ジムリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジムリは、北イスラエル王国の第5代の王である。クーデターにより王位を奪取し、オムリに謀殺されるまで7日間だけ在位した。

ジムリは先代の王エラの配下で、戦車隊の半分の隊長であった。ティルツァで王が酒に酔っている時に王を殺害して王位を略奪し、バシャの家系を粛清した。

しかし在位7日後に、オムリが民主の支持を受けてエラを攻撃した。エラは宮殿に火を放って自害した。イゼベルはジムリを「主君殺しのジムリ」と罵った。

参考文献[編集]

  • 「新聖書辞典」いのちのことば社、1985年