ラスト・イン・ピース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラスト・イン・ピース
メガデススタジオ・アルバム
リリース 1990年9月24日
ジャンル スラッシュメタル
レーベル キャピトル・レコード
プロデュース デイヴ・ムステインマイク・クリンク
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 23位(全米)
  • 8位(全英)
メガデス 年表
ソー・ファー、ソー・グッド…ソー・ホワット!
(1988年)
ラスト・イン・ピース
(1990年)
破滅へのカウントダウン
(1992年)
テンプレートを表示

ラスト・イン・ピース(Rust In Peace)は、メガデス1990年に発表したアルバム。

解説[編集]

通算4作目に当たり、マーティ・フリードマンニック・メンザの在籍時としては第一弾。メガデスは、以後10年に渡って同じラインナップで活動していく。ガンズ・アンド・ローゼズとの仕事で知られるマイク・クリンクを共同プロデューサーに起用。

1991年にグラミー賞ベスト・メタル・パフォーマンス部門にノミネートされ、翌年にはシングル曲「ハンガー18」が、やはり同賞のベスト・メタル・パフォーマンス部門にノミネートされる[1]

収録曲[編集]

  1. ホリー・ウォーズ...ザ・パニッシュメント・デュー - Holy Wars...The Punishment Due(Mustaine)
  2. ハンガー18 - Hangar 18(Mustaine)
  3. テイク・ノー・プリズナーズ - Take No Prisoners(Mustaine)
  4. ファイヴ・マジックス - Five Magics(Mustaine)
  5. ポイズン・ワズ・ザ・キュア - Poison Was The Cure(Mustaine)
  6. ルクレチア - Lucretia(Mustaine/Ellefson)
  7. トルネード・オブ・ソウルズ - Tornado Of Souls(Mustaine/Ellefson)
  8. ドーン・パトロール - Dawn Patrol(Ellefson/Mustaine)
  9. ラスト・イン・ピース...ポラリス - Rust In Peace...Polaris(Mustaine)

2004年に再発されたリマスター版には、上記の9曲に加え、未発表曲「My Creation」と、「Rust In Peace...Polaris」「Holy Wars...The Punishment Due」「Take No Prisoners」のデモ・トラックが収録されている。ちなみにこれらのデモ・トラックでは、マーティ・フリードマンのギター・パートを、初期メガデスのメンバーだったクリス・ポーランドが弾いており、オリジナル版とはギターソロやテンポの速さ、歌詞などが微妙に異なる場合がある。

レコーディングメンバー[編集]

脚注[編集]