マラカイ・キットリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マラカイ・キットリッジMalachi Jeddidah Kittridge,1869年10月12日 - 1928年6月23日)はアメリカ合衆国の元メジャーリーグ選手。ポジションは捕手。右投げ右打ち。打者としては良いといえる成績は残せなかったものの、メジャーリーグ屈指の強肩を持っていたことで知られていた。

1904年ワシントン・セネタース選手兼任監督となるが、開幕から17試合で1勝16敗とスタートにつまずき、監督はパトシー・ドノバンに代えられた。その年セネタースが38勝113敗と大きく負け越す要因を作ってしまった。

1906年途中クリーブランド・ナップスにトレードされたが、そこでは5試合にしか出場できず、その年引退。

1928年インディアナ州ゲーリーで死去(58歳)。

所属球団[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

選手情報 Baseball-Reference