プラッキーリエージュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プラッキーリージPlucky Liege1912年 - 1937年3月)はイギリス競走馬。競走馬としては2歳時にわずかばかりの活躍をしたにとどまったが、繁殖牝馬となって産駒が走り出すと、12頭の産駒のうち出走した11頭すべてが勝ち上がり、6頭がステークスウイナー、2頭がクラシック競走に優勝、4頭がイギリス・アメリカフランスでそれぞれリーディングサイアーになるなど大成功を収めた。

血統は父がスペアミント、母がコンサティーナ(その父セントサイモン)。16-a族

イギリスでミケラム公によって生産され、その所有で走った。2歳時にデビューしてからしばらくは名前がなく「コンサティーナの牝馬」として走り、その後ラッキーリージ(Lucky Liege、幸運な王)と名付けられる。そのころ第一次世界大戦が勃発し、折りしもベルギーリエージュ(プラッキー「リージ」と綴りが同じ)ではドイツ軍相手に大激戦が繰り広げられていた。最終的にベルギー軍はドイツ軍に負けてしまうが、勇敢に戦ったベルギー軍を称え本馬はプラッキーリージ(Plucky Liege、勇敢なリエージュ)と改名された。この年は6戦のうち4勝を挙げ、主要な競走には勝っていないもののフリーハンデでは2歳牝馬として3位に格付けされている。翌年はまったく活躍できず未勝利、1000ギニーでも着外に終わりそのまま引退した。

引退後はフランスで繁殖入りした。25歳で死ぬまでに12頭の産駒を出し、エプソムダービー優勝馬となるボワルセルを輩出したときには23歳であった。25歳のときに死産し1週間後に死亡。生涯に12頭の産駒しか残していないが、リーディングサイアーを獲得した4頭を中心に、優秀な産駒たちを通じての後世への影響は並の成功種牡馬を凌ぐほどである。

産駒[編集]

  • 1919年生・牝 - マルグリットドヴァロワ (Marguerite de Valois) 父テディ 4勝
  • 1920年生・牡 - サーギャラハッド (Sir Gallahad III) 父テディ 12勝、プール・デッセ・デ・プーランジャック・ル・マロワ賞 1930,1933,1934,1940年アメリカリーディングサイアー
  • 1921年生・牝 - ヌアジャハン (Noor Jahan) 父テディ 3勝
  • 1922年生・牡 - シヴァリー (Chivalry) 父グッドラック 2勝
  • 1924年生・牝 - ノーブルレディ (Noble Lady) 父テディ 2勝
  • 1926年生・牝 - エルザドブラバン (Elsa de Brabant) 父テディ
  • 1927年生・牡 - ブルドッグ (Bull Dog) 父テディ 2勝 1943年 アメリカリーディングサイアー
  • 1928年生・牡 - カトルブラ (Quatre Bras II) 父テディ 11勝
  • 1929年生・牝 - ディアーヌドポワチエ (Diane de Poitiers) 父アセルスタン
  • 1931年生・牡 - アドミラルドレイク (Admiral Drake) 父クレイガンエラン 5勝、1934年パリ大賞典、1955年フランスリーディングサイアー
  • 1933年生・牡 - ベルアセル (Bel Aethel) 父アセルスタン 4勝、1938年コロネーションカップ
  • 1935年生・牡 - ボワルセル (Bois Roussel) 父ヴァトー 2勝、1938年エプソムダービー、1949年イギリスリーディングサイアー

血統表[編集]

プラッキーリージ血統カーバイン系 / King Tom5×4=9.38% Newminster5×5=6.25% Stockwell(父内))

Spearmint
1903 黒鹿毛
Carbine
1885 鹿毛
Musket Toxophilite
West Australian Mare
Mersey Knowsley
Clemence
Maid of the Mint
1897
Minting Lord Lyon
Mint Sauce
Warble Skylark
Coturnix

Concertina
1896 鹿毛
St.Simon
1881 鹿毛
Galopin Vedette
Flying Duchess
St.Angela King Tom
Adeline
Comic Song
1884 鹿毛
Petrarch Lord Clifden
Laura
Frivolity Macaroni
Miss Agnes F-No.16-a

外部リンク[編集]