大韓民国の観光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大韓民国の観光(だいかんみんこくのかんこう)は、大韓民国国内における観光及び、韓国人による国外への観光を記載する。

概要[編集]

大韓民国の旅行者の大半は、韓国人である。韓国国内は、鉄道やバスなどの広いネットワークがあり、国内の大部分から、日帰り旅行が可能な距離にある。

外国人観光客は、アジア各国から訪れる人が多い。特に中国香港)、日本台湾からの観光客は多く、全体の75%を占めている[1]。また、東南アジアからの観光客も多い。海外旅行客は、仁川国際空港の利用者が最も多く、金海国際空港の空港も訪れる人が多い。

観光スポット[編集]

ソウル慶州公州市扶餘郡などの古都には、歴史的観光名所が多い。

白頭大幹雪岳山智異山などは、自然のスポットを含んでいる。

また、韓国には、済州島をはじめとする、鬱陵島などたくさんの島が存在し、日本との領土問題となっている竹島も韓国が占領している。

多くの地域では、毎年恒例の祭りが行われている。例として、保寧市の保寧マッドフェスティバル、清道郡の闘牛祭りなどが挙げられる。

韓国人による海外旅行[編集]

韓国では、1989年の海外旅行自由化以来、海外旅行者が増加している。2006年には、韓国人が海外旅行に10兆ウォン(約111億ドル)を費やしている。海外旅行者の大半が、中国や日本のような近隣諸国を訪れるが、東南アジアヨーロッパ北アメリカオセアニアを訪れる人も多い。

北朝鮮への旅行[編集]

1990年代後半、韓国人観光客は、北朝鮮国内の限られた区域を訪れることが許可された。最も有名な例では、軍事境界線近くの北朝鮮の名山金剛山がある。しかし、2008年7月11日に、韓国人女性観光客が射殺されるという事件が起こっており、それ以来再開されていない。2010年4月に北朝鮮が再開を韓国に求めている[2]

なお韓国は、北朝鮮を国家として認めておらず、北朝鮮も自国領としているため、正確には北朝鮮への渡航は海外渡航ではない。そのため、渡航に際して旅券の携帯は必要ないが、南北往来専用の身分証が必要である。また、韓国人、韓国を経由した外国人の訪朝には、統一部長官の事前許可が必要である。許可なく訪朝した場合、国内法により罰せられる。

イベント[編集]

韓国は、1988年ソウルオリンピック1993年大田国際博覧会2002年FIFAワールドカップ(日本と共同)、2005年のAPECの会議など、国際的なイベントを主催している。

出典[編集]

  1. ^ Organisation for Economic Co-operation and Development, NATIONAL TOURISM POLICY REVIEW REPUBLIC OF KOREA, July 2002, Page 2, Table 2
  2. ^ “North Korea 'two new resorts open to public'”. ヤング・パイオニア・ツアーズ. http://www.youngpioneertours.com/ 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]