坑道戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

坑道戦(こうどうせん)とは、敵側の防御構造物の地下へトンネルを掘り進み、そこで支柱に放火して自重により崩壊させるか、または火薬爆薬の使用によってそれを破壊する戦術である。金掘り攻めともいう[1]

概要[編集]

基本的には土木工事であり、目標とする場所までトンネルを掘り進む。目標の下へ到達すると大量の爆薬を運び込み、超巨大地雷として爆破することで敵の陣地や要塞を粉砕する。戦国期の日本においては、主として、城内の水の手を切ったり、を崩したり、坑道から突撃部隊を送り込む攻城法として用いられた[2]

長所は敵の妨害を受けにくく破壊力が絶大であること、短所は目標到達までに時間がかかりすぎることである。

妨害された例としては、松山城合戦(1561年)があり、武田家の金山衆が当城の2つを掘り崩すことに成功するも、上杉軍の反撃により、坑道内にを流し込まれ、多くの坑夫を溺死させた上、鉄砲の一斉射によって多数が討ち取られている[3]。これに対し、武田軍は坑夫に竹束(防弾盾)を使用させ、坑道作戦を再開し、水の手も切ることに成功している[4]。また、山本勘助が地中に半分以上埋めた水瓶によって、水面の振動で金掘り衆が近づいていることを見破った逸話もある(『甲陽軍鑑』)。

近代戦では敵側も妨害するために坑道を掘り、地中での爆破合戦になった事例も多い。時間がかかるため、数年に亘る長期戦となった事例も多く、第一次世界大戦では3年以上も掘り続けたことすらある。

歴史[編集]

  • 日本では南北朝から金掘り攻めの例がみられ[5]、戦国期で多用された。
  • 大坂冬の陣では大坂城に籠城する豊臣側に対して徳川側は黒鍬を用いて坑道を掘り爆薬で天守閣を爆破しようとしている旨脅しを掛けたという説話がある。実際は総構えの破壊・突破を行う為に坑道は掘られ、講和締結時には城門の直下まで掘り進んでいる。この為に佐渡や甲州より金堀衆が動員された(『大日本史料』)。
  • 日露戦争旅順攻囲戦では日本軍がロシア軍の要塞の直下まで坑道を掘り進めて爆砕している。
  • 第一次世界大戦ではメシヌの戦いイギリス軍が坑道戦を行い地下に仕掛けた600トンの爆弾で1万人以上のドイツ兵を殺傷した。20世紀になってから、このときの爆発せずに残っていた火薬が落雷で爆発し、農地に巨大なクレーターを形成する事件が起きている。
  • 最近の事例ではペルー日本大使公邸人質事件がある。

自衛隊[編集]

陸上自衛隊では有事の際、自走榴弾砲、多連装ロケットシステムMLRSといった重特科火力を、トンネル状の坑道型陣地から運用することを想定している。 そのため施設科部隊には、世界でも珍しい坑道掘削の専門部隊がある。

  • 第301坑道中隊(南恵庭駐屯地)
  • 第302坑道中隊(岩見沢駐屯地)
  • 第303坑道中隊(船岡駐屯地)
  • 第304坑道中隊(飯塚駐屯地)

坑道中隊の訓練内容に関してはセキュリタリアンの「トンネル中隊、ただいま状況中!」を参照

備考[編集]

  • 竹中半兵衛著伝の兵書『軍法極秘伝書』によれば、坑道内で斬り合いになったと記述される。

脚注[編集]

  1. ^ 河合敦 『最新 日本史がわかる本』 三笠書房 2001年 p.114.
  2. ^ 河合敦 『最新 日本史がわかる本』 2001年 p.114.
  3. ^ 河合敦 『最新 日本史がわかる本』 pp.115 - 116.
  4. ^ 河合敦 『最新 日本史がわかる本』 p.116.
  5. ^ 河合敦 『最新 日本史がわかる本』 2001年 p.114.

関連項目[編集]