木の屋石巻水産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社木の屋石巻水産
種類 株式会社
略称 石水
本社所在地 日本の旗 日本
986-0022
宮城県石巻市魚町一丁目11-4
設立 1999年5月6日
業種 食料品
事業内容 水産加工品の製造販売
代表者 木村長努(代表取締役社長)
資本金 1億円
従業員数 50名
外部リンク http://kinoya.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社木の屋石巻水産(きのや いしのまきすいさん)は、宮城県石巻市に本社のある水産加工品メーカー。代表商品は鯨肉加工品で、本社隣接地には鯨大和煮の缶詰を模した大型魚油タンクがある[1]東日本大震災で工場が全壊する被害を受けたが[2]、再建を目指している。

沿革[編集]

  • 1957年11月 - 創業。
  • 1997年 - 「カレイの縁側醤油煮込み」が内閣総理大臣賞を受賞。
  • 1999年5月6日 - 会社設立。

主な製品[編集]

手詰め金華さば水煮、手詰め金華さば味噌煮、鯨大和煮牛肉大和煮、サンマ水煮、カレイの縁側、沖あなごなど
ベーコン竜田揚げなど

脚注[編集]

  1. ^ 世界一(?)の巨大鯨缶詰(木の屋石巻水産)
  2. ^ 2011年4月1日付河北新報、2011年4月7日閲覧

外部リンク[編集]