エピファネイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エピファネイア
Epiphaneia IMG 0241 20121222.JPG
英字表記 Epiphaneia
香港表記 神威啟示
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2010年2月11日(4歳)
シンボリクリスエス
シーザリオ
母の父 スペシャルウィーク
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 キャロットファーム
調教師 角居勝彦栗東
競走成績
生涯成績 (国内)11戦6勝
(海外)1戦0勝
獲得賞金 (国内)6億6779万5000円
(海外)1078万7400円(2014年11月30日現在)
勝ち鞍 GI菊花賞(2013年)、ジャパンカップ(2014年)
GII神戸新聞杯(2013年)
GIIIラジオNIKKEI杯2歳ステークス(2012年)
テンプレートを表示

エピファネイア: Epiphaneia 神威啟示)は日本競走馬馬名の由来は、ギリシャ語でクリスマスから12日目にあたる1月6日公現祭」。母シーザリオと同じく、ウィリアム・シェイクスピア喜劇十二夜』にちなむ馬名。おもな勝ち鞍は2012年ラジオNIKKEI杯2歳ステークス、2013年菊花賞神戸新聞杯、2014年ジャパンカップ

経歴[編集]

2歳(2012年)[編集]

デビューは10月21日京都競馬場の芝1800mの2歳新馬戦。中団から最後は2着に3馬身差の圧勝でデビュー戦を飾った。2戦目の京都2歳ステークス圧倒的1番人気となった。レースは前目の競馬となったが上がり最速の33.7秒で2着に1馬身3/4差で2勝目。暮れの阪神ラジオNIKKEI杯2歳ステークスはバッドボーイやキズナといった有力馬に競り勝ち、3勝目を重賞初制覇で飾った。

3歳(2013年)[編集]

3月3日弥生賞は前週に主戦騎手の福永祐一が騎乗停止となり、ビュイックが代役を務めた。レースは最後の直線一旦先頭に立つも、それまでの伸びが陰を潜め4着に敗れた。4月14日の皐月賞は気性の荒さが災いし前へ行きたがり、中団になるはずのポジションが2番手となってしまう。直線で懸命に追い込むも、レコードタイムで駆け抜けたロゴタイプの2着となる。続く東京優駿はまたまた気性の荒さが災いし、躓いて落馬寸前になってしまう。一旦先頭に立つも残り50mでキズナに差しきられて2着惜敗した。夏場は休養に充てて迎えた神戸新聞杯は最後の直線楽々と抜けて2着に2馬身差以上の圧勝で重賞2勝目を飾った。そして菊花賞はスタートを決めて前目に付けると最後の直線で楽に先頭に立つと2着のサトノノブレスに5馬身差の圧勝で最後の1冠を獲得した。鞍上の福永は牡馬クラシック初制覇となった。父福永洋一も菊花賞を獲得しており、親子2代での菊花賞ジョッキーとなった。

出走が期待された有馬記念は休養のため回避した。

4歳(2014年)[編集]

初戦は4月6日産経大阪杯。このレースは前年のダービー馬キズナや牝馬二冠馬メイショウマンボが出走したため8頭立ての少頭数となった。最後の直線でキズナにかわされ、先行して粘るトウカイパラダイスもとらえきれず3着に敗れた。このあと香港に遠征してクイーンエリザベス2世カップに出走も4着に敗れた。 6ヵ月の休養明けの秋初戦は天皇賞(秋)。出遅れが響きスピルバーグの6着に敗れる。しかし、次走のジャパンカップでは、距離延長に加え、前日の雨により、得意とする重い馬場(発表は良)と条件は好転、4番人気に推される。道中は抑えるのがやっとというかかりっぱなしの追走に加え、逃げるサトノシュレンがハイペースで引っ張る厳しい展開も、直線残り400m過ぎで先頭に立つと、2着ジャスタウェイ以下を4馬身突き放す強い競馬で圧勝。菊花賞以来のGI勝ちで、初コンビのクリストフ・スミヨンは2010年ブエナビスタで天皇賞(秋)を制して以来国内GI2勝目。なお、同年のこのレースではブエナビスタで1着入線しながら進路妨害で降着しており、見事雪辱している。

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2012.10.21 京都 2歳新馬 芝1800m(良) 14 2 2 2.9(1人) 1着 1:48.9 (33.5) -0.5 福永祐一 55kg (レッドジゼル)
0000.11.24 京都 京都2歳S OP 芝2000m(良) 10 1 1 1.2(1人) 1着 2:03.0 (33.7) -0.3 福永祐一 55kg (ダンツアトラス)
0000.12.22 阪神 ラジオNIKKEI杯2歳S GIII 芝2000m(稍) 7 7 7 1.9(1人) 1着 2:05.4 (34.4) -0.1 福永祐一 55kg (バッドボーイ)
2013.03.03 中山 弥生賞 GII 芝2000m(良) 12 8 12 2.3(1人) 4着 2:01.1 (35.3) 0.1 W.ビュイック 56kg カミノタサハラ
0000.0414 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 7 14 3.9(2人) 2着 1:58.1 (35.6) 0.1 福永祐一 57kg ロゴタイプ
0000.05.26 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 18 5 9 6.1(3人) 2着 2:24.4 (33.9) 0.1 福永祐一 57kg キズナ
0000.09.22 阪神 神戸新聞杯 GII 芝2400m(良) 18 5 10 1.4(1人) 1着 2:24.8 (34.3) -0.4 福永祐一 56kg (マジェスティハーツ)
0000.10.20 京都 菊花賞 GI 芝3000m(不) 18 2 3 1.6(1人) 1着 3:05.2 (35.9) -0.8 福永祐一 57kg (サトノノブレス)
2014.04.06 阪神 大阪杯 GII 芝2000m(良) 8 4 4 1.9(1人) 3着 2:00.6 (34.4) 0.3 福永祐一 58kg キズナ
0000.04.27 沙田 QEIIC G1 芝2000m(GF[1] 10 6[2] 3 3.2(2人) 4着 2.01.76 (00.0) 0.70 福永祐一 126lbs Designs On Rome
0000.11.02 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 18 3 5 8.0(4人) 6着 1:59.9 (34.1) 0.2 福永祐一 58kg スピルバーグ
0000.1130 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 18 2 4 8.9(4人) 1着 2.23.1 (35.0) -0.7 C.スミヨン 57kg ジャスタウェイ
  1. ^ Good to Firm。日本では良に相当する。
  2. ^ ゲート番号(日本と異なり、欧州・香港競馬ではゲート番号と馬番号は異なる)

競走成績は2014年11月30日現在

血統表[編集]

エピファネイア血統ロベルト系 / Hail to Reason 9.38% 4x5)

*シンボリクリスエス
1999 黒鹿毛
Kris S.
1977 黒鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Sharp Queen Princequillo
Bridgework
Tee Kay 1991
黒鹿毛
Gold Meridian Seattle Slew
Queen Louie
Tri Argo Tri Jet
Hail Proudly

シーザリオ
2002 青毛
スペシャルウィーク
1995 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
*キロフプリミエール
Kirov Premiere
1990 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Querida Habitat
Principia F-No.16-a

参考文献[編集]

外部リンク[編集]