アハズヤ (イスラエル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アハズヤは、北イスラエル王国の第8代の王である。名前の意味は「ヤハウェが握られる」である。

生涯[編集]

サマリヤで父アハブの後を継いで前853年頃即位する。アハズヤはヨシャパテと同盟を結び、金を得るために船団をオフィルに派遣したが失敗した。父アハブの死後にモアブが謀反を起こしたが、アハズヤには何も出来なかった。

サマリヤの欄干から落ちたときに、バアル・ゼブブに使者を遣わして、病気が治るかどうかを尋ねたが、その使者は途中で預言者エリヤに出会い、神の裁きにより王が死ぬことを告げた。アハズヤ王はエリヤを捕らえようと3度も軍隊を遣わしたが失敗し、即位から2年でエリヤの預言通りに死んだ。

参考文献[編集]

  • 「新聖書辞典」いのちのことば社、1985年


執筆の途中です この項目「アハズヤ (イスラエル王)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。