ホセア (イスラエル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホセアは、北イスラエル王国の第19代、最後の王である。ホシェアとも表記される。

治世[編集]

紀元前731年にアッシリアティグラト・ピレセル3世の臣として王位についた。ホセアの支配圏はエフライムの高原地帯に限られていた。紀元前734年のシリア・エフライム戦争英語版に敗北して以来、ガリラヤヨルダンの東地域はアッシリアの支配下にあった。ティグラト・ピレセル3世はこの一連の西進でメギドを征服し、ガリラヤ地方の諸州の行政的首都として用いた。

紀元前727年にティグラト・ピレセル3世が死んだ時、その後継者のシャルマネセル5世が広大な領土を維持できないであろうと考えたホセアは、エジプト王ソ[1]英語: So)の支援を頼りにして貢納を停止した。しかし、シャルマネセル5世はイスラエルを攻撃して、紀元前725年にサマリヤを包囲した。ホセアは3年間アッシリア軍に抵抗したが、紀元前722年に降伏した。ここに北イスラエル王国は滅亡した。

紀元前720年、シャルマネセル5世が死去したためアッシリア軍が一時撤退すると、イスラエルでは王を戴かずに反乱が起こったが、シャルマネセル5世の後継者サルゴン2世によって平定された(カルカルの戦いポーランド語版)。

アッシリアの移住政策によって、イスラエル人はペルシア地方に連れて行かれた。アッシリアの碑文によると、サルゴン2世による捕囚は2万8千人近くに上った。代わってバビロンからの移民がサマリヤに定住して、旧北イスラエル王国はアッシリアの一属州になった。

脚注[編集]

  1. ^ エジプト第24王朝テフナクト1世英語版、またはエジプト第22王朝オソルコン4世英語版等いくつかの説があるが未解決問題である。

参考文献[編集]

  • 「新聖書辞典」いのちのことば社、1985年
  • サムエル・シュルツ「旧約聖書概観」聖書図書刊行会、1974年