パウル・ベッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マックス・パウル・オイゲン・ベッカーMax Paul Eugen Bekker, *1882年9月2日 ベルリン – †1937年3月13日 ニューヨーク)は、1920年代半ばまで活躍したドイツ音楽評論家。言論活動に加えて、指揮者劇場支配人としても活動した。

略歴[編集]

ファビアン・レーフェルトやベンノ・ホルヴィッツにヴァイオリンを、アルフレート・ゾルマンにピアノを師事。ヴァイオリニストとしてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団においてデビューし、その後は指揮者としてアシャッフェンブルクゲルリッツに赴く。1906年より音楽評論家や文筆家となり、「ベルリン新報」(Berliner Neuesten Nachrichten)紙上に、1909年からは「ベルリン報知新聞」(Berliner Allgemeine Zeitung)に、1911年から1922年まで「フランクフルト日報」(Frankfurter Zeitung)に寄稿した。1919年には「新音楽」という概念を創り出し、その後にその草分けとして、グスタフ・マーラーフランツ・シュレーカーアルノルト・シェーンベルクエルンスト・クシェネクの名を当てはめた。

1925年レオ・ケステンベルクの提案により、成人教育を目指した偏見の無い文化政策のために、パウル・ベッカーがひとまずカッセル州立劇場の、1927年よりヴィーズバーデンヘッセン州立劇場の総支配人に任命された。だが1933年に、ユダヤ人だったために解任され、その翌年にアメリカ合衆国亡命する。アメリカでは、とりわけ亡命報道機関の依頼によってペンを握った。

ベッカーと共に、再婚相手で美術家のハナは、芸術教育の新しい道を基礎付けた。ベッカー夫妻は第二次世界大戦後、異国にあって、ドイツが再び文化国家としての評価を取り戻せるように尽力した。その間ふたりは、北米南米南アフリカインドにおいて講演し、展覧会を催した。1947年には、フランクフルト証券取引所に美術品の展示室を設けた[1]

著書[編集]

日本で出版されたものを挙げる。

  • 『西洋音楽史』 - 太田太郎訳、『音楽教育叢書 第9編』として京文社、1929年。河上徹太郞訳、『西洋音楽史』として創元社、1941年 → 創元文庫、1951年 → 新潮文庫、1955年・角川文庫、1955年 → 新潮社、1972年 → 河出文庫、2011年。
  • 大田黒元雄訳『ベエトオヴェン』(第一書房、1931年 → 『ベートーヴェン』上下巻として音楽文庫〔音楽之友社〕、1953年 → 『ベートーヴェン』として音楽之友社、1970年)
  • 武川寛海訳『ベートーヴェンよりマーラーまでの交響曲』(管楽研究会、1942年 → 音楽文庫、1952年)
  • 武川寛海訳『ドイツの音楽生活 社会篇』(楽苑社、1943年)

註記[編集]

  1. ^ Frankfurter Kunstkabinett

参考文献[編集]

  • Brockhaus Enzyklopädie 1967
  • Die Musik in Geschichte und Gegenwart [1]
  • Paul Bekker: Franz Schreker. Studie zur Kritik der modernen Oper. (1918). Rimbaud Verlag, Aachen 1983, ISBN 3-89086-930-0.
  • Paul Bekker/Franz Schreker: Briefwechsel. Mit sämtlichen Kritiken Bekkers über Schreker. Hrsg. Christopher Hailey. Rimbaud Verlag, Aachen 1994, ISBN 3-89086-921-1.
  • Vera Baur: Paul Bekker. Eine Untersuchung seiner Schriften zur Musik. Rimbaud Verlag, Aachen 1998, ISBN 3-89086-831-2.
  • Andreas Eichhorn: Paul Bekker. Facetten eines kritischen Geistes. Olms, Hildesheim u.a. 2003, ISBN 3-487-11803-3.

外部リンク[編集]

パウル・ベッカーの著作およびパウル・ベッカーを主題とする文献 - ドイツ国立図書館の蔵書目録(ドイツ語)より。