ブリストル郡 (マサチューセッツ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マサチューセッツ州ブリストル郡
ブリストル郡の位置を示したマサチューセッツ州の地図
郡のマサチューセッツ州内の位置
マサチューセッツ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1685年6月2日
プリマス植民地に設立)
郡庁所在地 トーントン
最大の都市 ニューベッドフォード
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,790 km2 (691.19 mi2)
1,440 km2 (556.00 mi2)
350 km2 (135.19 mi2), 19.56%
人口
 - (2010年)
 - 密度

548,285人
371人/km2 (962人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.countyofbristol.net

ブリストル郡: Bristol County)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州の南東部に位置するである。ロードアイランド州に接している。2010年国勢調査での人口は548,285人であり、2000年の534,678 人から2.5%増加した[1]郡庁所在地トーントン市(人口55,874人[2])であり、同郡で人口最大の都市はニューベッドフォード市(人口95,072人[3])である。郡政府の機能は州政府が行うもの、郡政府、あるいは町や市が行うものがある。土地所有権登記記録はトーントン市、アトルボロ市フォールリバー市、ニューベッドフォード市で保管されている。ブリストル郡の東はプリマス郡、北はノーフォーク郡、西はロードアイランド州で同名のブリストル郡ニューポート郡プロヴィデンス郡、南はバザーズ湾を隔ててデュークス郡と接している。

郡政府の事務所はトーントンのトーントングリーンにある上級裁判所に位置している。

歴史[編集]

ブリストル郡は1685年6月2日にプリマス植民地の中に設立され[4]、シャイアタウン(郡庁所在地)ブリストル市(現在はロードアイランド州)から郡名が付けられた[5]。は1691年にマサチューセッツ湾植民地と合併した。

1746年、長く続いていたマサチューセッツ湾植民地ロードアイランド植民地の境界紛争の結果、ブリストル、バーリントン、ウォーレンの町がロードアイランドのものとなり、ブリストル郡を形成した。これと同時にアトルボロからカンバーランドが分割されてロードアイランドのプロヴィデンス郡に移管され、タイバートンとリトルコンプトンの町は同じくロードアイランドのニューポート郡に移管された。翌1747年、イーストフリータウンをフリータウンが公式に買収し、マサチューセッツ側に残った。

ブリストルの町が移管された後は、トーントンが郡庁所在地になった。1828年には、成長しつつあったニューベッドフォードの町に2つめの郡庁舎が建設され、準郡庁所在地となった。1862年、シーコンクの一部と(現在はロードアイランド州イーストプロビデンス (ロードアイランド州)イーストプロビデンス)、イーストポータケットの全体がプロヴィデンス郡に移管された。これと同時にロードアイランド州から割譲された土地がフォールリバー市とウェストポート町に付加された。1877年には成長しつつあったフォールリバーの町が3つめの郡庁所在地になった[5]

郡政府と政治[編集]

ブリストル郡保安官事務所が、ダートマス町ノースダートマスにあるダートマス複合施設で、管理本部を維持し、幾つかの監獄施設を運営している。この監獄施設にはブリストル郡矯正所と監獄、ブリストル郡保安官事務所女性センター、C・カルロス・カレイロ移民拘置センターがある。保安官事務所はアッシュ通り監獄と地域留置所、ニューベッドフォードの少年補償代替拘置プログラムも運営している[6]

ブリストル郡矯正所と監獄には1,100人を収容する空間がある。刑期2.5年以下の刑法犯男性を収容している。また裁判前の男性容疑者、女性受刑者、裁判前の女性容疑者も高度警備で収容している。

中間警備監獄である女性センターは106人までの女性を収容できる。この自己完結型の女性センターは1990年に男性受刑者の釈放前低警備施設として開所されていた。しかし郡保安官が釈放前プログラムに厳しい条件を課したために、平均して60人の受刑者を収容しているだけだった。1999年、保安官はこれを女性センターに転換する認証を州から得て、釈放前プログラムは主監獄のモジュールユニットに移した。

C・カルロス・カレイロ移民拘置センターは、国外退去が予定されている者、および移民税関捜査局との手続きを行っている者を拘置している。アッシュ通り監獄と地域留置所は200人以上の未決囚と幾らかの既決囚人労働者を収容している。少年補償代替拘置プログラムでは12人までの少年未決囚を収容している。

政治[編集]

大統領選挙の結果[7]
民主党 共和党
2012年 59.2% 142,962 38.8% 93,752
2008年 60.4% 146,861 37.2% 90,531
2004年 63.5% 147,854 35.4% 82,524
2000年 64.5% 136,325 29.7% 62,848
登録有権者数、2010年10月13日[8]
政党 登録有権者数 構成比
民主党 129,735 37.32%
共和党 35,469 10.20%
無党派 180,285 51.86%
少数党 2,121 0.61%
合計 347,610 100%

地理[編集]

トーントン市にあるブリストル郡上級裁判所

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は691.19平方マイル (1,790.2 km2)であり、このうち陸地556.00平方マイル (1,440.0 km2)、水域は135.19平方マイル (350.1 km2)で水域率は19.56%である[9]。郡内最高地点はノースアトルボロの第一次世界大戦記念公園にあるサンライズ・ヒルであり、標高は390フィート (120 m) である。ブリストルプリマス、トーントンという地名は全て南西イングランドの地名である。これらの町はアメリカ大陸の発見時に航海と発見の中心になった。ジョン・カボットはブリストル港を出港し、対岸にウェールズニューポートがあるセヴァーン川を下った。その後独自にアメリカ大陸を発見した。

交通[編集]

グレーター・アトルボロ・トーントン地域交通局などが地域バス便を運行している。南東地域交通局はフォールリバー市とニューベッドフォード市を担当している。

郡内の空港としては、マンスフィールド市民空港、マイリックス空港、ニューベッドフォード市民空港、トーントン市民空港がある。ニューベッドフォード市民空港が商業空港であり、ケープ・コッドナンタケットマーサズ・ヴィニヤードに定期便を飛ばしている。

MBTA通勤鉄道のプロビデンス・ストートン線では、マンスフィールド、アトルボロ、サウスアトルボロに停車駅がある。この線はプロビデンスボストンを結んでいる。T・F・グリーン空港に接続する延伸部が完成した。

隣接する郡[編集]

ブリストル郡の南にはバザーズ湾を隔ててデュークス郡がある。

マサチューセッツ州ブリストル郡とロードアイランド州ブリストル郡というように、同名の郡が州境を挟んで存在する例はアメリカ合衆国内に11組ある。

国立保護地域[編集]

  • ニューベッドフォード捕鯨国立歴史公園

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1790 31,696
1800 33,880 6.9%
1810 37,168 9.7%
1820 40,908 10.1%
1830 49,592 21.2%
1840 60,164 21.3%
1850 76,192 26.6%
1860 93,794 23.1%
1870 102,886 9.7%
1880 139,040 35.1%
1890 186,465 34.1%
1900 252,029 35.2%
1910 318,573 26.4%
1920 359,005 12.7%
1930 364,590 1.6%
1940 364,637 0%
1950 381,569 4.6%
1960 398,488 4.4%
1970 444,301 11.5%
1980 474,641 6.8%
1990 506,325 6.7%
2000 534,678 5.6%
2010 548,285 2.5%
2012(推計) 551,082 3.1%
U.S. Decennial Census[10]
2012 Estimate[11]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 534,678 人
  • 世帯数: 205,411 世帯
  • 家族数: 140,706 家族
  • 人口密度: 371人/km2(962人/mi2
  • 住居数: 216,918 軒
  • 住居密度: 151軒/km2(390軒/mi2

人種別人口構成(2008年時点)

先祖による構成

  • ポルトガル系:29.7%(国内でもポルトガル系人口の比率が高い郡である)
  • アイルランド系:13.0%
  • フランス系:8.9%
  • イギリス系:8.2%
  • イタリア系:6.8%
  • フランス系カナダ人:6.4%

言語による構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.6%
  • 18-24歳: 8.5%
  • 25-44歳: 30.5%
  • 45-64歳: 22.2%
  • 65歳以上: 14.1%
  • 年齢の中央値: 37歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 92.4
    • 18歳以上: 88.5

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 33.0%
  • 結婚・同居している夫婦: 51.6%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 13.0%
  • 非家族世帯: 31.5%
  • 単身世帯: 26.5%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.0%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.54人
    • 家族: 3.08人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 43,496米ドル
    • 家族: 53,733米ドル
    • 性別
      • 男性: 39,361米ドル
      • 女性: 27,516米ドル
  • 人口1人あたり収入: 20,978米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 10.0%
    • 対家族数: 7.8%
    • 18歳未満: 13.0%
    • 65歳以上: 12.0%

都市と町[編集]

村は町の中に挙げているが、町とは別の法人化された存在ではない。

  • アクシュネット町
    • アクシュネットセンター村
  • アトルボロ市
    • サウスアトルボロ村
  • バークレイ町
    • マイリックス村
  • ダートマス町
    • ブリスコーナー村
    • ヒックスビル村
    • スミスミルズ村
    • パダナラム村
  • ダイトン町
    • ノースダイトン村
  • イーストン町
    • ノースイーストン村
    • ファイブコーナーズ村
    • サウスイーストン村
  • フェアヘイブン町
  • フォールリバー市
    • フリントビレッジ村
    • ボーウェンズビル村
    • ハイランズ村
    • フォールリバーステーション村
    • スティープブルック村
    • グローブビレッジ村
  • フリータウン町
    • アソネット村
    • イーストフリータウン村
  • マンスフィールド町
    • マンスフィールドセンター村
  • ニューベッドフォード市
  • ノースアトルボロ町
    • ノースアトルボロセンター村
  • ノートン町
    • ノートンセンター村
  • レイナム町
    • レイナムセンター村
    • トレーシーコーナー村
    • ノースレイナム村
    • スコーベティ村
    • プラットビル村
    • ガシーポンド村
    • プレザントフィールド村
    • ランブルウッド村
    • プレザントストリート村
    • ティティカット村
  • レホボス町
    • フォーコーナーズ村
    • ホーンバイン村
    • キングマンズコーナー村
    • ノースレホボス村
    • ペックスコーナー村
    • ペリーズコーナー村
    • ペリービル村
    • レホボスビレッジ村
    • サウスレホボス村
  • シーコンク町
    • ノースシーコンク村
  • サマセット町
    • ポッターズビル村
  • スワンシー町
    • ホートンビル村
    • オーシャングローブ村
  • トーントン市 - 郡庁所在地
    • イーストトーントン村
    • ウェアビレッジ村
    • ウィッテントンジャンクション村
    • ブリタニア村
    • ノーストーントン村
    • オークランド村
    • ウェストビル村
    • ウェイズコーナー村
    • ウィッテントン村
  • ウェストポート町
    • ノースウェストポート村

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Bristol County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Taunton, Massachusetts - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Quickfacts.census.gov - New Bedford, Massachusetts - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Bristol County, Massachusetts, USA
  5. ^ a b History of Bristol County, Massachusetts with Biographical Sketches of many of its Pioneers and Prominent Men, Part 1 edited by Duane Hamilton Hurd. J.W. Lewis and Co., 1883. [1]. p. 1.
  6. ^ "Facilities." Bristol County Sheriff's Office. Retrieved on January 30, 2012. "400 Faunce Corner Road, Dartmouth, MA 0274" and "Bristol County House Of Correction and Jail 400 Faunce Corner Road North Dartmouth, MA 02747" and "Bristol County Sheriff's Office Women’s Center 400 Faunce Corner Road North Dartmouth, MA 02747" and "C. Carlos Carreiro Immigration Detention Center: 400 Faunce Corner Road North Dartmouth, MA 02747" and "Juvenile Secure Alternative Lock Up Program 323 Mill Street New Bedford, MA 02740 " and "Ash Street Jail and Regional Lock-Up 226 Ash Street New Bedford, MA 02740 "
  7. ^ Dave Leip's Atlas of U.S. Presidential Elections”. 2011年6月11日閲覧。
  8. ^ Registration and Party Enrollment Statistics as of October 13, 2010 (PDF)”. Massachusetts Elections Division. 2010年1月31日閲覧。
  9. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2013年4月13日閲覧。
  10. ^ U.S. Decennial Census”. Census.gov. 2013年8月26日閲覧。
  11. ^ Annual Estimates of the Resident Population: April 1, 2010 to July 1, 2012”. Census.gov. 2013年8月26日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度45分 西経71度05分 / 北緯41.75度 西経71.09度 / 41.75; -71.09