ヨアシュ (イスラエル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨアシュは、北イスラエル王国第12代の王で、エフー(イエフ)王朝第3代の王である。ヨアシとも表記する。

生涯[編集]

エホアハズの子として生まれ、紀元前798年に王位に就いて16年間王位にあった。彼もヤロブアム王の偶像礼拝の伝統を継承した。

預言者エリシャが病床いたヨアシュに弓を射るように命じた。そして、アラムに3回勝つことを預言した。祖父エフー、父エホアハズの時に領土の一部がアラムに奪われていたが、アッシリアがこのアラムを征服するようになり、アラムがアッシリヤに過酷な貢物を課せられて国力の衰えた時に、ヨアシュはアラムのベン・ハダデと戦って、奪われていた領土を取り返した。

ヨアシュはまた、ユダ王国アマツヤの挑戦に応じ、ベテ・シェメシュの戦いでユダに大勝してアマツヤを捕らえ、エルサレムに進撃して、神殿の財宝と人質をとってサマリアに凱旋した。

参考文献[編集]

  • 「新聖書辞典」いのちのことば社、1985年


執筆の途中です この項目「ヨアシュ (イスラエル王)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。