バンクーバー・カナディアンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンクーバー・カナディアンズ
Vancouver Canadians

ブリティッシュコロンビア州バンクーバー
創設: 2000年
  • A(2000年 - )
所属リーグ
所属メジャーリーグ
歴代チーム名
  • バンクーバー・カナディアンズ
    (2000年 - )
歴代本拠地
  • ナットベイリー・スタジアム(1998年 - )

収容人員: 6,500人

獲得マイナーリーグタイトル
地区優勝 2004,2005
オーナー:
GM:
監督:

バンクーバー・カナディアンズ(Vancouver Canadians)は、カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバーを本拠地とし、トロント・ブルージェイズ傘下のマイナーリーグAクラス(ノースウェストリーグ西地区)に所属するプロ野球チーム。 2000年創立。球場はバンクーバー郊外のナットベイリー・スタジアム(Nat Baily Stadium)を使用。

1990年から1995年まで、広岡達朗が社長を務めていた「ジャパンスポーツシステム」が、買収・経営した[1]。通訳・経営に携わったエーシー興梠は、能力を買われ後にロサンゼルス・ドジャースのアジア地区担当取締役となり、黒田博樹らを獲得している[1]

2004年2005年の二度、リーグ地区優勝をしている。

2010年限りでアスレチックスとの契約が満了し、2011年度からはトロント・ブルージェイズ傘下となる[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(28)、2010年8月29日
  2. ^ Irfaan Gaffar(2010-09-16),Canadians will form partnership with Blue Jays,News1130(英語),2010年9月18日閲覧