ペカフヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペカフヤは、北イスラエル王国の第17代の王である。名前はヘブライ語で「ヤハウェは目を開いた」という意味である。

紀元前741年に父メナヘムの死去に伴い即位した。ペカフヤは父の親アッシリア政策を継承したが、2年後に反アッシリヤ派の侍従ペカに、アルゴブとアルエと共に殺害された。

ペカフヤはダンとベテルで偶像礼拝を国策として推進した。預言者ホセアはペカフヤ時代の偶像礼拝を非難している。

参考文献[編集]

  • 「新聖書辞典」いのちのことば社、1985年
  • サムエル・シュルツ「旧約聖書概観」、1974年
執筆の途中です この項目「ペカフヤ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。