下岡蓮杖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

下岡 蓮杖(しもおか れんじょう、文政6年2月12日1823年3月24日) - 1914年3月3日)は、日本の写真家(写真師)、画家。「蓮杖」は号で、通称は久之助。

経歴[編集]

下岡蓮杖が慶応4年(1868年)に撮影した武州忍藩士・吉田庸徳の写真
静岡県下田市下田公園内にある下岡蓮杖の碑と像

伊豆国下田(現・静岡県下田市)に桜田惣右衛門の三男として生まれる。幼いときから絵を好んだ。13歳で江戸に出て、21歳の時に狩野菫川の門に入り、菫園、菫古と号して、のちに全楽堂あるいは伝神楼とも号した。

ある日、オランダ船のもたらした銀板写真を見て驚嘆し、以来、写真術を学ぼうと決心した。そのためには外国人と近づくのが近道であると、数回にわたって浦賀に来たアメリカ、ロシアの船舶の外国人に接したが目的を達することができず、横浜開港の談判のために来日したタウンゼント・ハリスの通訳であるヘンリー・ヒュースケンから写真撮影の形式を学んだが、薬品の名前を知ることができなかった。その後、アメリカの写真家ウンシンジョン・ウィルソン)と交わり、ウンシンの写真機と蓮杖の絵とを交換し、以来、努力と財産の全てを傾けて写真術の研究に没頭した。

文久2年(1862年)、40歳で横浜の弁天通に写真館を開業する。これが横浜における営業写真館の最初であるとされる(江戸では前年に鵜飼玉川が写真館を開設しているとされる。長崎の上野彦馬の開業は、蓮杖と同年。)。当初は日本人は写真を撮影すると寿命が縮まると称してこれを嫌い、客はいずれも外国人であったが、迷信は次第に消え店は繁盛した。

門下からは、横山松三郎臼井秀三郎鈴木真一江崎礼二など、日本写真史に名を残す著名な写真家達を輩出した。

蓮杖はまた勤王の志が強く、箱館戦争台湾出兵などの絵画を描き、作品は遊就館に納められた。また、日本における石版印刷業、牛乳搾取業、乗合馬車営業の開祖であるとされる。

明治15年(1882年)、浅草公園第五区に写真館を移したが、その後写真業を廃しキリスト教に入信、信仰生活に入り画筆を楽しみつつ余生を送った。 1914年に浅草で亡くなった。墓地は巣鴨にある。下田公園には記念碑と銅像が建立されている。

参考文献[編集]

  • 藤倉忠明『写真伝来と下岡蓮杖』(かなしん出版、1997年)
  • 石黒敬章編『限定版 下岡蓮杖写真集』(新潮社、1999年)
  • 斎藤多喜夫『幕末明治 横浜写真館物語』(吉川弘文館、2004年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 『歴史写真. 大正6年10月號』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)