タイの観光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プーケット島
アユタヤ

タイの観光(タイのかんこう)は、タイ国内における観光について記載する。

概況[編集]

タイへの観光客は、2000年代より継続して増加しており、2007年には約1500万人となっている[1]。この間、観光を巡る環境は良好だったわけではない。SARS(2002年)や鳥インフルエンザ(2003年)などに見舞われている[1]。だが、タイは世界遺産などの遺跡プーケット島などの豊かな自然といった観光資源に恵まれていることに加え、インフラストラクチャーや商業施設が開発により整ってきていることがタイの観光業へプラスの影響を与えている[1]

旅の楽しみ方は、寺院遺跡巡りなどや、綺麗な海や海岸とその周辺にスパなどの施設が整ったホテル等を中心としたリゾート地などがある。マリンスポーツなどが気軽に楽しめ、タイ料理に代表されるグルメや、タイ式マッサージなどがある。

こうした好調な観光の背景には、タイの外務省も自国民の特徴として紹介しているタイ人の穏やかな国民性や、人種差別が少ないことも背景にある[1]

2007年度 訪タイ観光客数
順位 国名 観光客数(人) 比率(%)
1 マレーシア 1,540,080 10.65
2 日本 1,277,638 8.83
3 韓国 1,083,652 7.49
4 中華人民共和国 907,117 6.27
5 イギリス 859,010 5.94
6 アメリカ 681,972 4.71
7 オーストラリア 658,148 4.55
8 シンガポール 604,603 4.18
9 ドイツ 544,495 3.76
10 インド 536,356 3.71

(出典 :タイ国政府観光庁/Tourism Authority of Thailand

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「「所有すれど運営せず」で成長するホテル」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月21日付配信
[ヘルプ]

関連項目[編集]