安政東海地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安政東海地震
安政東海地震の位置
本震
発生日 1854年12月23日
発生時刻 9時過頃(日本標準時
震央 日本の旗 日本 東海道
北緯34度0分0秒
東経137度48分0秒
[注 1]座標: 北緯34度0分0秒 東経137度48分0秒[注 1]
規模    M8.4
最大震度    震度7:甲斐甲西駿河相良遠江袋井
津波 最大22.7m
地震の種類 海溝型地震
逆断層
被害
死傷者数 死者 2 - 3千人
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

安政東海地震(あんせいとうかいじしん)は、江戸時代後期の嘉永7年11月4日1854年12月23日)に発生した東海地震である。ここでいう「東海地震」とは南海トラフ東側半分の東海道沖が震源域となる地震のことであり、東南海地震の領域も本地震の震源域に含まれていた。

また、南海トラフ巨大地震の一つであり、約32時間後に発生した安政南海地震と共に安政地震、あるいは安政大地震とも総称される[1][2]。この地震嘉永年間末に起きたが[3]、この天変地異や前年の黒船来航を期に改元されて安政と改められ、歴史年表上では安政元年であることから安政を冠して呼ばれる[4]。当時は寅の大変(とらのたいへん)とも呼ばれた。本項では、同時に起きた東南海地震の震源域も含めて記述する。

安政南海地震の2日後には豊予海峡M 7.4の豊予海峡地震が発生。また翌年には安政江戸地震(M 6.9-7.1)が起きた。本地震や安政南海地震は安政江戸地震と合わせて「安政三大地震」とも呼ばれ、伊賀上野地震から1858年飛越地震までの安政年間に連発した一連の大地震を安政の大地震とも呼ぶ。

江戸時代には南海トラフ沿いを震源とする巨大地震として、この他に慶長9年(1605年)に起きた慶長地震[注 2]、および宝永4年(1707年)の宝永地震の記録がある。

地震[編集]

地震動[編集]

安政東海地震の震度分布[5][6]

嘉永七年甲寅十一月四日己巳下刻(五ツ半)(1854年12月23日、日本時間9時過頃)、熊野灘遠州灘沖から駿河湾を震源(北緯34.0°、東経137.8°[注 1])とする巨大地震が起きた。フィリピン海プレートユーラシアプレート下に沈み込む南海トラフ沿いで起きた海溝型地震である。ディアナ号の記録では9時15分に突き上げるような海震と思われる震動が2-3分間ほど継続したという[7][注 3]

この地震に関する古記録は歴史地震としては非常に多く残されている[8][9][10][11][12][13]。安政の頃になると日記に加えて手紙などにも地震の記述が現れるようになり、被災時の人々の詳細な行動記録まで残るようになる[14]。特に、寺院の記録は均質で信頼性のおけるデータとして震度分布の研究などに利用されている[15]

駿河湾岸沿いにおける震害が特に著しく、駿河湾西側および甲府盆地では軒並み震度7と推定されることから震源域は宝永地震よりもさらに駿河湾奥あるいは内陸まで入り込んでいたと推定される[16][17]東北南部から中国四国まで震度4以上の領域が及び、震源域の長さは約300kmと推定される[18][19]

沼津藩士らによると揺れ始めはそれほど強くなかったが、やがて激震となり地面に腹ばいになっても振るい上げられる程であったという。この初期微動は煙草を四、五服吸うほどの時間であった[7]

被害[編集]

被害は関東地方から近畿地方に及び、沼津から伊勢湾岸沿い、特に箱根から見附あたりの東海道筋で家屋倒壊・焼失が著しく、また、甲府盆地も被害が甚大であった。家屋の倒壊は甲斐信濃近江摂津越前加賀まで及ぶ。

火災が比較的少なかった宝永地震に対し、本地震では東海道筋を中心に各地で火災が発生し[6]信州松本では城下の家が大方潰れ余程の大火となり350軒余焼失した(『続地震雑纂』)[9]。東海道宿場町の震害は三島宿から白須賀あたりまで軒並み「丸崩」「丸焼」となり、特に著しかったが、御油宿以西は比較的軽かった(『安政元寅年正月より同卯ノ三月迄御写物』)。

  • 三島宿では宿内一軒も残らず潰れ、町中は一町余り焼失、水を噴出す場所もあった。沼津宿も潰家多数、沼津城も大破損であった(『続地震雑纂』)。
  • 吉原宿付近では泥水が3 m近くも吹上げ、宿では中程が少々焼失し、富士川渡船は運行が停止された。蒲原宿江尻宿も大方焼失した。(『続地震雑纂』)。
  • 白鳥山が崩れて富士川を堰き止め、一時的に歩いて渡れるようになったが、堰止湖はやがて決壊して水が五貫島と宮島をつき分け家を押流し、2-3日後に再び川に水が戻った(『安田賎勝筆記』『富士川-その風土と文化-』)[9]
  • 駿府城では門や櫓が尽く倒壊、石垣が崩れ三の丸の崩壊特に著しく、さらに武家屋敷を含め城下町は壊滅状態となった。駿府安東では熊野神社の拝殿が倒壊、本殿が大破し、北安東では地割れから湧水が噴出し地震井戸として飲み水に利用されるようになった。
  • 岡部宿では泥土の噴出、本郷付近では硫黄臭のする鉱泉が出るようになった[2]
  • 新居関は番所共に倒壊、土蔵も大破し、付近では深さ2 - 3 mの亀裂を生じて泥水が噴出するなど液状化現象が各地で見られた。
  • 尾張名古屋では名古屋城の門、塀および屋根が破損し、城下では武家屋敷、町屋、寺社等も破損倒壊、4人が圧死、領内田畑計6940が損亡した(『御城書』)。
街道 推定震度[5][6]
畿内 京都(4-5), 大坂(5-6), (5-6), 岸和田(4-5), 奈良(5), 郡山(6), 大宇陀(4-5), 吉野(4-5), 五条(4-5), 尼崎(5-6), 神戸(E)
東海道
(宿場町)
江戸(5) - 品川 - 川崎(5-6) - 神奈川(5-6) - 程ヶ谷(5-6) - 戸塚(5-6) - 藤沢(4-5) - 平塚(5) - 大磯(5) - 小田原(5) - 箱根(6) - 三島(6-7) - 沼津(6) - (5) - 吉原(6-7) - 蒲原(7) - 由比(5) - 興津(6-7) - 江尻(6) - 府中(6) - 鞠子(6) - 岡部(6) - 藤枝(5-6) - 島田(6) - 金谷(5-6) - 日坂(5-6) - 掛川(6-7) - 袋井(7) - 見附(6-7) - 浜松(5-6) - 舞阪(5-6) - 新居(5-6) - 白須賀(5-6) - 二川(5-6) - 吉田(6) - 御油(5) - 赤坂(5) - 藤川(5) - 岡崎(5) - 池鯉鮒(5-6) - 鳴海(5-6) - (5-6) - 桑名(5) - 四日市(5-6) - 石薬師 - 庄野(5) - 亀山(5) - (5) - 坂下 - 土山 - 水口(5) - 石部(5) - 草津(5) - 大津(5) - 京都(4-5)
東海道 下妻(E), 銚子(e), 佐原(4), 九十九(E), 勝浦(e), 習志野(E), 船橋(E), 草加(5), 岩槻(4), 八王子(E), 大月(5-6), 塩山(4-5), 甲府(6), 甲西(7), 鰍沢(6-7), 浦賀(5), 新島(5), 熱海(5), 下田(5), 土肥(5-6), 松岡(7), 相良(7), 池新田(浜岡(6), 横須賀(5-6), 新城(5-6), 西尾(5-6), 田原(5-6), 名古屋(5-6), 菰野(5-6), (5-6), 松阪(5-6), 久居(6), 二見(5-6), 鳥羽(5-6), 上野(5)
中山道
(宿場町)
江戸(5) - 板橋 - (5) - 浦和 - 大宮(5) - 上尾 - 桶川(5) - 鴻巣 - 熊谷(E) - 深谷 - 本庄 - 新町 - 倉賀野 - 高崎(4-5) - 板鼻 - 安中 - 松井田 - 坂本 - 軽井沢 - 沓掛 - 追分(4) - 小田井 - 岩村田(5-6) - 塩名田 - 八幡 - 望月 - 芦田 - 長久保 - 和田 - 下諏訪(6) - 塩尻 - 洗馬 - 本山 - 贄川 - 奈良井 - 藪原 - 宮ノ越 - 福島(5) - 上松(4) - 須原 - 野尻 - 三留野 - 妻籠 - 馬籠(4-5) - 落合 - 中津川(5) - 大井(5) - 大湫(5) - 細久手 - 御嶽 - 伏見 - 太田 - 鵜沼 - 加納 - 河渡 - 美江寺 - 赤坂 - 垂井(5-6) - 関ヶ原(5-6) - 今須 - 柏原 - 醒井 - 番場 - 鳥居本 - 高宮 - 愛知川 - 武佐 - 守山(5) - 草津 - 大津 - 京都(4-5)
東山道 大石田(e), 米沢(4), 会津若松(4), 白河(4), 田島(e), 日光(4), 館林(5), 真岡(E), 沼田(E), 伊勢崎(4), 高崎(4-5), 下仁田(4), 飯山(5), 善光寺(4), 松代(5-6), 上田(5), 小諸(4-5), 松本(6), 諏訪(5-6), 高遠(5), 飯田(5), 伊那(5), 高山(E), 白鳥(E), 岩村(5), 大垣(5-6), 垂井(5-6), 上石津(5), 長浜(5), 彦根(5)
北陸道 分水(e), 三条(e), 柏崎(4), 高岡(4-5), 氷見(5), 金沢(4-5), 小松(4), 山中(4-5), 大聖寺(5-6), 丸岡(5), 大野(4-5), 福井(5-6), 鯖江(E), 敦賀(5-6), 小浜(4-5)
山陰道 亀山(4), 園部(5), 宮津(E), 出石(S), 生野(e), 浜坂(E), 鳥取(S), 境港(e), 広瀬(S), 松江(S), (S)
山陽道 明石(S), 加古川(4-5), 姫路(4), 龍野(e), 赤穂(E), 津山(e), 岡山(e), 倉敷(E), 三次(E), 福山(e), 尾道(e), (S), 広島(4), 岩国(e), 小郡(e)
南海道 尾鷲(5), 新宮(5-6), 勝浦(5), 串本(E), 田辺(5), 白浜(5), 和歌山(5), 洲本(E), 徳島(5), 由岐(4-5), 高松(4-5), 丸亀(E), 多度津(e), 善通寺(e), 琴平(e), 多喜浜(E), 小松(M), 今治(e), 松山(e), 大洲(e), 吉田(e), 室戸(e), 高知(4), 須崎(e), 上ノ加江(e), 窪川(E), 中村(e), 宿毛(e)
西海道 久留米(E), 佐賀(e), 熊本(e), 中津(e), 杵築(e), 日出(e), 別府(e), 大分(e), 臼杵(e), 佐伯(e)
S: 強地震(≧4),   E: 大地震(≧4),   M: 中地震(2-3),   e: 地震(≦3)

地殻変動[編集]

地震による地殻変動の結果、御前崎は 0.8 - 1 m 隆起。浜名湖北端、渥美湾岸は沈下し、南東側で隆起、北西の内陸側で沈降の傾動が見られた。また断層の滑り面は海底のみならず内陸にも達し、遠州相良港は3尺余り(約 1 m)隆起し、清水港は隆起により使用不能、相良では沖合い数十(100 m 前後)が干潟となった。駿河湾西岸は原付近から横須賀湊辺りまでの広い範囲で1m余の隆起が見られた[21]。一方で浜名湖北岸の気賀では沈降により2,800の地が潮下に没した(『書付留』)[22]

富士川河口付近には岩淵地震山(蒲原地震山)および松岡地震山と呼ばれる西側上がりの変位約一余(3m以上)の断層が生じて流路が変化し、その結果蒲原では耕地が増え、一方で東岸では水害に悩まされるようになった。このため蒲原では耕地の増加を歓迎し「地震さん地震さん、また来ておくれ、私の代にもう一度、孫子の代に二度三度」とまで唄われた[7]

このような南東上がりの地殻変動は宝永地震および昭和東南海南海地震と同様であり、南海トラフ東側においてユーラシアプレート衝上する低角逆断層のプレート境界型地震であることを示唆している[23]。ただし、宝永地震や昭和東南海地震とは多少様相が異なり、これらの地震では沈降したとされる駿河湾西岸の清水・三保付近は安政東海地震では隆起している。

火山活動への影響[編集]

この地震の直後には宝永地震の後に起きた宝永大噴火のような富士山の大規模な噴火は無かったとされるが、小規模な火山活動を示唆するような記録も残されている。駿府において震災による困窮者を対象に行われたの炊出しの様子を記録した『大地震御救粥並町方施米差出、其外諸向地震に付聞書一件・駿府士太夫町町頭、萩原四郎兵衛筆記』には安政東海地震の起きた時刻とほぼ同時期に富士山頂に黒い笠雲がかかり、同日に牛ほどの大きさの羽の生えた物体が舞い、八合目付近に多数の火が見られ、17日後の11月21日頃には宝永山より真黒な煙が立上るのが見られたと記録される。さらにその冬の富士山の積雪は春のように少なかったという[24]

安政地震の直前には、1852年から新潟焼山1853年から有珠山、1854年には阿蘇山が噴火活動している。地震後、1855年には樽前山1856年には北海道駒ヶ岳、および阿蘇山が噴火活動している[25]

規模[編集]

河角廣(1951)は規模MK = 7. を与え[26]マグニチュードM = 8.4に換算されている。宇佐美龍夫(1970)はこの河角の規模と気象庁マグニチュードの関係を検討し、やはり8.4に近いであろうと推定したが、当時はモーメントマグニチュードという概念は存在せず1960年のチリ地震M8.5とされていた[27]。数値実験から2つの大きな断層モデルが仮定されている。各断層個別のモーメントマグニチュード Mw は西側からそれぞれ、8.3, 8.1(合計で Mw = 8.4)と推定されている[28]。この断層モデルは1944年東南海地震の南西側の断層モデルの長さと幅を延長させたものに加えて、駿河湾奥西岸の地殻変動を示唆する史料や、湾内で発生が目撃された津波などから、駿河湾沖にもう一つの断層モデルを置いたものであった[29][30]

安政東海地震の地震断層パラメーター[31][32]
北緯 東経 深さ 走向 傾斜角 すべり角 長さ すべり
U
地震モーメント
M0 / 1021N・m
Mw
33.90° 138.13° 3km 245° 24° 113° 150km 100km 4.0m 3.0 8.3
35.14° 138.73° 2km 198° 34° 71° 115km 70km 4.0m 1.6 8.1

前震・余震・誘発地震[編集]

安政東海地震の最大余震の震度分布

前震とされる地震は、5ヶ月前の1854年7月9日に伊賀上野地震(伊賀・伊勢・大和地震、M 7.6)が発生[33]

一方、安政東海・南海地震の余震は2979回も記録され、約9年間続いたという[34]。但し、翌日の南海地震の余震との区別については判別の方法が無い[6]。大きな余震としては以下のものがある。

  • 安政2年9月28日(1855年11月7日)には遠州灘沖を震源とする最大の余震(M 7 - 7.5)が起き、駿河湾沿いで潰家、地割れ、泥水の噴出および津波もあった[22]。安政江戸地震の4日前のことである。

また、本震に影響を受け、震源域及び余震域から離れた地域でも規模の大きな誘発地震が発生している[35]

  • 本震の約75日後の安政2年2月1日(1855年3月18日)富山県城端・保木脇で推定M 6後半の地震(飛騨地震)。
  • 約11ヶ月後の安政2年10月2日(1855年11月11日)に安政江戸地震M 7.0 - 7.1)。
  • 4年半後の安政5年2月26日(1858年4月9日)に飛越地震M 7.0 - 7.1)。その14日後の旧暦3月10日(4月23日)にはM 5.7の信濃大町地震(信濃北西部)。
  • 1861年2月14日 文久西尾地震- M 6.0が発生。震源域は三河地震 1945年1月13日と似ている[36]

津波[編集]

ディアナ号

房総半島沿岸から土佐まで激しい津波に見舞われ、伊豆下田から熊野灘までが特に著しかった。波高は甲賀で 10 m 、鳥羽で 5 - 6 m 、錦浦で 6 m 余、二木島で 9 m 、尾鷲で 6 m に達した。津波は駿河湾西側や遠州灘では引き潮から始まったが、伊豆半島沿岸では潮が引くことなく津波の襲来に見舞われた。伊豆半島において昼過ぎまでに何十回となく襲来し、大きな波は3回打寄せ、そのうち第二波が最大であった[2]志摩半島国崎では津波特異点となり「常福寺津波流失塔」の碑文には、「潮の高さは城山、坂森山を打ち越えて、彦間にて七(22.7 m)に達した」と記されている[37]

波高は全般的に見て特に東海地方東部で昭和東南海地震より高く、宝永地震の東海道沿岸と同程度であるが、志摩半島では局地的に高くなった部分もあった。一方で、明応地震はさらに大規模な津波を発生し特に伊豆半島西岸で著しかった[38]

津波の被害状況
地域 推定波高・遡上高
古文書の記録 今村
(1935-40)
羽鳥
(1977-84)
都司
(2007-11)
その他
下総銚子 現・千葉県銚子市 漁船遭難し水夫三名溺死す『名洗町史』 1-2m[39]
鴨川 現・鴨川市 神蔵寺の石段二段下まで潮がついた 3-4m[39]
江戸前 現・東京湾 三四尺水位上り 1-1.2m[39]
武蔵横浜 現・神奈川県横浜市 地震後引潮之所暫時潮押返し磯際迄満申候『関口家日記』 1-2m[39]
浦賀 現・横須賀市 2-3m[39]
福浦 現・湯河原町 津波は寺の階段下まで 7m?[39]
父島 現・東京都小笠原村 其浪ミ引取り候節ハ当湊之汐不残引去り申候時、日本船何レ江失ひ候哉相分り兼候、其時私共住居家も不残被流レ候『菊池作次郎御用私用留』 3-4m[40] 奥村5m
大村3m[41]
伊豆熱海 現・静岡県熱海市 あわびが流れ着く 6.2m[39]
網代 現・熱海市 3m[39]
下田 現・下田市 下田湊ハ同時大津浪有之湊町千軒程有之候人家八九分通り流失『虫蔵後記』 5.7m
岡方4.8m
柿崎6.7m[42]
4.4-6.8m
柿崎6.4m[39]
柿崎6.7m[43]
入間 現・南伊豆町 16.5m[44][45]
遠江新居 現・湖西市 御関所并人家共潰れ其上津浪ニ而相流し候『大地震大津浪』 3.0m[42]
舞阪 現・湖西市 津浪過半押流し候由『大地震大津浪』 4.9m[42]
伊勢桑名 現・三重県桑名市 同日同刻より大地震の後大津浪有之、はま辺皆々流、其近辺大あれ、大騒動古今希成事『諸国大地震大津浪一代記』 2m[46]
現・津市 背丈ほど津波が来る『岡安定日記』 2.5m[46] 2.1-3.9m[47]
大湊 現・伊勢市 浪高三四丈 5-6m[46]
二見 現・伊勢市 床上二三尺浸水 5m[46]
鳥羽 現・鳥羽市 『続地震雑纂』潮高さ鳥羽に而壱丈五六尺、村方に寄て三丈余、或は二丈中には七丈余之小山を打越候村方も有之候 5.5m[46] 2.6-5.8m[47]
国崎 現・鳥羽市 彦間にて七丈五尺『常福寺津波流失塔』 6m[46] 20.8-21.1m[48][45] 22.7m[49]
国府 現・志摩市 8-10m[46] 4.0-10.5m[48]
和具 現・志摩市 又壱丁余り汐干去り、右干波と寄波と口之嶋辺より相闘ひ、高サ三丈余り高山の如き大波となり『大地震大津波流倒之記』 8m[46] 10.9m[48]
紀伊尾鷲 現・尾鷲市 我等家四五尺程も参り候歟此浪引行事海底顕れ『九木浦庄屋宮崎和右衛門御用留』 6-8m[46] 九鬼8.5m[47]
賀田 現・尾鷲市 浪高三丈余/浪高サ宝永ノ津浪ヨリ凡三尺四五寸計ヒクシ『大地震津浪之事』/俄かに津浪来り何方命から/\着の侭ニ而高き所へ散乱し漸々助命致候『大地震津浪記録』 7-8m[46] 7.0-9.6m[48]
二木島 現・熊野市 浪の高さ三丈余に及びしや疑なし『安政元年甲寅十一月四日大湊大地震之事』 8m[46]
新鹿 現・熊野市 新鹿人家不残流失『山崎氏不事控』 8-10m[46] 10.5m[44] 11.5m[50]
勝浦 現・那智勝浦町 両浜側すじ床上浸水/津浪は昔より聞及に、大地震ゆり候跡にて、汐道半途も引候はゞ、飯一鍋焚候ほどの間もありと聞伝候得共、此度の津浪は聞及とは違ひ、地震ゆり止み兎角する内何の気色見へず高浪にて『新田家過去帳』 6m[50]
串本 現・串本町 『有田浦庄屋地震津浪の記』此津浪下モ海より起り此辺ハ余波也、浪先キかい道の道通り迄来り止む 2m[50]
古座 現・串本町 『安政之大地震』四日てんきあさにし風四ツとき大ししん二ツゆるつなみうつそのなみハ内のしき切みな寺へにげる/七十軒余大破 4m[46]
阿波宍喰 現・徳島県海陽町 辰の下刻、中ゆりの地震、続ひて両度海面俄にあぶきを生じ、あじ島を打ち越し、川半迄込み入る事三ヶ度『震潮記』 1m[51]
サンフランシスコ 1フィート 0.3m弱[7]

津波襲来前には各地で大砲を撃つ様な音が聞こえ、『伊豆半島地震史料』には「高天神とか俗称せらるる高峰にて目撃したる話なりと云へるを聞くに、大砲の如き響と共に、海上七八里、瀬の海辺に水煙天に漲り、水面凹となり、大水輪をなして四方に開けるを伝へたり」という記録もある[9]。これは、駿河湾内で海面が山のように盛上がり、崩れるのが海岸から目撃されたとする記録であった[52]

ロシア軍艦ディアナ号の記録では、下田において地震動の後、15 - 20分後に津波が到達し、2回目に押し寄せた津波が5 - 6m(『ハリス日本滞在記』では「その大波は三十の高さがあったと云はれてゐた。」)に達し、昼過ぎまでに7 - 8回押し寄せ家屋を流出させた。湾内には大きな渦が生じ碇泊中のディアナ号は浸水により何回も回転して大破し、津波が収まった後、修理を試みようと戸田港へ廻航する途中、暴風雨も重なり流されて11月27日(1855年1月15日)20時頃、田子の浦沖で座礁し、漁船で牽引中、12月2日(1855年1月19日)14時頃に沈没した(『下田日記』)[10][53]

名古屋においては、地震によって河川堤防が決壊したところに津波が河川を遡上し、浸水した。材木426本、船4隻が流失、家4081軒が流失あるいは倒壊、領内田畑440石に汐入り、507石に砂入り荒廃した(『御城書』)。名古屋は、河川が多く、河川遡上が起きやすい構造となっている。

伊勢紀伊では4日、5日両日の津波で田畑計16万8000石余に汐入り荒廃、家2万6608軒が流失、倒壊あるいは焼失、収納米890石、材木15480本、船1455隻、高札場5ヵ所が流失、699人が流死した(『御城書』)。

尾鷲(現・尾鷲市)において、往古の宝永津波は地震が鎮まってから飯を一鍋焚く時間があり、井戸水が枯れ、潮がすずめ島(約300m沖)まで引いた後襲来したと伝えられてきたが、この度の津波は井戸水が枯れることなく道を五・六(5-600m)歩く程度の時間で高さ二丈(約6m)の浪が直に襲来し人々を慌てさせたという(『三重県南部災異誌』『大地震津浪記録』)[10][13]。那智勝浦にもほぼ同様の言伝えがあった(『新田家過去帳』)[9]

土佐では宇佐(現・土佐市)において「霜月四日朝五ツ時地震海潮進退定まらず」(『眞覚寺日記』)、入野(現・黒潮町)でも「四日昼微々の震動有潮海漘に流れ溢る土俗是を名て鈴波と云う」(『入野加茂神社震災碑』)の記録があり、伊田(現・黒潮町)でも磯辺に干したる物が流された(『小野桃斎筆記』)[11]

豊後佐伯でも四日朝に軽き地震があり潮が不穏な動きをし、手付見廻方らが警戒しているところに翌日、南海地震が起り、それに伴う津波が市中の川に流れ込んだ。佐伯では宝永津波被害が酷かったことから、万が一大地震、大津波が発生した場合は大手門を開き、家来や市民らを避難させるよう備えていた(『御用日記』)[11]

小笠原諸島でも津波襲来の記録があり、父島奥村で5mに達し家屋が流失し、大村でも3mと推定される[41]サンフランシスコにも達し、験潮場において1フィート (30 cm) の津波が観測された[54][55]

『大日本地震史料』によれば地震および津波の被害は家屋の倒壊流出8300余、消失600、圧死300人、流死300人とされる。しかしこれは地震の規模に対し小さ過ぎるとされ、潰家、焼失家は3万軒、死者は2 - 3千人とする説もある[52]

地震痕跡[編集]

前兆[編集]

古記録には幾つかの前兆と思われる記録も見られ、地殻変動や地震活動の活発化と思われるものもあるが、地震との関連性が不明のものもある[58]

前年の小田原地震によって袖師町(現・静岡市清水区)では海岸が遠浅となり隆起を示唆する記録があり、一方御前崎付近では地震前に浜が次第に壊されていくなど沈降と思われる現象が認められた(『下村家古文書』)。

川根(現・牧之原市)では前年から鳴動があり、菊川(現・菊川市)、河城村(現・菊川市)等では数日前から大音響があったという。

下田、駿府、四日市、新宮等、東海地方各地では地震直前の朝は一点の雲もない快晴で風もなかった。太陽が黄色に輝いていたともいう[59]

周辺では数年前から中規模地震が続発し、特に半年前からは紀伊半島から伊豆半島にかけて地震活動が高まり、弘化4年3月24日(1847年5月8日)北信地方の善光寺地震 → 同3月29日(1847年5月13日)越後頚城郡の地震 → 嘉永5年12月17日(1853年1月26日)信濃埴科郡の地震 → 嘉永6年2月2日(1853年3月11日)の小田原地震 → 嘉永7年6月15日(1854年7月9日)の伊賀上野地震 → 同7月20日(1854年8月13日)の伊勢の地震 → と東海地震の震央を目指して行った様に見える[58]。一方で震源域付近では、名古屋(『鸚鵡籠中記』)、伊勢(『外宮子良館日記』)および近江八幡(『市田家日記』)で日記に記録された地震回数から、宝永地震および安政地震のそれぞれ数年前から有感地震が減少が窺われ、巨大地震発生前の静穏化現象と推定される[48][60]

次期東海地震への警戒[編集]

南海トラフ沿いを震源とする地震は90年から150年毎に東海(E領域、駿河湾沖)、東南海(C, D領域、熊野灘沖、遠州灘沖)、南海(A, B領域、土佐湾沖、紀伊水道沖)の領域でほぼ同時あるいは2年程度の間隔を空けて連動して起きているとされ、この地震の90年後の1944年には昭和東南海地震 (Mj = 7.9, Mw = 8.2)(C, D領域)、1946年には昭和南海地震 (Mj = 8.0, Mw = 8.4)(A, B領域)が起きたが、これらは南海トラフ沿いの地震としては比較的小規模であり、さらに依然、駿河湾沖の東海地震震源域(E領域)は歪の開放されていない空白域として残され、かつ安政東海地震から年月が経過しているため、日本の大動脈である東海道を直撃する東海地震が今後起きることが想定されている[7][31][61][62][63]

ただし、東海地震は過去の記録から駿河湾沖のE領域単独で起きるのではなく、安政東海地震のように東海、東南海領域(C, D, E領域)、あるいは宝永地震のように南海地震をも伴った連動型(A, B, C, D, E領域)で起きるとする説もある[64][65]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 震度分布による推定で、断層破壊開始点である本来の震源、震央ではない。
  2. ^ 慶長地震の震源域には諸説あり、南海トラフ沿いの地震ではないとする見解も出されている。- 石橋克彦, 原田智也(2013): 1605(慶長九)年伊豆-小笠原海溝巨大地震と1614(慶長十九)年南海トラフ地震という作業仮説,日本地震学会2013年秋季大会講演予稿集,D21‒03, 松浦律子(2013): 1605年慶長地震は南海トラフの地震か?, 第30回歴史地震研究会(秋田大会)
  3. ^ 大森房吉著『露国軍艦「ディアナ」号遭難記事』では、「9時45分に突然艦体が振動すること甚しく、約1分間続き」としている。Captain Sherard Osborn著の『A Cruise in Japanese Waters』では「At a quarter past nine, without any previous indication, the shock of an earthquake, which lasted two or three minutes, causing the vessel to shake very much, was felt both on deck and in the cabin.」と記されている。- 武者金吉 『日本地震史料』 毎日新聞社、1951年

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 五つの大地震 高木金之助編、沢村武雄「五つの大地震」『四国山脈』毎日新聞社、1959年
  2. ^ a b c 門村浩、松田磐余、高橋博 『実録 安政大地震 その日静岡県は』 静岡新聞社、1983年
  3. ^ 湯村哲男(1969) 湯村哲男(1969): 本邦における被害地震の日本暦について, 地震, 第2輯, 22, pp.253-255, JOI:JST.Journalarchive/zisin1948/22.253
  4. ^ 神田茂(1970) 神田茂(1970): 本邦における被害地震の日本暦の改元について, 地震, 第2輯, 23, pp.335-336, JOI:JST.Journalarchive/zisin1948/23.335
  5. ^ a b 宇佐美龍夫(1989) (PDF) 信州大学工学部 宇佐美龍夫 「安政東海地震(1854-12-23),安政南海地震(1854-12-24)の震度分布」 1989年
  6. ^ a b c d 宇佐美龍夫 『最新版 日本被害地震総覧』 東京大学出版会、2003年
  7. ^ a b c d e 石橋克彦 『大地動乱の時代 -地震学者は警告する-』 岩波新書、1994年
  8. ^ 震災予防調査会編 『大日本地震史料』 下巻、丸善、1904年
  9. ^ a b c d e 武者金吉 『日本地震史料』 毎日新聞社、1951年
  10. ^ a b c d 東京大学地震研究所 『新収 日本地震史料 五巻 別巻五-一 安政元年十一月四日・五日・七日』 日本電気協会、1987年
  11. ^ a b c 東京大学地震研究所 『新収 日本地震史料 五巻 別巻五-二 安政元年十一月四日・五日・七日』 日本電気協会、1987年
  12. ^ 東京大学地震研究所 『新収 日本地震史料 補遺 別巻』 日本電気協会、1994年
  13. ^ a b 東京大学地震研究所 『新収 日本地震史料 続補遺 別巻』 日本電気協会、1994年
  14. ^ 矢田俊文 『中世の巨大地震』 吉川弘文館、2009年
  15. ^ 行谷佑一、都司嘉宣:寺院の被害記録から見た安政東海地震(1854)の静岡県内の震度分布 歴史地震 第21号(2006), 201-217 (PDF)
  16. ^ 中央防災会議(2003) (PDF) 中央防災会議 宇佐美(1989):歴史地震の震度分布
  17. ^ 中西一郎(2005) (PDF) 京都大学理学部 中西一郎・矢野信 1707年宝永地震震源域の東端位置
  18. ^ 都司嘉宣(2007) (PDF) 都司嘉宣、行谷佑一(2007): 連動型巨大地震としての宝永地震(1707), 日本地球惑星科学連合2007年大会講演要旨,T235-010.
  19. ^ 公開講義2005 都司嘉宣「2004年インドネシア・スマトラ島西方沖地震津波の教訓」
  20. ^ 寒川旭 『地震 "なまず"の活動史』 大巧社、2001年
  21. ^ 羽鳥徳太郎(1976) 羽鳥徳太郎(1976): 安政地震(1854年12月23日)における東海地方の津波・地殻変動の記録 : 明治25年静岡県下26ヵ町村役場の地震報告から, 東京大学地震研究所彙報, 第51冊第1号, 13-28.
  22. ^ a b 宇津徳治、嶋悦三、吉井敏尅、山科健一郎 『地震の事典』 朝倉書店、2001年
  23. ^ Masataka Ando(1975) Masataka Ando(1975), CiNii Masataka Ando(1975): Source mechanisms and tectonic significance of historical earthquakes along the Nankai trough, Japan, Tectonophysics, Vol. 27, 119-140.
  24. ^ つじよしのぶ 『富士山の噴火 万葉集から現代まで』 築地書館、1992年
  25. ^ 国立天文台編 『理科年表』 丸善
  26. ^ Kawasumi(1951) 有史以來の地震活動より見たる我國各地の地震危險度及び最高震度の期待値,東京大學地震研究所彙報. 第29冊第3号, 1951.10.5, pp.469-482.
  27. ^ 宇佐美龍夫(1970) 宇佐美龍夫、茅野一郎(1970): 河角の規模と気象庁の規模との関係, 東京大学地震研究所彙報、第48冊第5号
  28. ^ 力武常次 『固体地球科学入門』 共立出版、1994年
  29. ^ Ishibashi(1981) Ishibashi, K. (1981): Specification of a soon-to-occur seismic faulting in the Tokai district, central Japan, based upon seismotectonics. Earthquake Prediction-An international review, Maurice Ewing Series 4 (AGU), 297-332.
  30. ^ 相田勇(1981) 相田勇(1981): 東海道沖に起こった歴史津波の数値実験, 東京大学地震研究所彙報, 56, 367-390.
  31. ^ a b 石橋克彦(1977) (PDF) 石橋克彦(1977): 東海地方に予想される大地震の再検討 -駿河湾地震の可能性-, 地震予知連絡会会報, 17 ,126-132.
  32. ^ 佐藤良輔、阿部勝征、岡田義光、島崎邦彦、鈴木保典『日本の地震断層パラメーター・ハンドブック』鹿島出版会、1989年
  33. ^ 歴史上の内陸被害地震の事例研究
  34. ^ 宇佐美龍夫(1975) 宇佐美龍夫(1975): 安政元年南海地震の余震 -歴史的地震の余震の減り方-, 東京大学地震研究所彙報, 50, 153-169.
  35. ^ 2011年 東北地方太平洋沖地震 過去に起きた大きな地震の余震と誘発地震 東京大学地震研究所 広報アウトリーチ室
  36. ^ “【温故地震】都司嘉宣 昭和東南海地震(1944年) 愛知と北陸に直下型誘発”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年11月19日). オリジナル2013年4月27日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20130427071518/http://sankei.jp.msn.com/smp/affairs/news/121119/dst12111908220001-s.htm 
  37. ^ 中央防災会議(2003) (PDF) 中央防災会議 災害教訓の継承に関する専門調査会報告書原案「1854年安政東海地震・安政南海地震」-明応7年(1498)東海地震による志摩国大津集落の高所移転-
  38. ^ 都司嘉宣(2011) (PDF) 都司嘉宣(2011): 歴史記録の上のミレニアム津波
  39. ^ a b c d e f g h i 羽鳥徳太郎(1984) 羽鳥徳太郎(1984): 関東・伊豆東部沿岸における宝永・安政東海津波の挙動 東京大学地震研究所彙報, 59 (1), pp.501- 518.
  40. ^ 羽鳥徳太郎(1985) 羽鳥徳太郎(1985): 小笠原父島における津波の挙動, 東京大学地震研究所彙報, 60, 97-104.
  41. ^ a b 都司嘉宣(2006) (PDF) 都司嘉宣(2006): 小笠原諸島の津波史, 『歴史地震』 第21号, 65-79.
  42. ^ a b c 今村明恒(1935): 安政及び宝永年度の南海道地震津浪に関する史料 『地震』第7巻, 第6号
  43. ^ 飯田汲事 (PDF) 飯田汲事: 6. 宝永4年10月4日(1707年10月28日)の宝永地震の震害と震度, 東海地方地震・津波災害誌
  44. ^ a b 中央防災会議 (PDF) 都司嘉宣: 第2章 安政東海・南海地震(1854)の詳細実態
  45. ^ a b 都司嘉宣(1992):『東南海地震,日本の大地震』,地震学会ニュースレター,3, 6, 33-36.
  46. ^ a b c d e f g h i j k l m 羽鳥徳太郎(1978) 羽鳥徳太郎(1978): 三重県沿岸における宝永・安政東海地震の津波調査,地震研究所彙報,53
  47. ^ a b c 行谷佑一(2005) (PDF) 行谷佑一、都司嘉宣(2005): 宝永(1707)・安政東海(1854)地震津波の三重県における詳細津波浸水高分布,『歴史地震』 第20号, 33-56.
  48. ^ a b c d e 都司嘉宣(2005) (PDF) 都司嘉宣(2005): [講演記録] 三重県の歴史地震と津波, 『歴史地震』 第20号, 3-7.
  49. ^ 中央防災会議(2003) (PDF) 災害教訓の継承に関する専門調査会報告書原案「1854年安政東海地震・安政南海地震」-明応7年(1498)東海地震による志摩国大津集落の高所移転-
  50. ^ a b c 飯田汲事(1985) (PDF) 飯田汲事(1985): 5. 明応・慶長・宝永・安政・昭和の各東海地津波の比較, 東海地方地震・津波災害誌
  51. ^ 羽鳥徳太郎(1978) 羽鳥徳太郎(1978): 17. 高知・徳島における慶長・宝永・安政南海道津波の記念碑,地震研究所彙報,53, 423-445.
  52. ^ a b 『理科年表読本 地震と火山』 丸善、1981年
  53. ^ 今村明恒:ヂアナ艦の津浪遭難記 地震 第1輯 Vol.11 (1939) No.12 P588-598
  54. ^ 大森房吉(1913), CiNii 大森房吉(1913): 本邦大地震概説, 震災豫防調査會報告, 68(乙), 93-109.
  55. ^ 宇佐美竜夫 「安政地震」『世界大百科事典2』 平凡社、2009年
  56. ^ 寒川旭 『地震の日本史 -大地は何を語るのか-』 中公新書、2007年
  57. ^ 南海トラフの巨大地震モデル検討会 (PDF) 南海トラフの巨大地震モデル検討会 中間とりまとめ 産業技術総合研究所報告(2012年2月20日時点のアーカイブ
  58. ^ a b 静岡県地震対策課 (PDF) 静岡県地震対策課: 安政東海地震の前兆現象
  59. ^ 都司嘉宣(2009) (PDF) 都司嘉宣(2009): 安政東海地震・南海地震(1854)に伴う月日異常と火柱現象について, 『歴史地震』 第24号, 185-192.
  60. ^ 都司嘉宣(2005) (PDF) 都司嘉宣(2005): 『外宮子良館日記』に記録された有感地震について, 『歴史地震』 第20号, 23-32.
  61. ^ 石橋克彦(1976): 東海地方に予想される大地震の再検討 -駿河湾大地震について-, 地震学会講演予稿集, No.2, 30-34.
  62. ^ 中村一明、松田時彦、守屋以智雄 『火山と地震の国』 岩波書店、1995年
  63. ^ 気象庁 東海地震とは
  64. ^ 嶋悦三 『わかりやすい地震学』 鹿島出版会、1989年
  65. ^ 寒川旭 『揺れる大地 日本列島の地震史』 同朋舎出版、1997年

参考文献[編集]

  • 『大日本地震史料 下巻』 震災予防調査会編、丸善1904年 pp.361-526 国立国会図書館サーチ
  • 『日本地震史料』 武者金吉、毎日新聞社、1951年 pp.75-468
  • 『新収 日本地震史料 新収 日本地震史料 五巻 別巻五-一 安政元年十一月四日・五日・七日』 東京大学地震研究所、日本電気協会、1987年 pp.1-1438 - 安政地震に関する新収古記録原典の集成
  • 『新収 日本地震史料 新収 日本地震史料 五巻 別巻五-二 安政元年十一月四日・五日・七日』 東京大学地震研究所、日本電気協会、1987年 pp.1439-2528 - 安政地震に関する新収古記録原典の集成
  • 『新収 日本地震史料 補遺 別巻』 東京大学地震研究所、日本電気協会、1989年 pp.409-612
  • 『新収 日本地震史料 続補遺 別巻』 東京大学地震研究所、日本電気協会、1994年 pp.414-869
  • 宇佐美龍夫 『日本の歴史地震史料 拾遺 別巻』 東京大学地震研究所、1999年3月 pp.467-710
  • 宇佐美龍夫 『日本の歴史地震史料 拾遺二』 東京大学地震研究所、2002年3月 pp.296-435
  • 宇佐美龍夫 『日本の歴史地震史料 拾遺三』 東京大学地震研究所、2005年3月 pp.463-543
  • 宇佐美龍夫 『日本の歴史地震史料 拾遺四ノ上』 東京大学地震研究所、2008年6月 pp.589-1133
  • 宇佐美龍夫 『日本の歴史地震史料 拾遺五ノ下』 東京大学地震研究所、2012年6月 pp.1082-1333