ピットファイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピットファイター
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケード[AC]
メガドライブ[MD]
プレイステーション2[PS2]
開発元 アタリゲームズ
発売元 [AC] コナミ
[MD] テンゲン
[PS2] サクセス
人数 1~2人
メディア [MD] ロムカセット
[PS2] DVD-ROM
発売日 [AC] 1990年
[MD] 1992年3月27日
[PS2] 2006年9月21日
その他 PS2版はゲーセンUSA ミッドウェイアーケードトレジャーズに収録
テンプレートを表示

ピットファイター』(Pit Fighter)は、アタリから発売されたアメリカゲームソフト

1990年業務用対戦型格闘ゲームとして発売された。日本ではコナミから発売され、1992年テンゲンの手でメガドライブに移植された。

また、2006年9月21日発売のプレイステーション2用ソフトゲーセンUSA ミッドウェイアーケードトレジャーズに収録された。

概要[編集]

プレイヤーはプロレスラーの「バズ」、キックボクサーの「タイ」、空手家の「カトー」を操り、ある時は協力してCPU側のプレイヤーと、ある時は互いに戦いながら、ラスボスの「マスクド・ウォリアー」への挑戦権を目指す。

キャラクターは実写取り込み技術を導入。翌年に発売され、一大旋風を巻き起こした『ストリートファイターII』がドット絵アニメーションだった事を考えると、最先端の技術を誇ったアタリゲームズ製らしかった。ちなみに、『ストリートファイターII』開発当時のカプコン本社は、日本では未発売だったピットファイター海外版の新品アップライト筐体を購入している。

業務用はアップライト筐体に3個のコントローラーが据えられ、3人同時プレイが可能になっていた。メガドライブ版は2人プレイのみとなっている。SNES版はカトーが削除され、ゲームも内容もより大味になっている。

海外では、ジェネシス(メガドライブ)のほか、MS-DOSコモドール64AmigaSNES (スーパーファミコン)ゲームボーイマスターシステムLynxに移植されている。

備考[編集]

本作は業務用ゲームにおける対戦型格闘ゲームの先駆の一つであると共に、バカゲーとしても名を刻んでいる。その理由は、ゲーム中に表示される日本語の説明文にある。

例えば、1面のタイトル"Show No Mercy"を『なさけ むよう』、ボーナス"Brutality Bonus"の名前が『残虐行為手当』と、余りにも直訳な日本語がごく一部の間で大受けし、流行語にまでなった。メガドライブ版では、テンゲン日本法人の手によるマニュアルがさらにバカゲーぶりを煽っていた。

本作のローカライズはアタリゲームズの手で行われた。なお、メガドライブ版マニュアルには、"Power Pill"を日本語版で『パワードラッグ』とした事に「我ながら名訳だな」等、説明文をアーケード版の訳者自身が書いたと匂わせる記載もある。