フロントライン (アニメ制作会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社フロントライン
FRONTLINE Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
180-0006
東京都武蔵野市中町一丁目7番6号
設立 1997年3月31日
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションの企画・制作
代表者 横井孝(代表取締役)
資本金 8,000,000円
従業員数 12名(2009年7月現在)
テンプレートを表示

株式会社フロントライン(英語表記:FRONTLINE Co., Ltd.)は、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とした日本企業

概要・沿革[編集]

日本アニメーションの制作出身の横井孝が、J.C.STAFFの制作プロデューサーを経て1997年に「有限会社フロントライン」として設立したアニメ制作会社である。当初は他社からのグロス請けとゲーム2Dパート(MOVIE・静止画)制作などが中心だった。

また2001年頃より18禁OVAの制作も行ったが、それが後に内部分裂を招き、2003年度を最後に当時在った第2スタジオと共に撤退している。

また同時期に海外制作部を設け、設立時から協力関係にあった台湾人の謝金塗の会社「無錫年代動画制作有限公司」と動画・仕上げの分野で提携し、電送など日本国内での運営部分のみをフロントラインが行っている。この場合もフロントラインとクレジットされる場合が多い。

以降、2006年には、ベトナムに関連会社である「FRONTLINE VIETNAM CORPORATION」を設立するが、現地ハノイでの水害と停電が止まない上、安定した高速回線の確保も困難で2008年に実質上撤退する。

2007年には、株式会社に改組し、同年放送の『PRISM ARK』が最初の元請制作となったが、以降は元請制作を行わずグロス請けやゲーム2Dパートの制作、国内各社からの動仕協力を主として活動していた。

2010年7月末日をもって「無錫年代動画制作有限公司」との動仕協力等は一切休止。8月以降は携帯用コンテンツ、2Dゲーム制作協力を中心に活動中。但し、テレビアニメの動仕協力は国内に限って受注を行っている。10月以降は新事務所への移転が決定している為、三鷹駅前の本社屋は2011年1月末をもっての完全閉鎖が決定されている。以降はテレビアニメ制作業務一切からの完全撤退を予定している。

2011年3月10日に東京地裁立川支部より破産手続き開始決定を受け、倒産した。負債総額は約1億7770万円(債権者約14名)。[1]

主な作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

OVA[編集]

18禁OVA[編集]

  • エンジェルブレイド (2001年-2003年)
  • 詩乃先生の誘惑授業 (2004年)

関連項目[編集]