オジジアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オジジアン
欧字表記 Ogygian
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1983年3月17日
死没 2015年3月15日(32歳没)
Damascus
Gonfalon
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Tartan Farms
馬主 Tartan Farms
調教師 Jan Nerud
競走成績
生涯成績 10戦7勝
獲得賞金 455,520ドル
テンプレートを表示

オジジアン (Ogygian) とはアメリカ合衆国で生産・調教されたサラブレッド競走馬、および種牡馬である。1985年のフューチュリティステークスなどに優勝し、後に日本で種牡馬入りしている。代表産駒にはエイシンワシントンバトルラインがいる。

なお、日本の書籍などでは当馬の名前を「オジジアン」と記述するのが一般的だが、現役時代のオーナーは「オガイジャン」と発音するのが正しいとしている[1]。名前の由来は『オデュッセイア』に登場する、オデュッセウスが海の女神カリュプソーに引き止められたオギュギア英語版の島であるため、それに倣うなら「オギュギアン」となる。

経歴[編集]

1983年に生まれた牡馬で、同世代にはブロードブラッシュモガンボなどがいる。

1985年に競走馬デビューした。2歳時は3戦3勝と無敗の成績を誇り、特にフューチュリティステークスでは2着グルーヴィに9馬身半差をつけての圧勝劇を演じ、同年のブリーダーズカップ・ジュヴェナイルを制したタッソーと並んで2歳馬トップのレーティングを与えられている。3歳時はドワイヤーステークスとジェロームハンデキャップに勝ち、通算10戦7勝・G1競走3勝の好成績で引退した。

1988年からクレイボーンファームにて種牡馬入りした。日本では重賞を2勝したエイシンワシントンの活躍でその名が知れわたるようになり、エイシンワシントンが現役で活躍中の1996年から、浦河町イーストスタッドで供用されるようになる。その後も外国産馬としてすでに輸入されていたバトルライン、持込馬のタイキダイヤが重賞を勝ったものの、日本での産駒はジョーディシラオキが唯一の中央重賞勝ち馬と、成績は尻すぼみとなっていった。なお、日本での繋養中に左目を失明している[2][3]

2005年、オジジアンは22歳の時に功労馬保護団体オールドフレンズによってアメリカへと買い戻された。ケンタッキー州の同施設で余生を送り、2015年3月14日に疝痛による合併症で32歳で安楽死となった。17世代の産駒からは733頭が出走し、473頭が勝ち上がった。獲得賞金は約5230万ドル。重賞勝ち馬11頭を含む23頭がステークスウィナーとなった。母の父としては史上2頭目のエクリプス賞カルティエ賞の最優秀2歳牡馬となったヨハネスブルグを筆頭に、種牡馬成績を上回る実績を残している。

評価[編集]

主な勝鞍[編集]

1985年(2歳) 3戦3勝
フューチュリティステークス (G1)
1986年(3歳) 7戦4勝
ドワイヤーステークス (当時G1)、ジェロームハンデキャップ (G1)、リヴァリッジステークス

主な産駒[編集]

アメリカに残した産駒もG2勝ちが最高で、有力な後継種牡馬には恵まれなかった。

母の父としての成績[編集]

血統表[編集]

オジジアン血統ダマスカス系テディ系)/Blue Larkspur 5x5=6.25%) (血統表の出典)

Damascus
1964 鹿毛 アメリカ
Sword Dancer
1956 栗毛 アメリカ
Sunglow Sun Again
Rosern
Highland Fling By Jimminy
Swing Time
Kerala
1958 鹿毛 アメリカ
My Babu Djebel
Perfume
Blade of Time Sickle
Bar Nothing

Gonfalon
1975 栗毛 アメリカ
Francis S.
1957 栗毛 アメリカ
Royal Charger Nearco
Sun Princess
Blue Eyed Momo War Admiral
Big Event
Grand Splendor
1962 鹿毛 アメリカ
Correlation Free America
Braydore
Cequillo Princequillo
Boldness F-No.16-a
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

母ゴンファロンは12頭の競走馬を産み、そのうち8頭が勝ち上がるという優秀な繁殖成績を収めた。他の近親に、甥のオナーアンドグローリーがいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 合田直弘「全米のマスコミが震え上がった"オジジアン事件"とは」『別冊宝島340 競馬種牡馬読本2』、宝島社、1997年、48頁。
  2. ^ Grade I Winner and Sire Ogygian Dies at 32
  3. ^ オールドフレンズのHPに掲載されている画像では、左目を失っていることが判る

外部リンク[編集]