オナーアンドグローリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オナーアンドグローリー
英字表記 Honour and Glory
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1993年
死没 (生存)
Relaunch
Fair to All
母の父 Al Nasr
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 オーバーブルックファーム
馬主 M.テイバー
調教師 W.ルーカス(アメリカ)
競走成績
生涯成績 17戦6勝
獲得賞金 120万2942ドル
テンプレートを表示

オナーアンドグローリーHonour and Glory)は、アメリカ合衆国生まれの競走馬、および種牡馬である。

経歴[編集]

競走馬時代

2歳時のに1995年サラトガ競馬場で競走馬デビューし、デビュー戦で初勝利を挙げた。続くG1競走初出走となったフューチュリティステークスでは3着だったが、次のブリーダーズフューチュリティを制して重賞初勝利を挙げ、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルに挑んだが4着だった。

3歳となった1996年は、重賞1勝を含む3戦2勝2着1回でサンタアニタダービーに出走し2着となった。しかし肝心のケンタッキーダービーは18着という結果に終わったが、次のメトロポリタンハンデキャップを制してG1競走初勝利を挙げた。その後の勝利はG2を1勝しただけだったが、ヴォスバーグステークスでは2着となり、NYRAマイルハンデキャップで4着となったのを最後に競走馬を引退した。

種牡馬時代

1997年よりアッシュフォードスタッドで種牡馬入りし、2005年/2006年シーズンにはアルゼンチンのポム牧場にリースされ、アルゼンチンでも産駒が活躍している。

日本にも競走馬としての産駒が輸入され、ネームヴァリュー2003年帝王賞を制すなど日本でも活躍馬を輩出している。

年度別競走成績[編集]

  • 1995年 4戦2勝
    • 1着 ブリーダーズフューチュリティ(G2)
    • 3着 フューチュリティステークス(G1)
  • 1996年 13戦4勝
    • 1着 サンラファエルステークス(G2)、メトロポリタン(G1)、キングスビショップハンデキャップ(G2)
    • 2着 サンヴィセンテステークス(G3)、サンタアニタダービー(G1)、アフェノメノンステークス(G2)、ヴォスバーグステークス(G1)、ブージャムハンデキャップ(G2)
    • 3着 ブリーダーズカップスプリント(G1)

主な産駒[編集]

血統表[編集]

オナーアンドグローリー血統インテント系/Big Event 5×5=6.25%、War Relic 5×5=6.25%)

Relaunch
1976 芦毛
In Reality
1964 鹿毛
Intentionally Intent
My Recipe
My Dear Girl Rough'n Tumble
Iltis
Foggy Note
1965 芦毛
The Axe Mahmoud
Blackball
Silver Song Royal Note
Beadah

Fair to All
1986 鹿毛
Al Nasr
1978 黒鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Caretta Caro
Klainia
Gonfalon
1975 栗毛
Francis S. Royal Charger
Blue Eyed Momo
Grand Splendor Correlation
Cequillo F-No.16-a

外部リンク[編集]