アハズヤ (ユダ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アハズヤは、ユダ王国の第6代の王である。

生涯[編集]

母は北イスラエル王国オムリ王の孫娘アタルヤである。父ヨラムが病没する前から摂政を務め、紀元前841年頃に父の病没に伴い22歳で王となった。

北イスラエル王国のヨラム王と共にラモテ・ギルアデアラム人と戦ったが、ヨラムは負傷して、イズレエルに敗走した。そこで、アハズヤがヨラムの見舞いにイズレエルの夏の王宮に滞在した。その時にエフーがヨラムに対して起こした謀反に巻き込まれ、アハズヤはサマリヤに逃れたが、更に追撃されてメギドで死んだ。

ヨシャファトに対する敬意から、エルサレムで王としての埋葬をされた。

ユダ王国の継承権を持った子がいなかったので、アタルヤが王位を継承して第7代の王に即位した。

参考文献[編集]

  • 『新聖書辞典』いのちのことば社、1985年
  • サムエル・シュルツ『旧約聖書概観』、聖書図書刊行会、1974年
執筆の途中です この項目「アハズヤ (ユダ王)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。