フォックスボロ (マサチューセッツ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マサチューセッツ州フォックスボロ
—    —
ジレット・スタジアム、メモリアル・ホール、ペイトリオット・プレイス、ウェルカムサイン、会衆派教会とオルフェウム劇場
愛称:Fox
標語:F. O. X. B. O. R. O. Let's Go! Fox-bo-ro!
ノーフォーク郡(桃)とフォックスボロ町(赤)の位置図
座標: 北緯42度03分55秒 西経71度14分54秒 / 北緯42.06528度 西経71.24833度 / 42.06528; -71.24833
アメリカ合衆国
マサチューセッツ州
ノーフォーク郡
建設 1704年
町制施行 1778年6月10日
行政
 - 種別 タウンミーティング
面積
 - 計 20.9mi2 (54.1km2)
 - 陸地 20.1mi2 (52.0km2)
 - 水面 0.8mi2 (2.1km2)
標高 289ft (88m)
人口 (2010年)[1]
 - 計 16,865人
 - 人口密度 806.9人/mi² (311.7人/km²)
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
 - 夏時間 東部夏時間 (UTC-4)
ZIPコード 02035
市外局番 508/774
FIPSコード 25-24820
地名情報システム 0618320
ウェブサイト www.townfoxborough.us

フォックスボロ: Foxborough)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ノーフォーク郡にある町。ボストンの南西35km、ロードアイランド州プロビデンスの北東30kmに位置する。人口は1万6865人(2010年国勢調査による)。

NFLニューイングランド・ペイトリオッツメジャーリーグサッカーニューイングランド・レボリューションのホーム、ジレット・スタジアムがあることで知られる。町名の公式表記は Foxborough だが[2]Foxboro という略称も散見される。アメリカ合衆国郵便公社 (USPS) では略称のほうが公式に採用されている。

歴史[編集]

1906年前後のメインストリート

1704年に入植が始まり、1778年に町制施行された。フォックスボロという名は13植民地を独立まで一貫して支援したイギリスのチャールズ・ジェームズ・フォックス庶民院議員(ホイッグ党)にちなむ。

かつて、この町には当時世界最大の麦わら帽子工場があった。地元の実業家E・P・カーペンターによるもので、20世紀初頭に火事で全焼した。跡地には現在、郵便局が建つ。

1900年代まで、フォックスボロ町はフォックスベイル/パインバーフ (Foxvale/Paineburgh) 、クエーカーヒル (Quaker Hill) 、レイクビュー/ドンキービル (Lakeview/Donkeyville) など、近隣の小さなコミュニティからなっていた。このうちフォックスベイル/パインバーフは、20世紀中葉まで半自治を保った。

ジレット・スタジアムアメリカンフットボールニューイングランド・ペイトリオッツと、メジャーリーグ・サッカーニューイングランド・レボリューションが本拠地としている。2009年にはオーナーのボブ・クラフトがスタジアム周囲の土地を購入し、「ペイトリオット・プレイス」というショッピングセンターを建設した。センター内にはレストランや衣料品店、その他小売店が多数入居する。

地理[編集]

国勢調査局によるとこの町は総面積54.1平方キロで、このうち52.0平方キロが陸地、総面積の3.88%にあたる2.1平方キロが水域である。コカセット川が流れる。

気候[編集]

フォックスボロの気候はニューイングランドで広く見られる湿潤大陸性気候で、夏は蒸し暑く冬は風が強い。春秋の天候は穏やかだが、風向やジェット気流の影響で変わりやすい。もっとも気温の高い7月の平均最高気温は28度、最低気温は17度で、もっとも寒い1月の平均最高気温は2度、最低気温は-8度である。夏には32度、冬には-12度に達することも何度かある。

フォックスボロの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °F (°C) 68
(20)
70
(21)
90
(32)
96
(36)
95
(35)
97
(36)
101
(38)
102
(39)
97
(36)
87
(31)
78
(26)
76
(24)
102
(39)
平均最高気温 °F (°C) 36
(2)
39
(4)
47
(8)
58
(14)
70
(21)
78
(26)
83
(28)
81
(27)
73
(23)
62
(17)
51
(11)
41
(5)
59.9
(15.5)
平均最低気温 °F (°C) 18
(−8)
20
(−7)
28
(−2)
37
(3)
47
(8)
56
(13)
62
(17)
60
(16)
52
(11)
41
(5)
33
(1)
23
(−5)
39.8
(4.3)
最低気温記録 °F (°C) −19
(−28)
−16
(−27)
−4
(−20)
14
(−10)
28
(−2)
37
(3)
42
(6)
39
(4)
30
(−1)
20
(−7)
4
(−16)
−14
(−26)
−19
(−28)
降水量 inch (mm) 4.24
(107.7)
3.45
(87.6)
4.01
(101.9)
4.14
(105.2)
3.38
(85.9)
3.42
(86.9)
3.63
(92.2)
4.07
(103.4)
3.78
(96)
3.98
(101.1)
4.29
(109)
4.19
(106.4)
46.58
(1,183.1)
出典: Weather Channel[3]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口   ±%  
1850 1,880 —    
1860 2,879 +53.1%
1870 3,057 +6.2%
1880 2,950 −3.5%
1890 2,933 −0.6%
1900 3,266 +11.4%
1910 3,863 +18.3%
1920 4,136 +7.1%
1930 5,347 +29.3%
1940 6,303 +17.9%
1950 7,030 +11.5%
1960 10,136 +44.2%
1970 14,218 +40.3%
1980 14,148 −0.5%
1990 14,637 +3.5%
2000 16,246 +11.0%
2010 16,865 +3.8%
出典:アメリカ合衆国国勢調査

2000年国勢調査[4]で、町内には1万6246人、6141世帯および4396家族が暮らしている。人口密度は312.4人/平方キロ。住居数は6299軒で、1平方キロあたりに平均121.1軒が建つ。人種構成は白人が97.09%、アフリカ系が0.82%、ネイティブ・アメリカンが0.11%、アジア系が1.22%、太平洋諸島系が0.01%、その他が0.20%、混血が0.54%。人口の1.06%をヒスパニック(ラティーノ)が占める。

35.3%の世帯は18歳以下の未成年と同居し、59.9%は夫婦で生活している。8.6%は未婚の女性が世帯主であり、28.4%は家族以外の住人と同居している。23.4%が単身世帯で、8.6%を独居老人が占める。1世帯あたりの平均人数は2.63人で、1家庭あたりでは3.15人である。

世代別では26.5%が18歳以下の未成年、5.0%が18歳以上24歳以下、32.1%が25歳以上44歳以下、24.5%が45歳以上64歳以下、11.9%が65歳以上で、平均年齢は38歳である。女性100人に対し男性が95.8人、18歳以上の女性100人に対しては92.2人いる。

一世帯あたりの平均収入は6万4323米ドルで、家族あたりのそれは7万8811米ドルである。男性の平均収入は5万1901米ドル、女性のそれは3万5748米ドルで、非労働人口をも含めた住民一人あたりの収入は3万2294米ドルである。総人口の3.1%、家族の2.3%、18歳以下の未成年の2.0%および65歳以上の高齢者の6.3%が貧困線以下の収入で生計を立てている。

行政[編集]

行政は5名からなる行政委員会が運営する。行政委員は選挙で選ばれるが、委員会の業務には同じく選挙で選ばれたタウン・マネージャーによる制限がともなう。

現在の行政委員
  • ローレンス・ハリントン - 委員長(2012年任期満了)
  • ジェームズ・デベリス - 副委員長(2013年)
  • マーク・S・サリバン - 書記(2014年)
  • ロライン・ブルー(2012年)
  • リンダ・ウォルシュ(2013年)

教育[編集]

公立[編集]

町内には下記の公立校が存在し、計3000人以上の児童・生徒が在籍する。

  • チャールズ・G・テイラー小学校
  • ビンセント・M・アイゴー小学校
  • メイベル・M・バレル小学校
  • ジョン・J・アハーン中学校
  • フォックスボロ高等学校

私立[編集]

中心市街地の近くに、12年制の大学進学準備教育校であるフォックスボロ地域チャーター・スクール (FRCS) がある。1998年にセイビス・フォックスボロ地域チャーター・スクールとして創立され、2002年に現在の校名に改称された。

メカニック街には8年制のセージ・スクールがある。

町内の主な団体[編集]

  • フォックスボロの日企画委員会
  • フォックスボロ歴史協会
  • フォックスボロ青年会議所
  • フォックスボロ・ライオンズ・クラブ
  • フォックスボロ・ロータリー・クアrブ

名所[編集]

メモリアル・ホール
  • フォックスボロ農民会館
  • ジレット・スタジアム - ニューイングランド・ペイトリオッツニューイングランド・レボリューションの本拠地
  • ペイトリオット・プレイス - ジレット・スタジアムに隣接するショッピングモール
  • オルフェウム劇場 - ベイ・コロニー・プロダクションズが運営する非営利劇場。年に一度の『三ばか大将』映画祭をはじめ、ライブや映画の上演が行われる
  • F・ギルバート・ヒルズ州有林 - フォックスボロとレンサムの4.16平方キロに広がり、ハイキング、サイクリング、クロスカントリースキー、乗馬などの自然探勝に活用されている。先住民のアルゴンキン族のものとされる、ユニークな石の構造物がある[5]
  • メモリアル・ホール - 中心市街地にある石造建築。当初は軍に供与されたが、後に郷土史のコレクションを展示するようになった

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]