ニック・メンザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニック・メンザ(Nick Menza, 1964年7月23日 - )は、アメリカ合衆国ドラマー。1989年から1999年までメガデスに所属していた。

ジャズ・サックス奏者、ドン・メンザの息子として生まれ、2歳の頃よりドラムの演奏を始める。なお、当時父親が軍隊に所属していた都合で、出生地はミュンヘンである。18歳になってから、音楽活動を本格的に始め、ランディ・ローズの実弟のバンドやジョン・フォガティなど、ジャズR&Bファンクなど様々ジャンルでの活動を経て、やがて、オーディションの結果、解雇されたチャック・ビーラーの後任としてメガデスに加入し、彼らの黄金時代を支えた。

しかし、1998年に重度のの故障により、リハビリ生活を送ることになり、音楽活動の休止を強いられる。これに伴い、メガデスのライブツアーの出演は一切キャンセルとなり、代役としてジミー・デグッラソが迎えられる。ところが、ニックの復帰が待たれることなく、そのままジミーが正式なメンバーに昇格したため、これに伴い、バンドを解雇された。

2004年にメガデスが再結成されると、ライブツアーに参加したため、彼の復帰が一時期噂されたが、結果的に「準備不足」を理由に解雇され、バンドの復帰はかなわなかった[1]

その後は、ソロ活動と並行しながら、Orphaned to Hatredという地元・ロサンゼルスで活動するバンドに参加したが、このバンドも2010年をもって離脱してしまっている[2]

現在は、DeltanautとMenzaという2つのソロバンドで活動している。

出典[編集]