エラ (イスラエル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エラは、北イスラエル王国のバシャ王朝の最後の王である。

バシャの後を継いで即位した。彼がティルツァにあった高官の家で祝宴の宴にあった時に、軍団のジムリが謀反を起こしてエラを殺害し、バシャ王朝を滅ばした。

列王記」の記述によると、バシャ王朝の滅亡の理由は偶像礼拝に対する神の怒りであると言われる。

参考文献[編集]

  • 『新聖書辞典』いのちのことば社、1985年


執筆の途中です この項目「エラ (イスラエル王)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。