保寧市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
忠清南道 保寧市
位置
保寧市の地図
各種表記
ハングル: 보령시
漢字: 保寧市
片仮名転写: ポリョン=シ
ローマ字転写 (RR): Boryeong-si
統計
面積: km²
総人口: 人() 人
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 忠清南道
行政区域分類コード: 34030
保寧市の木: マツ
保寧市の花: ツバキ
保寧市の鳥: カモメ
自治体公式サイト: 保寧市

保寧市(ポリョンし)は、大韓民国忠清南道の都市。忠清南道西部に位置し、市内を長項線が通る。

地理[編集]

隣接している自治体[編集]

気候[編集]

海に面するため、忠清南道の中ではそれほど寒さは厳しくない。

  • 最高気温極値37.8℃(1994年7月25日)
  • 最低気温極値-17.6℃(1990年1月26日)
保寧の平均気温と降水量[1]
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(C -1.2 0.2 4.7 10.9 16.1 20.7 24.5 25.2 20.4 14.2 7.6 1.7 12.1
最高気温(C 3.5 5.3 10.3 16.8 21.6 25.6 28.4 29.6 25.8 20.4 13.0 6.6 17.2
最低気温(C -5.5 -4.4 -0.5 5.0 10.8 16.3 21.1 21.3 15.5 8.6 2.8 -2.7 7.4
降水量(mm 26.6 28.4 47.1 82.4 91.1 147.3 247.0 293.9 128.3 55.9 58.0 31.1 1237.0

歴史[編集]

大川市、保寧市[編集]

  • 1986年1月1日 - 保寧郡大川邑が市制施行し、大川市となる。
  • 1995年1月1日 - 大川市・保寧郡が合併し、保寧市が発足。金興泰が市長に(11面)。
  • 1995年3月2日 - 熊川面が熊川邑に昇格(1邑10面)。
  • 1995年6月27日 - 市長選、金鶴顯が当選。
  • 1998年6月4日 - 市長選、申俊熙が当選。
  • 2002年6月13日 - 市長選、李時雨が当選。
  • 2006年5月31日 - 市長選、申俊熙が返り咲き当選。
  • 2010年 - 市長選、李時雨が返り咲き当選。

保寧郡[編集]

  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、保寧郡・藍浦郡および鰲川郡の大部分(開也島・竹島・煙島・於青島を除く)が合併し、保寧郡が発足。保寧郡に以下の面が成立(10面)。
    • 周浦面・青所面・大川面・青蘿面・藍浦面・熊川面・珠山面・嵋山面・鰲川面・川北面
  • 1963年1月1日 - 大川面が大川邑に昇格(1邑9面)。
  • 1983年2月15日(1邑9面)
    • 鰲川面の一部(挿矢島里の内波水島・外波水島・外島)が瑞山郡安眠邑に編入。
    • 鰲川面の一部が周浦面に編入。
  • 1986年1月1日 - 大川邑が市制施行し、大川市となり、郡より離脱(9面)。
  • 1986年3月27日 - 嵋山面の一部が分立し、聖住面が発足(10面)。
  • 1989年4月1日 - 周浦面の一部が分立し、舟橋面が発足(11面)。
  • 1995年1月1日 - 保寧郡が大川市と合併し、保寧市が発足。保寧郡消滅。

行政[編集]

  • 市長:李時雨
  • 熊川邑、周浦面、舟橋面、鰲川面、川北面、青所面、青蘿面、藍浦面、珠山面、嵋山面、聖住面、大川1洞、大川2洞、大川3洞、大川4洞、大川5洞が設置されている。

警察[編集]

消防[編集]

経済[編集]

産業[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

韓国内[編集]

海外[編集]

地域[編集]

教育[編集]

  • 亜州自動車大学

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

  • 高速道路
    • 西海岸高速道路
      • 武昌浦インターチェンジ - 大川インターチェンジ - 大川サービスエリア

船舶[編集]

  • 大川港
  • 鰲川港

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 大川海水浴場
  • 毎年7月中旬に大川海水浴場で「保寧マッドフェスティバル」が行われる。

出身有名人[編集]

その他[編集]

  • 保寧火力発電所がある。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]