ドクターフェイガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドクターフェイガー
英字表記 Dr. Fager
品種 サラブレッド
性別 牡馬
毛色 鹿毛
生誕 1964年4月6日
死没 1976年8月5日
Rough'n Tumble
Aspidistra
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 タータン・ファームズ
馬主 タータン・ファームズ
調教師 ジョン A.ネルード
競走成績
生涯成績 22戦18勝
獲得賞金 1,002,642ドル
テンプレートを表示

ドクターフェイガー(またはドクターファーガー、Dr. Fager1964年4月6日 - 1976年8月5日)はアメリカ合衆国競走馬、および種牡馬。短距離戦において無類の強さを誇り、1971年アメリカ競馬殿堂入りを果たした。

誕生[編集]

ドクターフェイガーは1964年、フロリダ州のタータン・ファームズで誕生した。調教師ジョン A.ネルードの命を救った神経外科医がチャールズ・フェイガー博士であったことから、ドクターフェイガーという名が付いた。

母のアスピディストラは競走馬としては2勝に終わった馬であったが、ドクターフェイガーを含めて4頭のステークス競走勝ち馬を出した名牝であった。代表的な兄妹に、アメリカ殿堂馬のタウィーがいる。

競走馬時代[編集]

2 - 3歳時[編集]

ドクターフェイガーは1966年7月15日アケダクト競馬場でデビュー。馬なりのままスタートから飛ばして行き、ゴール時には7馬身差をつけていた。次戦の6ハロン戦(約1207メートル)では8馬身差、アトランティックシティ競馬場のワールズプレイグラウンドステークスでは、絶好のスタートから他馬との差を広げていき、ゴールした時には12馬身差という、7ハロン(約1408メートル)という距離を考えると驚異的な着差で勝利する。初の一線級が相手となったカウディンステークスではインリアリティに3/4馬身差まで迫られるものの、無敗の4連勝を飾った。だが、初の1マイル戦となったシャンペンステークスでは2着に敗れてしまう。これを2歳時の最終戦とし、陣営はドクターフェイガーを休養に入れた。

3歳になり、初戦のゴーサムステークスでは後の二冠馬ダマスカスに勝利。この後距離の不安からクラシックを断念し、代わって出走したウィザーズステークスを6馬身差で勝利した。初の9ハロン戦となった、ジャージーダービーでは4馬身差で1位入線したが、降着処分を受け、インリアリティの4着に敗れてしまう。

仕切り直しの一戦、アーリントンクラシックステークスでは、不良馬場の中、ただ一頭加速していき、10馬身差で優勝。その後一戦を挟み、初の10ハロン戦であるニューハンプシャースウィープステークスハンデキャップに出走し、折り合ってここも勝利した。この結果を受け、陣営はウッドワードステークスへの参戦を表明した。

ウッドワードステークス[編集]

世紀の対決と言われる、ダマスカス(1967年年度代表馬)、ドクターフェイガー(1968年年度代表馬)、バックパサー(1966年年度代表馬)ウッドワードステークスでは、ドクターフェイガー対策として、ダマスカス、バックパサー両陣営がペースメイカーを参戦させていた。その内の1頭、ヘッドエヴァーは1マイルの世界記録保持馬で、両頭共にドクターフェイガーの両枠に入っていた。

スタート直後からドクターフェイガーとペースメーカーの3頭が猛烈な勢いで飛び出す。2頭は鞭を連打されていたが、ドクターフェイガーは馬なりで先頭を奪い返し、独走態勢に移行した。2頭は先頭に立つため全力疾走に入るが、引き離される一方となってしまった。

しかし流石に前半の競り合いが響き、直線ではダマスカスに捕まり、10馬身差の完敗となった。ドクターフェイガーはバックパサーにも僅差交わされ、3着。しかし、追い込んできた4着馬には13馬身差もの大差をつけていた。

4歳時[編集]

4歳になってもドクターフェイガーの強さは留まるところを知らず、膝や足首に不安を抱えていた上、全てのレースで130ポンド(約59kg)以上の重量を背負ったにも関わらず、8戦7勝という成績を残した。この年唯一敗戦はまたもライバル・ダマスカスによってもたらされたものであった。ドクターフェイガーは1968年の年度代表馬・最優秀古馬・最優秀スプリンター・最優秀芝牡馬に選出され、アメリカ競馬史上唯一となる同時4部門受賞を果たした。

世紀のレコードタイム[編集]

1968年8月24日、ワシントンパークハンデキャップ(ダート1マイル)に出走したドクターフェイガーは、後続に10馬身をつける勝利を収めた。このときのタイムは1分32秒20という驚異的なものであり、今も世界レコードとして残っている。

引退レースとなった11月2日ヴォスバーグハンデキャップ(ダート7ハロン)でも、1分20秒20を記録している。この記録は1999年にアータックスによって破られるが、驚くべきはこれらタイムがそれぞれ134ポンド(約61kg)、139ポンド(約63kg)もの斤量を背負っていながら出されたということである。そのレースぶりから、ダート短距離馬最強と推す専門家も多い。

引退後[編集]

22戦18勝という成績を残したドクターフェイガーは引退後、生まれ故郷のタータン・ファームズで種牡馬入りした。1971年にリーディングサイアーになるも、1976年8月5日腸捻転のため若くして死亡。1971年アメリカ競馬殿堂入り。ブラッド・ホース誌による20世紀のアメリカ名馬100選では6位にランクされた。

主な産駒[編集]

ブルードメアサイアーとしての主な産駒[編集]

エピソード[編集]

種牡馬入りする時、フロリダの牧場まで馬運車で移動中、警官がその馬運車を止めてドクターフェイガーにスピード違反の切符を切った(あまりにも速かったドクターフェイガーに対してのジョークである)。

血統表[編集]

ドクターフェイガー血統ヒムヤー系 / Bull Dog 3×4=18.75%、 Teddy 4×5×5=12.50%、 Spearmint 父内5×5=12.50%、 Whisk Broom 父内5×5=12.50%)

Rough'n Tumble
1948 鹿毛 アメリカ
Free for All
1942 青鹿毛 アメリカ
Questionnaire Sting
Miss Puzzle
Panay Chicle
Panasette
Roused
1943 鹿毛 アメリカ
Bull Dog Teddy
Plucky Liege
Rude Awakening Upset
Cushion

Aspidistra
1954 鹿毛 アメリカ
Better Self
1945 鹿毛 アメリカ
Bimelech Black Toney
La Troienne
Bee Mac War Admiral
Baba Kenny
Tilly Rose
1948 青鹿毛 アメリカ
Bull Brier Bull Dog
Rose Eternal
Tilly Kate Draymont
Teak F-No.1-r

脚注[編集]

  1. ^ タイキブリザードの母とは同名の別馬。

外部リンク[編集]