ジャコモ・マイアベーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャコモ・マイアベーア
Giacomo Meyerbeer
Giacomo-Meyerbeer.jpg
基本情報
出生名 ヤーコプ・リープマン・ベーア
Jacob Liebmann Beer
出生 1791年9月5日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ベルリン
死没 1864年5月2日(満72歳没)
フランスの旗 フランス帝国 パリ
職業 作曲家

{{{Influences}}}

ジャコモ・マイアベーア(またはマイヤベーアGiacomo Meyerbeer, 1791年9月5日 - 1864年5月2日)は、ユダヤ系ドイツ人歌劇作曲家。本名はヤーコプ・リープマン・ベーア (Jacob Liebmann Beer) 。

生涯[編集]

裕福な銀行家のユーダ・ヘルツ・ベーア (Juda Herz Beer) とアマーリエ・ベーア(Amalie Beer, 旧名:マルカ・リープマン・マイアー・ヴルフ (Malka Liepmann Meyer Wulff))の息子として、ベルリンフォーゲルスドルフVogelsdorf)に生まれる。リープマンが母方、マイアベーアが父方と母方の複合姓である。リープマン・マイアー・ヴルフ(Liepmann Meyer Wulff)は母親の父の名前で(ユダヤ教徒にはこの時代有名な家系以外というものは存在せず、またユダヤ教では母方を重視する)、この祖父の遺産相続の際に、マイアーをさらにベーアの前に付け加えてマイアベーアと名乗りだした。

兄弟には天文学者ヴィルヘルム・ベーアと劇作家のミヒャエル・ベーアMichael Beer)がおり、マイアベーアはミヒャエルの詩による歌曲を残している。

カール・マリア・フォン・ウェーバーとともにフォーグラー神父に作曲を学び、さらにクレメンティアントニオ・サリエリツェルターなどの当時のベルリン音楽界の重鎮に師事する。ピアノ演奏家として名声を得たが、のちにイタリアへ赴き、1815年ヴェネツィアジョアキーノ・ロッシーニの歌劇『タンクレーディ』を聴いて歌劇作曲家に転じた。

1824年に作曲した『エジプトの十字軍』(Il crociato in Egitto)のパリ公演で名声を博し、1826年からパリに定住し、『悪魔のロベール』(Robert le diable, 1831年)や『ユグノー教徒』(Les Huguenots, 1836年)、『預言者』(Le prophète, 1849年)などの歌劇を発表した。1842年からベルリン宮廷歌劇場の音楽監督に就任。1864年、パリで没した。

彼の楽風は、ロッシーニにより興行的に成功したイタリア歌劇の様式と、モーツァルトなどのドイツ歌劇の様式を折衷し、豪華絢爛なグランド・オペラの形式を確立、その後のフランス・オペラの発展やワーグナーにも影響を与えた。歌劇以外の作品としては、ベールマンのために作曲したクラリネット五重奏曲、歌曲、ピアノ小品などがある。

評価[編集]

同時代の作家であるスタンダールからは、「彼はベルリンの裕福な銀行家の息子だが、すすんでイタリアへやってきて、ただの楽長になった」としてロッシーニの亜流の扱いを受け、台本の愚劣さ、博識に裏付けられた非凡な和声的能力、そしてカンティレーナの選択のまずさを指摘されている。またシューマンが露骨に攻撃したことが後世に与えた影響は非常に大きく、その死後作品の評価は急速に低下した。

同じくパリで活躍したユダヤ系ドイツ人であるオッフェンバックと比べても、人気の継続性、再評価ともに乏しい点は否めない。邦訳されたシューマンの評論集には、彼の評が十字架のマーク一つだけというものがある。

しかし、マイアベーアは先進的な管弦楽法の扱いには長けており、その音響はワーグナーを明らかに刺激した。現在では、彼の成功を妬んだ同時代の作曲家による攻撃と、彼が歌劇で行った様々な独創的な試みは、別個に整理するべきであるという態度に変わりつつある。

主なオペラ[編集]

外部リンク[編集]