愛するデューク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛するデューク
スティーヴィー・ワンダーシングル
収録アルバム キー・オブ・ライフ
リリース 1977年3月
ジャンル R&Bソウルファンク
時間 3分54秒
レーベル モータウン
作詞・作曲 スティーヴィー・ワンダー
プロデュース スティーヴィー・ワンダー
チャート最高順位

1位(アメリカ)/ 2位(イギリス

スティーヴィー・ワンダー 年表
回想
1976年
愛するデューク
1977年
アナザー・スター
1977年
キー・オブ・ライフ 収録曲
負傷
(4)
愛するデューク
(5)
回想
(6)
テンプレートを表示

愛するデューク (Sir Duke) は、アメリカシンガーソングライターであるスティーヴィー・ワンダー1976年に発表したアルバム『キー・オブ・ライフ』に収録された楽曲である。1977年にシングルとしてリリースされ、全米シングルチャートでは1位[1]を、全英シングルチャートで2位[2]を記録するなど、当時のスティーヴィーの最大のヒット作だった。

解説[編集]

この曲は、1974年に亡くなった伝説的ジャズマンであるデューク・エリントンへのトリビュート曲である[3]。また、歌詞にはカウント・ベイシーグレン・ミラールイ・アームストロングエラ・フィッツジェラルドといったジャズマン達が登場する。

ギターは後にグラミー賞を受賞するマイケル・センベロホーン・セクション(トランペットアルトサックステナーサックス)とドラムから始まるイントロと、派手な間奏部のユニゾン演奏が特徴的である。このうちアルトサックスを演奏しているハンク・レッドは、80ドルで愛機を質屋から出してアルバムのセッションに臨んだ[4]

脚注[編集]

  1. ^ FM Fan編集部 『ミュージック・データ・ブック 1955年-95年ビルボード年間チャート完全収録』 共同通信社、1996年ISBN 978-4-7641-0367-2
  2. ^ ChartArchive - Stevie Wonder - Sir Duke”. 2012年6月28日閲覧。
  3. ^ John Bush. “Songs in the Key of Life - Steview Wonder”. Review. allmusic. 2012年8月7日閲覧。
  4. ^ ‘Stevie Wonder The Definitive Collection’より
先代:
はるかなる想い
by レオ・セイヤー
Billboard Hot 100 ナンバーワン・シングル
1977年5月21日 - 6月4日
次代:
ブギー・マン
by KC&ザ・サンシャイン・バンド