ヨアシュ (ユダ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨアシュは、ユダ王国の第8代の王である。

生涯[編集]

アハズヤの子として生まれる。アハズヤ王がイエフに殺されると、アハズヤの母アタルヤが女王になり、自分の地位を脅かすダビデの王家の者を謀殺した。

しかし、アハズヤの姉妹で大祭司エホヤダの妻となっていたエホシェバによって、ヨアシュとその乳母が助け出された。ヨアシュは6年間、主の宮にかくまわれて大祭司夫妻に保護され、養育された。ヨアシュが7歳になった時に、大祭司エホヤダが軍隊を味方に就けてクーデターを起こし、アタルヤを捕らえて処刑してヨアシュを即位させた。エホヤダは、宗教的政治的な契約を民に結ばせて、主と新王ヨアシュに対する忠誠を誓わせた。ユダの国民はバアルの宮と祭壇の像を破壊した。ヨアシュは、エホヤダと共に賢明な政治を行った。

だが、エホヤダの死後、ヨアシュとユダの国民は神に背いて、アシェラと偶像に仕えた。エホヤダの子ゼカリヤがヨアシュの罪を責めたが、ユダの国民がヨアシュの命令によりゼカリヤを殺害した。直後、アラムの王ハザエルがユダ王国を侵略してエルサレムを陥落させ、主の宮の宝物を略奪した。

ヨアシュはやがて家来達から信頼を失い、ついには謀反を起こされ、病床にあったところを殺害された。ヨアシュの遺体はダビデの町に葬られたが、王の墓には埋葬されなかった。息子アマツヤが王になり、父ヨアシュを殺害した家来を処刑したが、その家来の子供たちの命は助けた。

参考文献[編集]

執筆の途中です この項目「ヨアシュ (ユダ王)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。