海軍に引き渡されたが、これらはいずれも動作に問題を抱えていたといわれている。B-34砲を最初に搭載した艦はキーロフ級巡洋艦であった。

1941年には改良型のB-34Uが開発されたが、第二次世界大戦の影響で、量産開始は1946年までずれこむことになった。B-34Uにおける改良点は、他の100mm砲と同様に半自動式の気圧式閉鎖機を導入した点であった。しかしB-34Uにおいてもなお、装填時の砲尾動作不良や信管の設定不良などの問題は残存しており、これらの是正は、1948年に開発された B-34-USMを待たねばならなかった。 B-34-USMの生産は1949年より開始された。また、1951年にはスフェラ-50射撃指揮システムとの連接による方位盤射撃が可能となった。

しかしながら、航空機の高速化に伴い、ソビエト連邦海軍は追随性の優れた76mm・57mm砲に重点を移し、B-34砲の搭載は行なわれなくなっていった。

搭載艦艇[編集]

中華人民共和国[編集]

1950年代中国人民解放軍海軍フリゲート勢力は、ソビエト連邦のリガ型フリゲートノックダウン生産型である053型フリゲート(済南型)と、その山寨版である065型フリゲート(江南型)を主力としていた。これらはいずれも、B-34砲を主砲としていた。

その後、これらをベースとして、中国独自のフリゲートとして053型シリーズを発展させていくにあたり、主砲の強化が求められることになった。このときには中ソ対立が激化していたことからソビエト連邦の新しい艦砲を導入することはできず、B-34砲をもとに連装の半自動砲として開発されたのが79式である。79式の開発は1970年より開始され、1979年に完了して制式化された。1990年代には、さらに軽量化するとともに発射速度を向上させた79A式に発展した。また2000年代に入って、ステルス性を考慮した新しいPJ33A砲塔が配備されはじめた。ただし、2000年代以降に新規建造された駆逐艦においては、フランスの100mmコンパクト砲の山寨版が搭載されている。

搭載艦艇[編集]

諸元・性能[編集]

諸元

性能

  • 最大射程: 22,241 m
  • 最大射高: 10,000 m
  • 発射速度: 15発/分(B-34)、25発/分/門(79式)

砲弾・装薬

  • 弾薬: 完全弾薬筒

運用史


参考文献[編集]

関連項目[編集]