マウリシオ・ショーグン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マウリシオ・ショーグン
MauricioRua.png
基本情報
本名 マウリシオ・ミラーニ・フア
(Mauricio Milani Rua)[1]
通称 踏みつけ大将軍
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1981年11月25日(33歳)
出身地 パラナ州クリチバ
所属 シュートボクセ・アカデミー
ユニバーシダデ・ダ・ルタ/キングスMMA
身長 183cm
体重 93kg
リーチ 193cm
階級 ライトヘビー級
スタイル ムエタイ
テーマ曲 Sail
(Armin van Buuren)
テンプレートを表示

マウリシオ・"ショーグン"・フアMauricio "Shogun" Rua、男性、1981年11月25日 - )は、ブラジル総合格闘家パラナ州クリチバ出身。ユニバーシダデ・ダ・ルタ/キングスMMA所属。ブラジリアン柔術黒帯。元UFC世界ライトヘビー級王者。PRIDE GRANDPRIX 2005優勝。

卓越したムエタイ技術とシュートボクセ・アカデミー仕込みの強烈なラッシュ力、無尽蔵のスタミナで休むことなく攻め続ける。さらに関節技も得意としている。倒れた相手の顔面を踏みつける必殺技を持ち、「踏みつけ大将軍」の異名を持つ。

かつての同門ヴァンダレイ・シウバがPRIDE王者であった時に「俺よりもショーグンの方が強い」と言わしめた強さを誇る。

総合格闘家のムリーロ・ニンジャは実兄。

来歴[編集]

兄ニンジャの影響で16歳から格闘技を始めた。格闘家になる前はモデルをしていた[2]

2002年にブラジルの総合格闘技大会Meca World Vale Tudoでグレイシー・バッハのカポエイラを相手にプロデビュー。アグレッシブなラッシュでKO勝利。同大会では3連勝し、エヴァンゲリスタ・サイボーグに打撃で追込まれるも逆転KOで勝利している。2003年9月6日には出場予定であった小路晃に変わりIFCライトヘビー級トーナメントに出場、1回戦の対戦相手の予定はパウロ・フィリオだったが、パウロが大会に現れず、代打で出場したムンジアル覇者のエリック・ヴァンダレイに立技でも寝技でも果敢に攻め勝利する。準決勝では優勝したレナート・ババルに経験の差で敗れ、キャリア初黒星を喫した。

PRIDE[編集]

2003年10月5日、先に日本で活躍していた兄ムリーロ・ニンジャに続いてPRIDEデビューし、PRIDE 武士道小路晃と対戦。ベテラン小路の寝技に持ち込まれるシーンもあったものの、最後は得意の打撃で押し切りTKO勝ち。

小路戦を含めて日本人4連戦を全勝し、シウバの如く「日本人キラー」ぶりを発揮。

2005年4月23日、PRIDE GRANDPRIX 2005 開幕戦で前GP準優勝の強豪クイントン・"ランペイジ"・ジャクソンと対戦、強烈な膝蹴りでジャクソンの肋骨骨折に追い込み、さらに猛打を浴びせTKO勝ち。兄のニンジャに判定勝ちしていたジャクソンにリベンジした。

2005年6月26日の2回戦では、アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラと対戦。得意の踏みつけをホジェリオの長い脚で阻止されスタンドでも劣勢に立たされるも、テイクダウンと強烈なパウンドを駆使して判定勝ち。お互いの打投極が発揮され、激闘となったこの試合は、同年のPRIDEオフィシャルウェブサイトの年間ベストバウト投票にて3位に選ばれた。

2005年8月28日、準決勝アリスター・オーフレイムとの新鋭対決を1RTKO勝ちで制し、アリスターを病院送りに追い込んだ。決勝では兄弟子ヴァンダレイ・シウバを破ったヒカルド・アローナと対戦。1R2分53秒踏みつけからのパウンドでKO勝ち。23歳でPRIDEミドル級GPを制した。このヒカルド・アローナ戦で、オモプラッタを仕掛けたことが評価され、ブラジリアン柔術の黒帯を授与されている。

2006年2月27日、PRIDE.31マーク・コールマンと対戦、タックルを受けた際に受身を取りそこね、肘を脱臼し49秒で敗TKO負けを喫した。

2006年9月10日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦のワンマッチで半年振りに復帰。ザ・スネークと対戦し、スタンドでは長いリーチに苦しめられるが、グラウンドでの踏みつけでTKO勝ち。

2006年10月21日、PRIDE初の海外開催となったPRIDE.32ケビン・ランデルマンと対戦。テイクダウンを奪われるも、粘り強く足関節を狙い、膝十字固めで一本勝ち。

2007年2月24日、PRIDE.33アリスター・オーフレイムと再戦。猪木アリ状態からのパウンドで失神TKO勝ち。

2007年9月1日、理学療法士の女性と結婚。

UFC[編集]

2007年9月22日、UFC初参戦となったUFC 76フォレスト・グリフィンと対戦し、序盤は試合を優位に進めるも、徐々に失速。3R終了間際にチョークスリーパーで一本負けを喫した。

2007年10月3日、UFC 76以前の練習で断裂していた左膝前十字靭帯の手術を行った。

2007年12月、シュートボクセ・アカデミーを離脱し、ムリーロ・ニンジャアンドレ・ジダらと共に新チーム「ユニバーシダデ・ダ・ルタ」を結成した[3]

2008年6月7日のUFC 85チャック・リデルとの対戦が予定されていたが、手術した左膝前十字靭帯を再び痛めてしまい、欠場となった[4]

2009年1月17日、UFC 93で1年4か月ぶりとなる復帰戦でマーク・コールマンと対戦し、右アッパーでTKO勝ちを収め[5]、PRIDE時代のリベンジを果たすと共にファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。しかし、全盛期を過ぎて衰えたコールマン相手にテイクダウンを奪われ、スタミナ切れをおこした末の勝利とあってファンや専門家からは酷評される事となった。

2009年4月18日、UFC 97チャック・リデルにパウンドでTKO勝ちし[6]、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年10月24日、UFC 104でUFC世界ライトヘビー級王者リョート・マチダに挑戦し、3者とも47-48という僅差の判定負けで王座獲得ならず[7]

物議を醸した前回の判定結果を踏まえて2010年5月8日、UFC 113にてリョート・マチダとの再戦が実現。右クロスカウンターでダウンを奪い、追撃のパウンドで1RKO勝ちを収めてUFC世界ライトヘビー級王座を獲得した[8]

2011年3月19日、UFC 128のUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチでジョン・ジョーンズと対戦し、3RTKO負けを喫して王座から陥落した[9]

2011年11月19日、UFC 139ダン・ヘンダーソンと対戦。5Rに渡る死闘を繰り広げた末に判定負けを喫した。この試合でファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得した。

2012年12月8日、UFC on FOX 5アレクサンダー・グスタフソンと対戦し、大差の判定負け。

2013年8月17日、UFC Fight Night: Shogun vs. Sonnenチェール・ソネンと対戦。グラウンドで圧倒され、1R終了間際にギロチンチョークで一本負け。

2013年12月6日、UFC Fight Night: Hunt vs. Bigfootジェームス・テフナと対戦し、左フックでKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年3月23日、UFC Fight Night: Shogun vs. Henderson 2でライトヘビー級ランキング8位のダン・ヘンダーソンと再戦し、パウンドでTKO負け。

人物・エピソード[編集]

  • 兄弟は兄ムリーロ・ニンジャの他に弟がいる。弟のニックネームはショーリン(少林)。
  • 日本の雑誌(格闘技通信)のインタビューを受けるまで、将軍が忍者より上位であることを知らなかった。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
32 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
22 19 1 2 0 0 0
10 4 3 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× オヴィンス・サンプルー 1R 0:34 KO(左フック→パウンド) UFC Fight Night: Shogun vs. St. Preux 2014年11月8日
× ダン・ヘンダーソン 3R 1:31 TKO(右フック→パウンド) UFC Fight Night: Shogun vs. Henderson 2 2014年3月23日
ジェームス・テフナ 1R 1:03 KO(左フック) UFC Fight Night: Hunt vs. Bigfoot 2013年12月7日
× チェール・ソネン 1R 4:47 ギロチンチョーク UFC Fight Night: Shogun vs. Sonnen 2013年8月17日
× アレクサンダー・グスタフソン 5分3R終了 判定0-3 UFC on FOX 5 2012年12月8日
ブランドン・ヴェラ 4R 4:09 TKO(パウンド) UFC on FOX 4 2012年8月4日
× ダン・ヘンダーソン 5分5R終了 判定0-3 UFC 139: Shogun vs. Henderson 2011年11月19日
フォレスト・グリフィン 1R 1:53 KO(右フック→パウンド) UFC 134: Silva vs. Okami 2011年8月28日
× ジョン・ジョーンズ 3R 2:37 TKO(膝蹴り) UFC 128: Shogun vs. Jones
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2011年3月19日
リョート・マチダ 1R 3:35 KO(右フック→パウンド) UFC 113: Machida vs. Shogun 2
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2010年5月8日
× リョート・マチダ 5分5R終了 判定0-3 UFC 104: Machida vs. Shogun
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2009年10月24日
チャック・リデル 1R 4:28 TKO(左フック→パウンド) UFC 97: Redemption 2009年4月18日
マーク・コールマン 3R 4:36 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 93: Franklin vs. Henderson 2009年1月17日
× フォレスト・グリフィン 3R 4:45 チョークスリーパー UFC 76: Knockout 2007年9月22日
アリスター・オーフレイム 1R 3:37 TKO(パウンド) PRIDE.33 "SECOND COMING" 2007年2月24日
中村和裕 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU- 2006年12月31日
ケビン・ランデルマン 1R 2:35 膝十字固め PRIDE.32 "THE REAL DEAL" 2006年10月21日
ザ・スネーク 1R 5:29 TKO(踏みつけ) PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦 2006年9月10日
× マーク・コールマン 1R 0:49 TKO(肘の負傷) PRIDE.31 Dreamers 2006年2月26日
ヒカルド・アローナ 1R 2:54 KO(パウンド) PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦
【決勝】
2005年8月28日
アリスター・オーフレイム 1R 6:42 TKO(マウントパンチ) PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦
【準決勝】
2005年8月28日
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND
【2回戦】
2005年6月26日
クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン 1R 4:47 TKO(サッカーボールキック) PRIDE GRANDPRIX 2005 開幕戦
【1回戦】
2005年4月23日
金原弘光 1R 1:40 TKO(サッカーボールキック) PRIDE.29 SURVIVAL 2005年2月20日
滑川康仁 1R 6:02 TKO(パウンド) PRIDE 武士道 -其の伍- 2004年10月14日
郷野聡寛 1R 9:04 KO(サッカーボールキック) PRIDE 武士道 -其の弐- 2004年2月15日
小路晃 1R 3:47 TKO(スタンドパンチ連打) PRIDE 武士道 2003年10月5日
× レナート・ババル 3R 3:07 フロントチョーク IFC: Global Domination
【ライトヘビー級トーナメント 準決勝】
2003年9月6日
エリック・ヴァンダレイ 2R 2:54 TKO(パンチ連打) IFC: Global Domination
【ライトヘビー級トーナメント 1回戦】
2003年9月6日
エヴァンゲリスタ・サイボーグ 1R 9:22 TKO(マウントパンチ) Meca World Vale Tudo 9 2003年8月1日
アンジェロ・アントニオ 1R 0:55 TKO(サッカーボールキック) Meca World Vale Tudo 8 2003年5月16日
ハファエル・カポエイラ 1R 4:00 KO(右ハイキック) Meca World Vale Tudo 7 2002年11月8日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前優勝者
ヴァンダレイ・シウバ
PRIDE GP 2005ミドル級トーナメント優勝

2005年8月5日

次優勝者
N/A
前王者
リョート・マチダ
第11代UFC世界ライトヘビー級王者

2010年5月8日 - 2011年3月19日

次王者
ジョン・ジョーンズ