ファピアノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファピアノ
英字表記 Fappiano
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1977年
死没 1990年9月3日
Mr. Prospector
Killaloe
母の父 Dr. Fager
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 John A. Nerud
馬主 John A. Nerud
調教師 Jan H. Nerud
競走成績
生涯成績 17戦10勝
獲得賞金 370,213ドル
テンプレートを表示

ファピアノFappiano1977年 - 1990年9月3日)は、アメリカ合衆国サラブレッド競走馬、および種牡馬。種牡馬としてブリーダーズカップ優勝馬を2頭出すなど、ミスタープロスペクター系の拡大に貢献した。

経歴[編集]

ドクターフェイガーなどの調教師であったジョン・A・ネルードが、運営を管理するフロリダ州タータンズファームで生産した馬である。母はドクターフェイガーを父に持つ4勝馬のキラロー、父は種牡馬として活動し始めて間もなかったミスタープロスペクターで、後に多数の名馬を輩出してリーディングサイアーに輝く少し前のことであった。

ファピアノはネルードの息子、ジャン・H・ネルードのもとで1979年にデビューした。2歳時は短距離を中心に出走し、重賞こそ出走しなかったが、モーヴェンステークスを含む4戦4勝の成績を挙げた。3歳の時には8月のジェロームハンデキャップで重賞に初挑戦して2着、後の11月にディスカヴァリーハンデキャップで重賞初勝利を挙げた。

1981年の4歳シーズン、ファピアノはメトロポリタンハンデキャップに優勝してG1競走初勝利を飾った。また、同年にはメトロポリタンハンデを含む3勝を挙げており、そのうちの1戦フォアゴーハンデキャップでは、同年のエクリプス賞最優秀スプリンターに選ばれたギルティコンサイエンスを破っている。

この年の暮れ、17戦10勝2着3回の戦績で競走生活を引退した。1株30万ドルシンジケートを組まれ、種牡馬としてタータンズファームに戻った。

引退後[編集]

ファピアノは種牡馬入り後、競走馬時代を上回る大きな成績を挙げた。初年度の産駒からブリーダーズカップ・ジュヴェナイルを勝つタッソーを出し、同年は他にも3頭の重賞馬を出した。翌年度の産駒にもクリプトクリアランスフロリダダービーなど)やタピアノ(メイトロンステークスなど)といったG1馬を2頭出している。

ファピアノの代表産駒といえる馬が、1987年に生まれたアンブライドルドである。同馬は1990年にケンタッキーダービーを勝ち、さらに同年のブリーダーズカップ・クラシックにも優勝、その年のエクリプス賞最優秀3歳牡馬に選ばれた。

1987年の夏頃、ネルードがタータンズファームから離脱したのと同時期に、ファピアノは競りにかけられてケンタッキー州レーンズエンドファームへと移された。ケンタッキーにおいてもカナダの最優秀2歳牡馬コメットシャインなどを出しているが、フロリダ時代に比べてあまり目立った産駒は出さなかった。1990年、ファピアノは12歳の時に蹄葉炎を患い、治療の甲斐もなく9月3日に死亡した。

主な産駒[編集]

ファピアノ産駒の牡馬たちもまた種牡馬となり、なかには父と同等以上の種牡馬成績を挙げたものもいた。このため、ファピアノの父系はしばしば「ファピアノ系」と呼ばれ、元のミスタープロスペクター系からさらに細分化されたものとして見られることがある。

生年 英語表記 日本語表記 毛色 戦績 繁殖成績
1983 Tasso タッソー 鹿毛 ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルなど。 Torrismondo(グランクリテリウム)など。
1984 Cryptoclearance クリプトクリアランス 黒鹿毛 フロリダダービードンハンデキャップなど。 Volponi(ブリーダーズカップ・クラシック)、Victory Gallop(ベルモントステークス)など。
1984 Tappiano タピアノ 鹿毛 メイトロンステークススピナウェイステークスなど。 -
1985 Aptostar アプトスター 鹿毛 エイコーンステークスなど。 -
1986 Quiet American クワイエットアメリカン 鹿毛 NYRAマイルハンデキャップ、サンディエゴハンデキャップ。 Real Quiet(ケンタッキーダービー)など。
1986 Some Romance サムロマンス 鹿毛 フリゼットステークス、メイトロンステークスなど。 -
1987 Unbridled アンブライドルド 鹿毛 ケンタッキーダービーブリーダーズカップ・クラシックなど。 Grindstone(ケンタッキーダービー)、Unbridled's Song(ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル)など。
1987 Rubiano ルビアーノ 芦毛 NYRAマイルハンデキャップ、カーターハンデキャップなど。 Burning Roma(フューチュリティステークス)など。
1987 Grand Canyon グランドキャニオン 鹿毛 ハリウッドフューチュリティなど。 -
1987 Difensive Play ディフェンシブプレイ 鹿毛 マンノウォーステークスなど。 -
1988 Cahill Road キャイルロード 鹿毛 ウッドメモリアルステークス -
1988 Serape セレープ 鹿毛 バレリーナステークスなど。 -
1989 (日本調教馬) エーピージェット 鹿毛 京成杯 ニューヨーク州リーディングサイアー
1991 Comet Shine コメットシャイン 鹿毛 カップアンドソーサーステークス -

母の父としての代表産駒[編集]

評価[編集]

主な勝鞍[編集]

1979年(2歳) 4戦4勝
モーヴェンハンデキャップ
1980年(3歳) 7戦3勝
ディスカヴァリーハンデキャップ (G3)
2着 - ジェロームハンデキャップ (G2) 、パターソンハンデキャップ (G2)
1981年(4歳) 6戦3勝
メトロポリタンハンデキャップ (G1) 、フォアゴーハンデキャップ

血統表[編集]

ファピアノ血統ミスタープロスペクター系 / Bull Dog 5x5=6.25%)

Mr. Prospector
1970 鹿毛 アメリカ
Raise a Native
1961 栗毛 アメリカ
Native Dancer Polynesian
Geisha
Raise You Case Ace
Lady Glory
Gold Digger
1962 鹿毛 アメリカ
Nashua Nasrullah
Segula
Sequence Count Fleet
Miss Dogwood

Killaloe
1970 鹿毛 アメリカ
Dr. Fager
1964 鹿毛 アメリカ
Rough'n Tumble Free for All
Roused
Aspidistra Better Self
Tilly Rose
Grand Splendor
1962 鹿毛 アメリカ
Correlation Free America
Braydore
Cequillo Princequillo
Boldness F-No.16-a
  • 母Killaloeは10頭の産駒を産んでおり、そのうちの競走馬デビューした9頭すべてが勝ち上がりを決めていた。
  • 半弟Torrentialはジャンプラ賞の勝ち馬、半弟ロイヤルトルーンは本邦輸入種牡馬。
  • 母の半妹Gonfalonの仔にオジジアン、孫にHonour and Gloryがいる。

外部リンク[編集]