ワシントン・セネタース (1891-1899年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ここでは、1891年から1899年にかけて、ワシントンD.C.を本拠地としてアメリカン・アソシエーションナショナルリーグに加盟していたワシントン・セネタースWashington Senators)について記述する。

球団史[編集]

1891年にアメリカン・アソシエーションに加盟、この年は「ワシントン・ステイツメン」と名乗っていた。メンバーとして固定していたのは捕手のディーコン・マクガイアを初め数人で、多くの選手が入れ替わりながらシーズンをこなしていた。1891年のセネタースでは、それまで活躍してきたポール・ハインズポップ・スナイダーフレッド・ダンラップなどの選手も在籍していたが、いずれも1891年のセネタースを最後に現役を引退している。この年アメリカン・アソシエーションが解体されると、セネタースはナショナルリーグに移った。

1892年にナショナルリーグに移ってから、チームは「セネタース」と名乗るようになる。しかしリーグを移ってからもチームの勝率は3割台となかなか勝てなかった。1892年のシーズン終盤になって、セネタースはニューヨーク・ジャイアンツからジム・オルークを獲得、チームの再建を託して1893年に兼任監督に据えたが効果はなかった。前年に29勝26敗の成績を残した主力投手フランク・キレンをピッツバーグにトレードに出した後で、1892年に3点台半ばだったチームの防御率はこの年5点台半ばまで悪化、チームは12球団中の最下位に終わった。

その後監督はガス・シュメルツに交替するが投手陣の整備に時間がかかり、1895年にようやく控え投手のアル・マウルが16試合に登板して、この年の最優秀防御率を記録する好投を見せるなどした。チームはシュメルツの元少しずつ成績を上げ、1897年シーズンにはチーム最高の6位までなった。ただこの年序盤で大きく負け越したため、シュメルツはシーズン途中で監督を交代させられている。

翌1898年シーズンも序盤につまづき、前年チームの勝ち星を延ばした監督のトム・ブラウンを早々に交替させてしまう。しかしチームはシーズン終盤に14連敗するなど勝率を再び3割台に下げてしまった。結局セネタースは9年間活動したが勝ち越したシーズンが1度もなかった。1899年ナショナルリーグは参加球団の縮小策(12球団→8球団)を打ち出し、それに伴ってセネタースは削減対象となり同年解散した。

戦績[編集]

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1891年 AA 139 44 91 .326 9位 サム・トロット
ポップ・スナイダー
ダン・シャノン
サンディ・グリフィン
Boundary Field
1892年 NL 153 58 93 .384 10位 ビリー・バーニー
アーサー・アーウィン
ダニー・リチャードソン
1893年 130 40 89 .310 12位 ジム・オルーク
1894年 132 45 87 .341 11位 ガス・シュメルツ
1895年 133 43 85 .336 10位 ガス・シュメルツ
1896年 133 58 73 .443 9位 ガス・シュメルツ
1897年 135 61 71 .462 6位 ガス・シュメルツ
トム・ブラウン
1898年 155 51 101 .336 11位 トム・ブラウン
ジャック・ドイル
ディーコン・マクガイア
アーサー・アーウィン
1899年 155 54 98 .355 11位 アーサー・アーウィン

所属した主な選手[編集]

主な球団記録[編集]

  • 通算安打数:990(ディーコン・マクガイア)
  • 通算本塁打:42(ビリー・ジョイス)
  • 通算打点数:502(ディーコン・マクガイア)
  • 通算盗塁数:172(キップ・セルバック)
  • 通算勝利数:95(ウィン・マーサー)
  • 通算奪三振:421(ウィン・マーサー)

出典・外部リンク[編集]