アビヤム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アビヤムは、ユダ王国の第2代の王。『歴代誌下』12章16節ではアビヤと呼ばれている。

レハブアムの子で、母がソロモンの異母兄アブサロムの孫娘マアカ(ミカヤ)であるため、アブサロムの曾孫でもある。紀元前913年に即位し、紀元前910年までエルサレムで統治した。彼には14人の妻と22人の息子、16人の娘がいた。

アビヤの生涯は神にそむいた生涯だったが、ダビデ王の功績の故に、ダビデの町に葬られた。

参考文献[編集]

執筆の途中です この項目「アビヤム」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。