ブルドッグ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルドッグ
英字表記 Bull Dog
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1927年
死没 1954年
Teddy
Plucky Liege
生国 フランスの旗 フランス
生産 Capt. Jefferson Davis Cohn
馬主 Capt. Jefferson Davis Cohn
調教師 Robert Denman
競走成績
生涯成績 8戦2勝
獲得賞金 7,802ドル
(アメリカドル換算)
テンプレートを表示

ブルドッグ (Bull Dog) は、フランスで生産・調教されたサラブレッド競走馬、および種牡馬。種牡馬としてアメリカ合衆国リーディングサイアーを獲得し、アメリカでのテディ系の流行に一役買った。

経歴[編集]

ボワルセル牧場で生まれたテディ産駒の牡馬で、サーギャラハッドの全弟、ボワルセルなどの半兄にあたる。父馬と同じく、生産者であるアメリカ人のジェファーソン・デイヴィス・コーンの所有の元、フランスで競走馬としてデビューした。競走馬としての生涯成績は8戦2勝で、2歳時にラフレッシュ賞、3歳時にダフニス賞でそれぞれ1勝したのみであった。

当時アメリカでは、サーギャラハッドが三冠馬となったギャラントフォックスを出して大きな注目を浴びていた。全弟であるブルドッグもその血統を見込まれて購入され、ケンタッキー州レキシントンのコールドストリームファームで種牡馬入りすることとなった。

初年度産駒からステークス競走勝ち馬を出すなど幸先の良いスタートを切り、1948年までの種牡馬生活で産駒が挙げたステークス競走勝ちは52勝にもなった。特に1943年には、オキュパイなど複数の産駒の活躍によってアメリカリーディングサイアーの座に輝いている。また、母の父としての成績は種牡馬成績以上のものがあり、1953年をはじめに3度のリーディングブルードメアサイアーに選ばれた。代表的なものに、1942年生のガガが生んだトムフールがいる。

後継の種牡馬として活躍したのがブルリーである。1948年生の三冠馬サイテーションなどを始めに7頭もの殿堂馬を輩出し、5回の北米リーディングサイアーを獲得するなどブルドッグ以上の成績を収めることに成功、アメリカにおけるテディ系の全盛期を確立した。

1954年にコールドストリームファーム内で死亡した。27歳であった。

代表産駒[編集]

母の父としての代表産駒[編集]

評価[編集]

主な勝鞍[編集]

1929年(2歳)
ラフレッシュ賞
2着 - ロベールパパン賞
1930年(3歳)
ダフニス賞

種牡馬成績[編集]

血統表[編集]

ブルドッグ血統テディ系 / Angelica-St. Simon 5×3=15.6%、Galopin 5x4=9.38%、 Lord Clifden 5x5=6.25%、 Macaroni 5x5=6.25%)

Teddy
1913 鹿毛 フランス
Ajax
1901 鹿毛 フランス
Flying Fox Orme
Vampire
Amie Clamart
Alice
Rondeau
1900 鹿毛 イギリス
Bay Ronald Hampton
Black Duchess
Doremi Bend Or
Lady Emily

Plucky Liege
1912 鹿毛 イギリス
Spearmint
1903 鹿毛 イギリス
Carbine Musket
Mersey
Maid of The Mint Minting
Warble
Concertina
1986 鹿毛 イギリス
St. Simon Galopin
St. Angela
Comic Song Petrarch
Frivolity F-No.16-a

外部リンク[編集]