ダブルクリック (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダブルクリックDouble Click, Inc)とは、Googleに吸収合併されたアメリカ合衆国インターネット広告の配信インフラ会社のことである。

歴史[編集]

ダブルクリックはバナー広告(ディスプレイ広告の一種)の配信で大成功を収めた会社である。1990年代後半にダブルクリックは広告の配信技術の特許[1]やツールを保有し、それらをDART(Dynamic Advertising Reporting & Targeting)というブランドで販売すると共に、アドネットワークの「DoubleClick Network」を運営していた。当時はWeb1.0の全盛期で、皆がポータルサイトホームページに広告を表示して稼ごうとしていた。しかし実際には広告枠は売れ残っていて、有効活用されていなかった[2]。ダブルクリックは170のウェブサイトの広告枠をまとめたアドネットワークを作って広告主を集め、広告表示を中央管理してアドサーバーから4000万人の閲覧者に向けてバナー広告を配信した。ダブルクリックのバーナー広告は、ウェブサイトのコンテンツの種類や曜日・時間帯、ユーザーのタイプに応じて自動的に切り替わり、適切な広告を表示するようになっていた[3]。またダブルクリックのサービスは当時は珍しかったアプリケーションサービスプロバイダ型で、クライアントソフトウェアをインストールせずにウェブ上で設定操作ができた[2]。検索エンジン大手のAltaVistaはダブルクリックに広告管理を任せたので[3]、ダブルクリックは急成長し、株式は公募価格の2倍で売れた[2]。ダブルクリックは同業他社のNetGravityを買収して、米国の有力サイトのバーナー広告配信の過半数を握り[4]、約1500のウェブサイトを擁するネットワークに成長した。1996年に約2598万ドルだった売上高は、2000年には約20倍の5億561万ドルに達した[5]

しかし一転して危機が訪れた。ダブルクリックはクッキーによって閲覧者のネット上の行動を追跡していたが、ダイレクトマーケティングに強い通販名簿会社を買収して、閲覧者の住所や氏名を把握し、ダイレクトメールを送ろうと考えた[6]。この計画を知って激怒した消費者団体はプライバシー侵害に対して反対運動を行い、連邦取引委員会が調査に入り、全米で集団訴訟が起きた。ダブルクリックは計画を中止し、和解金を支払って、なんとかこの問題を解決したが、AltaVistaとの関係が崩れるなど大きな痛手を受けた。また同じ頃にインターネット・バブルが崩壊し、インターネット広告業界は不況に陥った。2003年の売上高は2億3134万ドルとなり、最盛期から半減した[5]

ダブルクリックはアドネットワーク事業から撤退し、広告配信ツールやインフラの提供サービスに特化することにした[7]。ダブルクリックはASP型のメール広告配信ツールを持つFloNetworkを買収したり、マーケティングデータベースの管理・分析ツールを持つAdvanced Database Solutionsを買収したりした。2000年代前半のインターネット広告業界は、Googleが台頭して検索連動型広告がブームになっていた。ダブルクリックはPerformicsを買収して、検索エンジン最適化成功報酬型広告向けの配信ツールを手に入れた。

その後、ダブルクリックは投資会社に買収されて、最終的にはGoogleに吸収合併された。バーナー広告などのディスプレイ広告は1990年代に流行した形態であり、検索連動型広告と比べると古臭く感じるが、2000年代後半はSNS向けの広告や動画広告が伸び始めていた。これらはディスプレイ広告の一種であり、アドエクスチェンジなどの新技術によって再生しつつあった[8]。Googleはディスプレイ広告の技術を持っていなかったので、ダブルクリックの広告配信技術を手に入れて、成長市場に参入したようである。

現在の製品[編集]

ダブルクリックのツールにはリッチメディア広告の製作ツールや、広告枠の売買ツール、行動ターゲティング広告の運用ツールなど様々なツールある。統合パッケージは広告掲載者用(サイト運営者)と広告主用(広告代理店)に分かれており、掲載者向けのツールが多いようである。ウェブサイトのオーナーは自分で広告スペースを整備して、広告枠を出来るだけ高く売る為に努力しているようである。なお広告主用のDoubleClick Ad Plannerは一般にも公開されており、無料で使用することが出来る。

  • DoubleClick for Publishers(DFP)
    • DART Sales Manager
    • DoubleClick Network Builder
    • DART Adapt
    • Boomerang for Publishers
    • DoubleClick Mobile
    • DoubleClick In-Stream
    • DoubleClick Rich Media
    • DoubleClick Studio
    • DoubleClick Ad Exchange
  • DoubleClick for Advertisers(DFA)
    • DoubleClick Search
    • DoubleClick Rich Media
    • DoubleClick Ad Exchange
  • DoubleClick Ad Planner

沿革[編集]

  • 1996年1月 - ケビン・オコーナーとドワイト・メリーマンがニューヨーク州ニューヨークで、Internet Advertising Networkを創業[2][9]
  • 1996年3月 - DoubleClickと合併。元はインターネット広告会社のPoppe Tyson社の企業サイト向け広告部門だった[2]
  • 1996年12月 - AltaVistaと広告管理の独占契約を締結し[3]、売り上げが急増
  • 1998年2月 - NASDAQに上場[2]
  • 1999年7月 - バナー広告のNetGravityを5億3000万ドルで買収[4]
  • 1999年11月 - 電子メール広告サービスを開始[10]。同月、マーケットリサーチ会社のAbacus Directを17億ドルで買収し[11]、プライバシーを巡る大問題に発展した
  • 2000年3月 - 計画中止を発表したが、AltaVistaが提携を解消[12]
  • 2000年7月 - プライバシー侵害問題でFTCが調査を開始[13]。翌年調査は終了し[14]、45万ドルの和解金を支払って集団訴訟も終了[15]
  • 2001年2月 - 電子メール広告のFloNetworkを買収[16]
  • 2001年3月 - インターネット視聴率などの調査事業を開始[17]
  • 2001年5月 - オーストラリアのSabela Mediaを買収[18]。これはライバル会社の24/7 Mediaの子会社であり、日本を含むアジアに多数の顧客を持っており、日経やライコスジャパンの広告配信を行っていた。
  • 2001年6月 - 電子メール広告のMessageMediaを4100万ドルで買収[19]。電子メール広告のトップ企業の地位を固めた
  • 2002年5月 - メディア調査・分析会社の@planをネットレイティングスに売却し、調査事業から撤退[20]
  • 2002年7月 - L90にアドネットワーク事業を売却[21]
  • 2003年7月 - マーケティング・データベース管理のAdvanced Database Solutionsを買収[7]
  • 2004年5月 - 検索エンジンマーケティングのPerformicsを5800万ドルで買収[22]
  • 2005年4月 - 投資会社のHellman & Friedmanに11億ドルで買収された[23]
  • 2006年2月 - 電子メール広告事業をEpsilon Interactiveに9000万ドルで売却[24]
  • 2007年1月 - Abacus Directを、Epsilonの親会社のAlliance Dataに4億3500万ドルで売却した[25]
  • 2007年4月 - Googleに31億ドルで買収された[26]

ダブルクリック株式会社[編集]

ダブルクリック株式会社
Doubleclick Japan Inc.
種類 株式会社
市場情報
ヘラクレス(廃止) 4841 2001年4月 - 2010年3月24日
本社所在地 東京都品川区大井1-20-6
設立 1997年9月1日
業種 サービス業
代表者 代表取締役社長 CEO 中山善光
資本金 18億8378万2000円
売上高 増加 15億7400万円(2008年度)[27]
決算期 3月31日
主要株主 トランスコスモス
外部リンク http://www.doubleclick.ne.jp/
特記事項:2010年3月、トランスコスモスへ吸収合併。
テンプレートを表示

ダブルクリック株式会社トランスコスモスの子会社で、日本でDARTを独占販売していた会社である。ダブルクリックの買収後、Googleから契約解消を通告され、裁判に訴えたが和解し、DART事業をGoogleに売却してトランスコスモスに吸収合併された。

沿革[編集]

  • 1997年8月 - ダブルクリック社がトランスコスモスなどと、ダブルクリック株式会社を設立[28]
  • 2000年7月 - NetGravityの子会社であるネットグラビティ・アジアパシフィック株式会社と合併
  • 2001年4月 - 大阪証券取引所ナスダック・ジャパン(現在のヘラクレス)に上場[29]
  • 2002年11月 - 公開買付けにより、トランス・コスモスの子会社になった[30]
  • 2007年3月 - 株式会社ネクスウェイの携帯マーケティングASPサービスのMO-ONを買収
  • 2009年1月 - Googleの契約解除通告に対して提訴[31]
  • 2010年1月 - DART事業を4500万ドルでGoogleに売却[32]
  • 2010年3月 - トランスコスモスに吸収合併[33]


脚注[編集]

  1. ^ 米DoubleClick、ネットワークを介した広告配信に関する米国特許取得”. Internet Watch. 2012年7月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 第8回:インターネット広告ネットワーク ――バナー革命を起こした:DoubleClick”. Internet Watch. 2012年7月1日閲覧。
  3. ^ a b c 広告ネットワークで急成長する ダブルクリックの広告ビジネス”. 小池良次. 2012年7月1日閲覧。
  4. ^ a b ネット広告のDoubleClick、Netgravityを合併”. Internet Watch. 2012年7月1日閲覧。
  5. ^ a b SECのForm 10-Kより
  6. ^ ダブルクリック社の情報追跡に反対運動”. Wired.jp. 2012年7月1日閲覧。
  7. ^ a b 米ダブルクリック、データベース管理企業を買収”. CNET Japan  . 2012年7月1日閲覧。
  8. ^ ディスプレイ広告 新たな潮流 2012”. japan.internet.com. 2012年7月1日閲覧。
  9. ^ Form 10-K”. SEC. 2012年7月7日閲覧。、Corporate History
  10. ^ 米DoubleClick、電子メール広告サービス提供へ”. Internet Watch. 2012年7月1日閲覧。
  11. ^ DoubleClick, Abacus merge in $1.7 billion deal”. CNET. 2012年7月1日閲覧。
  12. ^ アルタビスタなどがダブルクリック社から離反”. Wired.jp. 2012年7月1日閲覧。
  13. ^ 米連邦取引委員会が米DoubleClickの調査を開始”. Internet Watch. 2012年7月1日閲覧。
  14. ^ 米連邦取引委員会が米DoubleClickに対する調査を終了”. Internet Watch. 2012年7月1日閲覧。
  15. ^ ダブルクリック社、プライバシー方針をめぐる争いで10州と和解”. Wired.jp. 2012年7月1日閲覧。
  16. ^ DoubleClick to Buy FloNetwork in Bid to Beef Up E-mail Unit”. ClickZ. 2012年7月1日閲覧。
  17. ^ DoubleClick が密かに調査部門を新設”. japan.internet.com. 2012年7月8日閲覧。
  18. ^ DoubleClick Purchases Sabela Media from 24/7 Media”. Email Universe.com. 2012年7月1日閲覧。
  19. ^ DoubleClick が MessageMedia の買収へ”. japan.internet.com. 2012年7月1日閲覧。
  20. ^ DoubleClick、調査事業 @plan を NetRatings に売却”. japan.internet.com. 2012年7月8日閲覧。
  21. ^ DoubleClick、メディア事業から撤退”. japan.internet.com. 2012年7月1日閲覧。
  22. ^ 米ダブルクリック、検索エンジンマーケティングに進出”. CNET Japan. 2012年7月1日閲覧。
  23. ^ 米DoubleClickをプライベートエクイティ投資会社が11億ドルで買収”. Internet Watch. 2012年7月1日閲覧。
  24. ^ DoubleClick E-Mail Solutions Goes to Epsilon”. ClickZ. 2012年7月8日閲覧。
  25. ^ Alliance Data Pays $435M for Abacus”. InternetNews.com. 2012年7月8日閲覧。
  26. ^ GoogleがDoubleClickを31億ドルで買収”. Internet Watch. 2012年7月1日閲覧。
  27. ^ 平成21年3月期 決算短信(非連結)”. 決算プロ. 2012年7月1日閲覧。
  28. ^ インターネット上の広告サービス会社、ダブルクリック株式会社設立”. Internet Watch. 2012年7月1日閲覧。
  29. ^ ダブルクリックなど3社が4月25日ナスダックJに上場へ”. Internet Watch. 2012年7月1日閲覧。
  30. ^ トランス・コスモス、ダブルクリックを公開買付けで子会社化へ”. Internet Watch. 2012年7月1日閲覧。
  31. ^ ダブルクリック、米Googleなどに契約履行を求める仮処分申請”. Internet Watch. 2012年7月1日閲覧。
  32. ^ ダブルクリック日本法人、広告配信事業をGoogleに譲渡”. Internet Watch. 2012年7月1日閲覧。
  33. ^ トランス・コスモス株式会社とダブルクリック株式会社の株式交換契約及び合併契約の締結について

関連項目[編集]

外部リンク[編集]