トランスコスモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トランス・コスモス株式会社
transcosmos inc.
Transcosmos Head Office.JPG
本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9715 1992年10月16日上場
略称 トランスコスモス
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:150-8530
東京都渋谷区渋谷三丁目25番18号
設立 1978年(昭和53年)11月30日(注)
(株式会社総合ソフトウエア研究所)
業種 サービス業
事業内容 マーケティング
広告
アウトソーシング
コールセンター
ソフトウェア
情報処理
代表者 奥田 昌孝(代表取締役社長兼COO
資本金 290億65百万円
売上高 連結:1,663億35百万円
単独:1,349億48百万円
(2013年3月期)
純資産 連結:533億1百万円
単独:443億98百万円
(2013年3月期)
総資産 連結:884億20百万円
単独:743億59百万円
(2013年3月期)
従業員数 連結:14,447名 単独:7,879名
(2013年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 奥田 耕己 15.37%
奥田 昌孝 12.11%
公益財団法人奥田育英会 3.59%
平井 美穂子 3.00%
(2013年3月31日現在)
主要子会社 応用技術(株) 60.2%
株式会社Jストリーム 53.8%
関係する人物 奥田 耕己
(代表取締役グループCEOファウンダー)
外部リンク http://www.trans-cosmos.co.jp/
特記事項: 株式額面変更のため、1988年(昭和63年)4月に(旧)トランス・コスモス株式会社を吸収合併し、旧会社は消滅した。旧会社の設立日は1985年(昭和60年)6月18日である。
テンプレートを表示

トランスコスモス株式会社transcosmos inc.)はITを活用したマーケティング、インターネット広告、コールセンター情報処理アウトソーシング事業を行う株式会社である。キャッチコピーは「Your Global IT Partner.」。

東京都渋谷区の本社のほか、大阪市北区の大阪本部をはじめ計41拠点、海外では中国、韓国、シンガポール、タイ、フィリピン、アメリカ、ヨーロッパ各国に計60拠点を持つグローバル企業。

システムインテグレーターの分類としては、独立系に属する。

会社法に基づく登記上の商号はトランス・コスモス株式会社

概要[編集]

インターネットを活用した広告、宣伝、販売促進、販売活動支援などのマーケティング・アウトソーシングサービスを行う。 「Marketing Chain Management」サービスを企業スローガンとして掲げ、既存のコールセンターで行っているアフターセールスサービスと組み合わせることによって、企業と消費者間のダイレクト・コミュニケーションをサポートする。 他にも、クライアント企業内でのシステム導入、サポートデスクを支えるサポートデスクサービス、また、製品開発の設計業務サポート、システム開発派遣サービスといった幅広い領域で事業を展開している。

東証一部上場、証券コード9715。

略歴[編集]

トランスコスモス株式会社は、1985年東京都港区に設立され、データエントリー専門の会社として大阪市に設立された丸栄計算センターなどの会社を経営統合し、現在の規模となる。また、米ガートナーが2013年5月に発刊したBPO市場に関するレポート「“Market Share Analysis: Business Process Outsourcing, Worldwide,2012” Cathy Tornbohm, Dean Blackmore, 3 May 2013」において、世界の地域別BPOプレイヤーとしてアジア/太平洋および日本(2012年売上高)で第1位となった[1]

沿革[編集]

  • 1966年6月 - 前身となる「丸栄計算センター株式会社」設立。
  • 1976年9月 - 東京本社を設立。
  • 1985年6月 - トランスコスモス株式会社設立。
  • 1989年10月 - 株式を店頭市場に登録(現:ジャスダック)。
  • 1992年10月 - 東京証券取引所市場第二部上場。
  • 1995年2月 - 大宇宙信息創造(中国)有限公司設立。
  • 1997年9月 - 東京証券取引所市場第一部上場。
  • 2003年10月 - 東京本社を渋谷区に移転。。
  • 2004年 2月 - 応用技術(株)に資本参加 。
    • 7月 - ミットサイアム・テレサービス(株)(現・transcosmos (Thailand) Co.,Ltd.)と資本提携
  • 2005年 2月 - 大宇宙信息系統(上海)有限公司設立 。
    • 3月 - MCMセンター札幌大通南開設
    • 4月 - (株)トランスコスモスアシスト設立 。
    • 6月 - チームラボビジネスディベロップメント (株) 設立(チームラボ(株)との合弁)。
    • 8月 - MCMセンター札幌大通中央開設
  • 2006年 1月 - 大宇宙設計開発(大連)有限公司設立 。
    • 3月 - 上海特思尓大宇宙商務咨詢有限公司設立。
    • 4月 - MCMセンター那覇開設 。
    • 7月 - MCMセンター仙台駅前開設。
    • 10月 - MCMセンター横浜開設 。
    • 11月 - Inwoo Tech,inc.(韓国)の経営権を取得(現・transcosmos Korea,Inc.)。
  • 2007年 3月 - (株)ココア設立 。
    • 4月 - 大宇宙信息系統(本渓)有限公司設立 。
    • MCMセンター札幌駅前開設 。 
    • 6月 - MCMセンター宮崎駅前開設 。
    • 9月 - eMnet Inc.と資本提携
    • トランスコスモス フィールドマーケティング(株)設立。
    • 上海翼欧文化伝播有限公司(現・上海大宇宙文化伝播有限公司)(01COSMOS)と資本提携。
    • 10月 - MCMセンター多摩開設
    • Mandate Advertising International Pte Ltd.と資本提携。
    • 北京騰信創新網絡営銷技術株式有限公司(Beijing Tensyn Digital Marketing Technology Joint Stock Company)と資本提携 。
    • 11月 - MCMセンター梅田開設 (MCMセンター大阪を拡張移転) 。
    • 12月 - MCMセンター名古屋開設 。
  • 2008年 3月 - MCMセンター仙台駅前広瀬通開設。
    • 6月 - MCMセンター福岡開設 。
    • 8月 - 大宇宙ジャパン(株)設立 。
  • 2010年 3月 - 子会社の株式会社TCIPlusを吸収合併。
    • 4月 - 大宇宙商業服務(蘇州)有限公司設立 。
  • 2012年 5月 - トランスコスモス・アナリティクス(株)設立 。
    • 7月 - 産経ヒューマンラーニング(株)設立 。
  • 2013年 1月 - (株)総通より「日本直販」事業をグループ会社が譲り受け、日本信販(株)へ商号変更。
    • 2013年 5月 - アメリカのEC業界大手、PFSwebと資本・業務提携
    • 2013年 7月 - 中国の大手ECフルフィルメント・物流企業、FineEXと資本・業務提携
    • 2013年 11月 - インドネシアのファッションEC大手、PT.BERRYBENKAと資本・業務提携 

国内グループ企業[編集]

かつての国内グループ企業[編集]

海外グループ会社[編集]

  • 韓国
    • eMnet Inc.
    • transcosmos Korea, Inc.
  • 中国
    • 上海大宇宙文化伝播有限公司(01COSMOS)
    • 上海特思尔大宇宙商务咨询有限公司
    • 大宇宙信息創造(中国)有限公司
    • 大宇宙信息系統(上海)有限公司
    • 大宇宙設計開発(大連)有限公司
    • 大宇宙商務服務(大連)有限公司
    • 大宇宙信息系統(本渓)有限公司
    • 蘇州大宇宙信息創造有限公司
    • 大宇宙商業服務(蘇州)有限公司
    • 青島宙慶工業設計有限公司(Qingdao Zuki Industrial Design Co.,Ltd)
    • 北京騰信創新網絡営銷技術株式有限公司(Beijing Tensyn Digital Marketing Technology Joint Stock Company)
    • 上海合驛物流有限公司
  • 東南アジア
    • Mandate Advertising International Pte Ltd.
    • transcosmos (Thailand) Co.,Ltd.
    • PT. transcosmos Indonesia
  • 米国
    • transcosmos America, Inc.
    • PFSweb, Inc.
  • 英国
    • Merlin Information Systems Group Limited

スポンサード[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]