ペカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペカは、北イスラエル王国の第18代の王である。名前はヘブライ語で「開く」という意味である。

治世[編集]

50人のギルアデ人と共謀してペカフヤを暗殺して、イスラエルの第18代の王に即位した。

シリア・エフライム戦争[編集]

ペカはダマスコ(アラム)のレツィン英語版と反アッシリア同盟を結成した。メナヘムとペカフヤの親アッシリア政策、アッシリヤへの貢物と税金に対する反発があったと思われる。ペカとレツィンはユダの王ヨタムアハズにも加盟を要請したが、拒絶されたのでエルサレムを攻撃した。

預言者イザヤはペカとレツィンの滅亡を告げた。彼らを恐れずに、アッシリアに信頼してはならないとアハズ王に忠告した。

アハズはイザヤの預言を無視し、ティグラト・ピレセル3世に使者を送って援助を求めた。その結果、アッシリア軍の侵攻を受けてダマスコが滅ぼされ(紀元前736年 - 紀元前732年)、北イスラエルも侵略された。

ペカはエラの子ホセアに暗殺された。イスラエルは紀元前722年にアッシリアの属州になった。

参考文献[編集]

  • 「新聖書辞典」いのちのことば社、1985年
執筆の途中です この項目「ペカ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。