メギド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メギド

メギド (ヘブライ語: מגידו‎) はイスラエルにある丘であり、神学的、歴史的、地勢的な理由により知られている。古代においてメギドは有力な都市国家であり、この地をイエス率いる光の勢力とサタンや反キリスト的集団による闇の勢力が最終決戦を行うハルマゲドンの地であると、聖書から解釈している者もいる。

地理[編集]

26層の古代からの遺跡が積み重なっている。

イズレル (Jezreel Valley) の谷の南西、カルメル山を通る道の先端、地中海側に位置している。

歴史[編集]

メギドは古代世界において重要な場所であり、エジプトアッシリアメソポタミア)の交易ルートを支配していた。こういった主要なルートの交点に位置することにより、メギドやその周辺地域は歴史を通して様々な大きな戦闘を経験している。この地には紀元前7000年から紀元前500年まで居住者がいた。

1478BCにエジプトの王トトメス3世がこの地において戦争(メギドの戦い)を行ったことにより、古代エジプト人によってこの地を言及する記録が存在する。 上エジプトにあるトトメス3世の神殿にはヒエログリフで詳細に、この戦争について描かれている。 聖書には海の道 (Derekh Ha Yam) の名で登場し、ローマ帝国時代には重要な戦略路として位置づけられ、ウィア・マリス(Via Maris) として知られるようになった。

現在のメギドは古代メギドから少し離れたところにある。近接するメギド山 (Har-Megiddo) はハルマゲドンの語源となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]