ヴォイニッチ手稿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴォイニッチ手稿のページ

ヴォイニッチ手稿( -しゅこう、ヴォイニッチ写本ヴォイニック写本とも、英語: Voynich Manuscript)とは、1912年イタリアで発見された古文書写本)。未解読の文字が記され、多数の奇妙な絵が描かれている事が特徴である。

概要[編集]

大きさは23.5cm×16.2cm×5cmで、左から右読み、現存する分で約240ページの羊皮紙でできている。未解読の文字で書かれた文章の他、大半のページに様々な彩色された生物を思わせる挿絵が描かれている。文章に使用されている言語は今まで何度も解読の試みが行われているが、解明されていない(当然ながら、本書の正式な題名も分かってない)。

名称は発見者であるポーランド系アメリカ人革命家で古書収集家のウィルフリッド・ヴォイニッチにちなむ。彼は1912年イタリアで同書を発見した。

手稿の内容[編集]

ウィルフリッド・ヴォイニッチ

手稿には記号システムが確認されている特殊な文字によって何かの詳細な説明らしき文章が多数並んでおり、ページの上部や左右にはかなり緻密な植物を思わせる彩色画が描かれている。植物の絵が多いが、それ以外にも、銀河星雲などの天体図に見える絵や、精子のように見える絵、複雑な給水配管のような絵、プール浴槽に浸かった女性の絵などの不可解な挿し絵が多数描かれている。

文章を言語学統計的手法で解析した結果、でたらめな文字列ではなく、自然言語人工言語のように確かな意味を持つ文章列であると判断されたものの、現在に至るまで解読できていない。挿し絵の分析から内容を推測する試みもなされたが、これも成功していない。描かれている植物の絵などは実在する植物の精緻なスケッチのようにも見えるが、詳細に調べても描かれているような植物は実在せず、何のためにこれほど詳細な架空の(と考えられる)植物の挿し絵が入っているのか理由は定かでない。また、描かれた人物が全裸であることから、服飾に基づく文化や時代の判定も困難となっている。

暗号の天才と呼ばれ、第二次世界大戦時に数々の暗号を解読した(日本軍パープルコードを解読したことでも知られる)ウィリアム・フリードマン1945年に解読に挑戦したが成功しなかった。フリードマンは暗号というよりも人工言語の類ではないかと示唆している。

レオ・レヴィトフ1987年に出版した著書で、浴槽に浸った女性の絵は12世紀から13世紀頃に南フランスで栄えたカタリ派の「耐忍礼(endura)」の儀式を表しており、また言葉はフラマン語を基にしたクレオール言語で書かれているとした [1]。手稿全体もカタリ派の教義書か関連文書であると主張したが、彼のカタリ派に関する主張には誤謬があることが指摘され、また解読の方法も非常に不自然なで恣意的に原文を再構成できるような方法であり、誤りに過ぎなかったということが確認された[2]

発見当初と初期の暗号解読研究では、画期的な内容が記されている可能性が考えられ、解読に対し大きな期待がかけられた。しかし、現在ではどのような暗号なのかという知的興味と解読することへの知的挑戦において魅力があるが、内容はもし解読できたとしてもそれほど驚くべきものではないだろうという意見が大勢を占めている。例えば、反復する出現パターンに着目し、既存の文字譜(文字で表記された楽譜)との類似性を指摘した見方もある[3]。また、後述のように全くのでたらめであるとの説も有力である。

また、この手稿は一種のアウトサイダー・アートであり、解読しようとする試みそのものが無意味であるとの意見も存在するが、これも仮説の域を出るものではない[4]

歴史と作者[編集]

手稿の執筆時期については分かっていない。2011年アリゾナ大学で行われた放射性炭素年代測定により、手稿に使用されている羊皮紙は1404年 - 1438年頃に作られたことが判明している[5][6]。ただ、執筆時期はさらに後年である可能性もある[7]。 来歴については、手稿カバー内から発見された書簡の内容により、1582年ボヘミア王ルドルフ2世が600ダカット(中世ヨーロッパで用いられた金貨)で購入したことが現在までに判明している最古の記録である。当時は錬金術関連の著作であると見なされていたという。以降何人かの持ち主を転々とし、上記の書簡が書かれた1666年を最後に200年近く所在不明となったが、イタリアに渡り、グレゴリアン大学の所蔵になったと考えられている。1866年イタリアローマ近郊の町フラスカーティにある大邸宅、ヴィラ・モンドラゴーネに収蔵された。1912年に大学が財政難から書籍をいくつか手放すことになった際、ヴォイニッチが他の29冊の写本と共に購入し、以降同書が世に広く知られるようになった。彼の死後、1969年イェール大学付属バイネッキー稀書・写本ライブラリーに寄贈され、現在に至っている。

作者についても諸説あり、分かっていない。イングランドの学者、ロジャー・ベーコンとする説では、挿し絵から見て薬草学に関する何かの知識か見解を宗教的迫害から守るため、非常に特殊な暗号を使って記載したのではないかとしている。イングランド生まれのボヘミア錬金術師エドワード・ケリーとする説では、錬金術に傾倒していたルドルフ2世から金を詐取するため、もしくはライバルだったイングランドの魔術師・錬金術師、ジョン・ディーをかつぐために偽造したとしている。ディーはルドルフ2世の手稿入手の背景にいた人物とされ、偽造ではないとすると、ディーの経歴から「薔薇十字団運動」と何かの関係があるとも考えられている。

フィクション上のヴォイニッチ手稿[編集]

英国の作家・評論家のコリン・ウィルソンの小説『賢者の石』『ロイガーの復活』等は、怪奇小説作家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの「クトゥルー神話」の系譜に属する。ウィルソンはそこで、ヴォイニッチ手稿は、ラブクラフトが創作した想像上の文書である『ネクロノミコン』の写本であったという架空の設定を記している。

ウィルソンの小説のなかでは、暗号に使われた文字はアラビア文字であり、しかし言語はアラビア語ではなくラテン語であったとされる。アラビア文字は右から左へと綴るが、現実のヴォイニッチ手稿は記述されている言語こそ不明ではあるが左から右へと綴られていることはまず間違いない。

ダン・シモンズの長編SF小説『イリアム』とその続編『オリュンポス』では、ヴォイニッチ手稿が重要な役割を果たす。小説中でヴォイニッチ手稿は偽作という設定になっているが、手稿の真偽を確かめるために行なわれた時間旅行実験が大災害を引き起こす。またヴォイニッチにちなんで命名された「ヴォイニックス(Voynix)」という人工生物が登場する。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Levitov, Leo (1987). Solution of the Voynich Manuscript: A Liturgical Manual for the Endura Rite of the Cathari Heresy, the Cult of Isis. Laguna Hills, California: Aegean Park Press.
  2. ^ Stallings, Dennis. "Catharism, Levitov, and the Voynich Manuscript". http://ixoloxi.com. Retrieved 28 November 2014.
  3. ^ ヴォイニッチ手稿はどうみても楽譜” (2013年6月27日). 2013年11月4日閲覧。
  4. ^ ASIOS『謎解き超常現象』彩図社、2009年・94-98頁参照
  5. ^ Mysterious Voynich manuscript is genuine[リンク切れ] - Evidence in 2009 showing that the manuscript is indeed old as had been suspected
  6. ^ University of Arizona announcement of radiocarbon result”. 2015年4月20日閲覧。
  7. ^ UA Experts Determine Age of Book 'Nobody Can Read'”. UAnews (2011年2月9日). 2011年2月15日閲覧。

関連書籍[編集]

  • 『ヴォイニッチ手稿 -そのエレガントな謎』M. E. D'Imperio 著 高橋健 訳(無頼出版、1999年12月)ISBN 4-903077-00-4
  • 『ヴォイニッチ写本の謎』ゲリー・ケネディ、ロブ・チャーチル 著 松田和也 訳(青土社、2005年12月)ISBN 4-7917-6248-7
  • 『ヴォイニッチ手稿 第三次研究グループ(1991-2001年)』高橋健 著(無頼出版、2011年5月)ISBN 978-4-903077-09-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]