オーヴァージョイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーヴァージョイド
スティーヴィー・ワンダーシングル
収録アルバム イン・スクエア・サークル
B面 ランド・オブ・ラ・ラ
リリース 1985年
録音 1985年
ジャンル R&B
時間 3分41秒
作詞・作曲 スティーヴィー・ワンダー
プロデュース スティーヴィー・ワンダー
スティーヴィー・ワンダー シングル 年表
パートタイム・ラヴァー
(1985年)
オーヴァージョイド
(1985年)
ゴー・ホーム
(1986年)
テンプレートを表示

オーヴァージョイド」(Overjoyed) は、アメリカ合衆国の歌手スティーヴィー・ワンダーが1985年に発表したヒット曲である。1986年ビルボード・ホット100で最高24位を記録し、トップ40には6週間滞在した。さらに、「オーヴァージョイド」はアダルト・コテンポラリ・チャートでは8週間1位を記録した[1]

元々、1979年のアルバム『シークレット・ライフ』からのアウトテイクだった。その後に再録音され、1985年のアルバム『イン・スクエア・サークル』に収録された。

ライナーノーツには、「環境パーカッション」としてコオロギ、ナイチンゲールやその他の鳥の声、海や池に小石が落ちた音、葉を押しつぶした音がリストされている。

チャート[編集]

チャート(1986年) 最高位
アメリカ合衆国 ビルボード・ホット100[2] 24
アメリカ合衆国 R&Bチャート[2] 8
アメリカ合衆国 アダルト・コンテンポラリ[2] 1
全英シングルチャート 17[3]

カバー[編集]

ベーシストのスタンリー・クラークが、1986年のアルバム『Hideaway』にカバーを録音した[4]ダイアナ・ロスが1994年のクリスマス・アルバム『A Very Special Season』や、メアリー・J. ブライジのアルバム『バラッズ』の日本発売版でカバーされている。ジャズ歌手のジェーン・モンハイトは2007年のアルバム『Surrender』でこの曲をカバーした。

ベーシストのヴィクター・ウッテンが、インストゥメンタル・カバーをアルバム『ショウ・オブ・ハンズ』に収録した。2002年にはギタリストのブレイク・アーロンがアルバム『With Every Touch』にこの曲を収録している[5]

2009年にはジャズ・ミュージシャンのエスペランサ・スポルディングが、ホワイトハウスでこの曲を演奏した[6]

ホンダ・シビックのテレビCMや、オンワード23区のテレビCMで使用されていたなど、日本での認知度は高く、小野リサ[7]鈴木重子[8]石井聖子[9]らがカバーしている。

脚注[編集]

  1. ^ Whitburn, Joel (2002). Top Adult Contemporary: 1961-2001. Record Research. p. 263. 
  2. ^ a b c All music.com Stevie Wonder Awards
  3. ^ Stevie Wonder ChartArchive
  4. ^ Hideaway overview”. Allmusic.com. 2012年6月30日閲覧。
  5. ^ With Every Touch overview”. Allmusic.com. 2012年6月30日閲覧。
  6. ^ http://www.huffingtonpost.com/2009/02/25/obamas-honor-stevie-wonde_n_170065.html
  7. ^ Discography - LISA ONO -小野リサ-”. avex marketing. 2012年6月18日閲覧。
  8. ^ ブレス・オブ・サイレンス:鈴木重子”. amazon.co.jp. 2012年6月18日閲覧。
  9. ^ Discography - Seio Ishii official web site”. 2012年6月18日閲覧。