ユナイテッド・アボミネイションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユナイテッド・アボミネイションズ
メガデススタジオ・アルバム
リリース 2007年5月9日日本の旗[1]
2007年5月15日アメリカ合衆国の旗
ジャンル ヘヴィメタルスラッシュメタル
時間 47分57秒
レーベル ロードランナー・レコード
プロデュース デイヴ・ムステイン、ジェフ・ボールディング、アンディ・スニープ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(フィンランド[2]
  • 8位(アメリカ)
  • 9位(日本[1]
  • 15位(スウェーデン[3]
  • 17位(オーストリア[4]
  • 21位(ノルウェー[5]
  • 22位(デンマーク[6]
  • 23位(イギリス[7]、オーストラリア[8]
  • 28位(ドイツ[9]
  • 38位(スイス[10]
  • 40位(フランス[11]
  • 41位(メキシコ[12]
  • 49位(オランダ[13]
  • 79位(スペイン[14]
メガデス 年表
狂乱の歴史〜グレイテスト・ヒッツ
(2005年)
ユナイテッド・アボミネイションズ
(2007年)
ザット・ワン・ナイト〜ライヴ・イン・ブエノス・アイレス
(2007年)
テンプレートを表示

ユナイテッド・アボミネイションズ』(United Abominations)は、アメリカ合衆国ヘヴィメタルバンドメガデス2007年に発表したアルバム。スタジオ・アルバムとしては11作目。

解説[編集]

ロードランナー・レコード移籍第1弾アルバム。前スタジオ・アルバム『ザ・システム・ハズ・フェイルド』(2004年)発表後のツアーに参加したグレン・ドローヴァーショーン・ドローヴァー、2006年3月に加入したジェイムズ・ロメンゾ(元ブラック・レーベル・ソサイアティ)を迎えた編成で録音された[15]

「ギアーズ・オヴ・ウォー」は、まだ歌詞ができていなかった段階のヴァージョンが、Xbox 360用のビデオゲーム『Gears of War』に提供された[16]。「ア・トゥー・ル・モンド」は、アルバム『ユースアネイジア』(1994年)収録曲のセルフ・カヴァーで、リサ・マリー・プレスリーがゲスト参加する予定もあったが[17]、最終的にはラクーナ・コイルクリスティーナ・スカビアがゲスト・ボーカリストとして参加した。「アメリカスタン」は、テレビドラマ24 -TWENTY FOUR-』にインスパイアされた楽曲[18]

先行発売された日本盤CDには、レッド・ツェッペリンのカヴァー「アウト・オン・ザ・タイルズ」がボーナス・トラックとして収録された。バンドは、レコーディング中にジョン・ボーナムドラムセットをレンタルしたことがきっかけで、レッド・ツェッペリンのカヴァーを録音することにしたという[15]

バンドの母国アメリカでは、『クリプティック・ライティングス』(1997年)以来10年ぶりに、Billboard 200でのトップ10入りを果たした[19]

収録曲[編集]

特記なき楽曲は作詞・作曲ともにデイヴ・ムステインによる。

  1. スリープウォーカー - Sleepwalker - 5:53
  2. ワシントン・イズ・ネクスト! - Washington Is Next! - 5:19
  3. ネヴァー・ウォーク・アローン〜ア・コール・トゥ・アームズ - Never Walk Alone... A Call to Arms - 3:54
    • 作詞・作曲:デイヴ・ムステイン、グレン・ドローヴァー
  4. ユナイテッド・アボミネイションズ - United Abominations - 5:35
  5. ギアーズ・オヴ・ウォー - Gears of War - 4:26
  6. ブレスト・アー・ザ・デッド - Blessed Are the Dead - 4:02
  7. プレイ・フォー・ブラッド - Play for Blood - 3:49
  8. ア・トゥー・ル・モンド - À Tout le Monde (Set Me Free) - 4:11
  9. アメリカスタン - Amerikhastan - 3:43
  10. ユーアー・デッド - You're Dead - 3:18
  11. バーント・アイス - Burnt Ice - 3:47

日本盤ボーナス・トラック[編集]

  1. アウト・オン・ザ・タイルズ - Out on the Tiles - 4:03

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・ミュージシャン

脚注[編集]