乱一世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

乱 一世(らん いっせい、本名、石瀬 泰久 1950年4月14日(64歳) - )は、放送タレントナレーターレポーターオーディック所属。

来歴・人物[編集]

東京都文京区出身。東海大学文学部卒業。

大学卒業後、ディスコDJを経て、1976年にニッポン放送の『ザ・パンチ・パンチ・パンチ』でデビュー。芸名はニッポン放送のドン上野こと上野修からつけられた[1]。以後、『トゥナイト』、『トゥナイト2』(テレビ朝日)のレポーターなどで知られる。

1998年、『トゥナイト2』で自分が担当するコーナーのCM前の予告で「トイレはCMの間に」と発言したことがスポンサーを激怒させ、番組を降板した[2][3][4]。2年後の2000年3月に『トゥナイト2』に復帰した。復帰の際にはCM前の予告で「特集の前にとても重要なお知らせの時間です。心して見るように」と前回の失言を逆手に取ったギャグを披露した。

主要出演作品[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ ドン上野『ミスター・ラジオが通る』実業之日本社、1986年、p.142。
  2. ^ 宝泉薫編著『芸能界一発屋外伝』彩流社、1999年、p.142。
  3. ^ ナンシー関『ナンシー関の「小耳にはさもう」ファイナルカット』朝日新聞社、2005年、p.132。
  4. ^ テレ朝の深夜番組「トゥナイト」の生放送中に「トイレはCMの間に」と口走って

外部リンク[編集]