宮内駅 (山形県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮内駅
宮内駅(2006年7月)
宮内駅(2006年7月)
みやうち - Miyauchi
南陽市役所 (2.1km)
(1.4km) おりはた
所在地 山形県南陽市宮内
所属事業者 山形鉄道
所属路線 フラワー長井線
キロ程 3.0km(赤湯起点)
電報略号 ミウ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
311人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1913年大正2年)10月26日

宮内駅(みやうちえき)は、山形県南陽市宮内にある山形鉄道フラワー長井線である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅2010年8月1日より駅員が配置され有人化された[1]

駅舎は北側(荒砥方)にあり、南側(赤湯方)にも出入口がある。

のりば
1 フラワー長井線 赤湯方面
2 フラワー長井線 今泉長井荒砥方面

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日平均乗車人員は下記の通りである。

  • 1997年度 - 462人
  • 1998年度 - 447人
  • 1999年度 - 411人
  • 2000年度 - 394人
  • 2001年度 - 370人
  • 2002年度 - 364人
  • 2003年度 - 344人
  • 2004年度 - 346人
  • 2005年度 - 324人
  • 2006年度 - 307人
  • 2007年度 - 302人
  • 2008年度 - 294人
  • 2009年度 - 306人
  • 2010年度 - 313人
  • 2011年度 - 311人

歴史[編集]

その他[編集]

ウサギの駅長[編集]

2010年8月1日の再有人化に際し、人間の駅員のほか、同社および同駅に縁の深い動物であるウサギの駅長・駅員も勤務することになった。同社社員のひとりの母校である置賜農業高等学校で同年5月に生まれた3羽であり、駅長が「もっちぃ」、駅員が「ぴーたー」「てん」である[1]。近所の蕎麦屋のクサガメ「かめ吉」も非常勤助役となった[2]

隣の駅[編集]

山形鉄道
フラワー長井線
南陽市役所駅 - 宮内駅 - おりはた駅

注釈[編集]

  1. ^ a b 長井線宮内駅にうさぎ駅長 8月1日にデビュー 山形新聞 2010年7月30日閲覧(Internet Archiveによるキャッシュ)
  2. ^ 2014年4月17日放送奇跡体験!アンビリバボー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]