ルイビル・カーネルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイビル・カーネルズLouisville Colonels)は、1882年から1899年にかけて、ケンタッキー州ルイビルを本拠地としてアメリカン・アソシエーションナショナルリーグに加盟していたプロ野球チーム。

球団史[編集]

1882年にアメリカン・アソシエーションが創設されたのに合わせてチームが結成された。最初の2年は「ルイビル・エクリプス」と名乗り、1884年から「ルイビル・カーネルズ」を名乗るようになる。1年目はピート・ブラウニングが打率.378でリーグの首位打者になるなど活躍、チームはリーグ2位の成績を収める。1884年には主力投手だったガイ・ヘッカーがシーズン52勝、最優秀防御率と最多奪三振の投手三冠の活躍をするなどしたが、チームは優勝には手が届かなかった。

1889年シーズンは投手陣が不調で27勝111敗と惨敗を喫してしまう。しかし翌1890年プレイヤーズ・リーグ創設に伴って各チームの主力選手が大量に移籍、相手チームの戦力が大きく落ちたことが幸いし、カーネルズは初めてのリーグ優勝を果たす。しかしプレイヤーズ・リーグが1年で解体すると、チームの成績も再び低迷するようになった。

1892年以降はナショナルリーグに参加したが、1894年から3年連続最下位など低迷が続いた。1899年、カーネルズの球団オーナーとなったバーニー・ドレイファスは、ピッツバーグ・パイレーツの株式を買いカーネルズの主力選手をパイレーツに移籍させる。ドレイファス自身は当初パイレーツとカーネルズの運営の掛け持ちをしようとしたが、同年本拠地だったエクリプス・パークが火災で焼失し、カーネルズは活動ができなくなってパイレーツに吸収された(同年解散とする資料もある)。

戦績[編集]

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1882年 AA 80 42 38 .525 2位 デニー・マック Eclipse Park I
1883年 98 52 45 .536 5位 ジョー・ガーハート
1884年 110 68 40 .630 3位 マイク・ウォルシュ
1885年 112 53 59 .473 6位 ジム・ハート
1886年 138 66 70 .485 4位 ジム・ハート
1887年 139 76 60 .559 4位 キック・ケリー
1888年 139 48 87 .356 7位 キック・ケリー
モーデカイ・デビッドソン
ジョン・ケリンズ
1889年 140 27 111 .196 8位 デュード・エスターブルック
チキン・ウルフ
ダン・シャノン
ジャック・チャップマン
1890年 136 88 44 .667 1位 ジャック・チャップマン
1891年 139 54 83 .394 8位 ジャック・チャップマン
1892年 NL 154 63 89 .414 9位 ジャック・チャップマン
フレッド・フェファー
1893年 126 50 75 .400 11位 ビリー・バーニー Eclipse Park II
1894年 131 36 94 .277 12位 ビリー・バーニー
1895年 133 35 96 .267 12位 ジョン・マクロスキー
1896年 134 38 93 .290 12位 ジョン・マクロスキー
ビル・マクガニグル
1897年 136 52 78 .400 11位 ジム・ロジャース
フレッド・クラーク
1898年 154 70 81 .464 9位 フレッド・クラーク
1899年 156 75 77 .493 9位 フレッド・クラーク

所属した主な選手[編集]

投手
野手

主な球団記録[編集]

球団記録
  • アメリカン・アソシエーション優勝:1回(1890年)
打撃記録
  • 通算安打数:1438(チキン・ウルフ)
  • 通算本塁打:34(ピート・ブラウニング、フレッド・クラーク)
  • 通算打点数:592(チキン・ウルフ)
  • 通算盗塁数:245(フレッド・クラーク)
  • サイクル安打1886年8月8日1889年6月7日(ピート・ブラウニング)
投手記録
  • 通算勝利数:173(ガイ・ヘッカー)
  • 通算奪三振:1225(トード・ラムジー)
  • 無安打試合

出典・外部リンク[編集]